呂律 / a mode distinction Twitter

2014-03-01 シンポジウム「概念分析の社会学(仮)」 第1回準備研究会

[][][] ギルバート・ライルの現象学エスノメソドロジー(仮)  ギルバート・ライルの現象学とエスノメソドロジー(仮)を含むブックマーク  ギルバート・ライルの現象学とエスノメソドロジー(仮)のブックマークコメント

趣旨

第三期の社会学研究互助会では、2011年以降、『概念分析社会学2』の刊行へ向けた準備作業のひとつとして 連続研究会を行ってきました。なかでも昨年9月には、研究主題の広がりを概観するために、政治思想史・哲学・社会学・医学史の専攻の方に登壇をお願いして

を開催しました。


今年は、この続編として・しかし前回とは対照的に、主題の深堀りを狙って、

  • エスノメソドロジー研究の与える知見の身分とはどのようなものなのか

を大テーマとする2つのシンポを企画しています(告知頁予定地)。

具体的にはこのテーマを、

  • エスノメソドロジー(いわゆる)日常言語学派との関係に焦点をあてるかたちで、
  • 主として哲学専攻の方を登壇者に招いて

検討してみたいと考えています。ただ、このテーマは、たとえば

  • エスノメソドロジー研究の学史的な解明が充分には進んでおらず、(いわゆる)日常言語学派との関係が明確には特定できていない。
  • (いわゆる)分析哲学のなかで、(いわゆる)「日常言語学派」が すでに過去エピソードになってしまっている。

などなどの点で難しいところがあり、企画者としても まだシンポジウムの企画を詰め切れていません。


そこで今回は、事前に準備研究会を数回開催し、参加者のみなさんに知恵をお借りする形で シンポジウムの企画設計のための議論を行うところから はじめたいと思います。第一回は3月1日に行います。

研究会の参加者としては、

  • 「何かをおこなう[ことができる]こと」-と-「何らかの知識や概念をもっていること」との構成的な関係

に関心をお持ちの方を想定しています。この論題に関心のある方のご参加をお待ちしております。

なお、参加に際して哲学に関する知識の多寡は問いません(「哲学の研究会」ではありません)。

シンポジウム「概念分析の社会学(仮)」 第1回準備研究会
ギルバート・ライルの現象学とエスノメソドロジー(仮)

  • 日時: 2014年3月1日 午後
  • 場所: 東京都山手線内側。(詳細は研究会MLにてお報せします)
  • 報告者: 各報告者に次の内容で30分程度のプチ報告をお願いしています。
    • 小宮友根さん [エスノメソドロジーと日常言語学派との関わりについての紹介]
    • 植村玄輝さん [ライルによる現象学へのコメント論文5本の紹介]
    • 村井忠康さん [ライルの動詞分類を契機とするアスペクト論の展開と 最近行為論や心の哲学におけるその継承具合を紹介]
  • 司会:
  • 参加資格: 研究会当日までに下記指定の文献A-Cを通読してこれる方
課題文献
文献タイトル範囲
文献A必須エスノメソドロジー―人びとの実践から学ぶ (ワードマップ)すべて[書籍紹介頁]
文献B必須心の概念
文献C必須ジレンマ―日常言語の哲学 (双書プロブレーマタ (3-3))
  • 村井報告サブテキスト: 第7章「知覚」
文献D概念分析の社会学 ─ 社会的経験と人間の科学
  • 余力の範囲で関心のもてそうな章を幾つか。
[書籍紹介頁]

参加申し込み

※参加希望の方は、件名を「シンポ準備研究会1参加希望」として、次の4点を記した申し込みメール 宛に お送りください。

※この情報は準備研究会参加者に共有されます。
★捨てハンドル名での書き込みはあっさりさっくりと削除させていただくことがあります。 中の人

最近のコメント

1. 07/24 contractio
2. 07/24 shinichiroinaba
3. 05/23 shinichiroinaba
4. 09/07 contractio
5. 09/07 なお
0000 | 01 |
1748 | 12 |
1910 | 01 |
1940 | 01 |
1946 | 01 |
1947 | 01 |
1950 | 01 |
1953 | 01 |
1954 | 01 |
1957 | 01 |
1960 | 01 |
1964 | 01 | 02 |
1965 | 01 |
1967 | 01 |
1968 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 12 |
1970 | 12 |
1971 | 01 |
1975 | 01 | 03 | 05 |
1977 | 01 |
1978 | 01 |
1979 | 01 |
1980 | 01 |
1984 | 01 |
1987 | 10 |
1989 | 01 |
1990 | 01 |
1991 | 01 |
1992 | 01 |
1993 | 01 | 03 |
1995 | 01 |
1996 | 01 | 02 | 10 |
1997 | 01 |
1999 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2002 | 01 | 02 |
2003 | 03 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 |