呂律 / a mode distinction Twitter

2011-09-24

[][] (2011-09-24)応用哲学会大会ワークショップ「哲学と社会学コラボレーションのために (I)」  (2011-09-24)応用哲学会大会ワークショップ「哲学と社会学のコラボレーションのために (I)」を含むブックマーク  (2011-09-24)応用哲学会大会ワークショップ「哲学と社会学のコラボレーションのために (I)」のブックマークコメント

9月の23日から25日にかけて京都大学で開かれる応用哲学会の大会のワークショップに、『概念分析の社会学 ─ 社会的経験と人間の科学』の編者二人(浦野&中村)が参加します。ご近所ご家族 お誘い合わせのうえ、ぜひ ご来場ください。非会員の参加費は1000円です。

出番は 2011年 9月24日の 14:30〜16:30。会場にはわたくしも参上します。


以下、予稿(出口さん筆)からの抜粋:

ワークショップ:哲学と社会学のコラボレーションのために(I)

  • 【オーガナイザ】
    • 出口康夫(哲学・京都大学)会員
  • 【発表者】
    • (I) 二瓶真理子(哲学・東北大学)非会員
    • (II) 山本耕平(社会学・京都大学)非会員
    • (III) 浦野 茂(社会学・三重県立看護大学)非会員
    • (IV) 中村和生(社会学・青森大学)非会員
  • コメンテータ】

哲学と社会学。近くて遠い、遠くて近い関係にある、こ れ ら二つのディシプリンに関わる研究者が、共通のテーマについて議論を交わすことで、両分野のコラボレーションの可能性を探る。これが本ワークショップの目的である。

今回の主な「お題」は「科学」。哲学者社会学者にとっては、「サイエンス・ウォーズ」以来の因縁のトピックである。で、このトピックを巡って、以下のような四つの「メニュー」が用意されている。

  • (I&II)科学知を生み出す「プロセス」の分析は社会学の「お役目」、生み出された「知」の分析は哲学者の「お仕事」。このような従来の「すみ分け」ないし「役割分担」を踏み越え、科学知を産出する社会的なプロセスをも視野に入れた哲学的・認識論的分析を試みるのが「社会認識論」である。このような「哲学サイドからの越境」の「内実」はどのようなものか、それは、どのようなインパクトを社会学サイドに与えうるのか。
    このような問題意識の下、まず、「社会認識論」に、「機器実在論」や「実験哲学」といった他の動向をも重ね合わせることで、(実在論 vs.反実在論といった)従来の「対立の構図」には容易に収まらない、「哲学界のニューウェーブ」の実態を明らかにする(二瓶発表)。
    次に、このような「ニューウェーブ」の登場を受け、社会学、特に「科学社会学」のあり方を‐その前提や方法論の見直しをも視野に入れて‐再考する(山本発表)。
  • (III)社会のあり方と、それについて、その社会のメンバーが抱いている「考えや概念」は、互いに複雑にからみ合っている。そして、この「からみ合い」のあり様を解明することこそ、社会学の重要な「お仕事」なのだ。ウィトゲンシュタイン、ウィンチ、ハッキングといった哲学者が社会学者に投げかけたこの「ボール」をはっしと受け止め、、「概念分析としての社会学」の可能性と意義を探る(浦野発表)。
  • (IV)「科学的事実は社会的に構築されるのか。」社会構築主義を巡るビッグイシューを解く(ないし乗り越える)カギは、哲学的な議論にではなく、科学の現場での「人工物」概念の用いられ方の「記述・分析」にある。このような見通しの下、マイケルリンチアイディアを手掛かりに、医療の現場への「電子カルテ」の導入という事例に即して、「人工物」概念の記述を試みつつ、その記述の「有用さ」を示す(中村発表)
★捨てハンドル名での書き込みはあっさりさっくりと削除させていただくことがあります。 中の人

最近のコメント

1. 07/24 contractio
2. 07/24 shinichiroinaba
3. 05/23 shinichiroinaba
4. 09/07 contractio
5. 09/07 なお
0000 | 01 |
1748 | 12 |
1910 | 01 |
1940 | 01 |
1946 | 01 |
1947 | 01 |
1950 | 01 |
1953 | 01 |
1954 | 01 |
1957 | 01 |
1960 | 01 |
1964 | 01 | 02 |
1965 | 01 |
1967 | 01 |
1968 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 12 |
1970 | 12 |
1971 | 01 |
1975 | 01 | 03 | 05 |
1977 | 01 |
1978 | 01 |
1979 | 01 |
1980 | 01 |
1984 | 01 |
1987 | 10 |
1989 | 01 |
1990 | 01 |
1991 | 01 |
1992 | 01 |
1993 | 01 | 03 |
1995 | 01 |
1996 | 01 | 02 | 10 |
1997 | 01 |
1999 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2002 | 01 | 02 |
2003 | 03 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 |