呂律 / a mode distinction Twitter

2016-06-27

[][] 大浦 康介編(2013)『フィクション論への誘い』  大浦 康介編(2013)『フィクション論への誘い』を含むブックマーク  大浦 康介編(2013)『フィクション論への誘い』のブックマークコメント

『社会の芸術』解読、準備。

フィクション論への誘い―文学・歴史・遊び・人間

フィクション論への誘い―文学・歴史・遊び・人間

    • まえがき
    • 序論 フィクション論の問題圏(大浦康介)  
  • 読書案内 ― フィクション論の基本文献
http://www.sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&code=1582
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160627

2016-06-23

[] 借りもの:永田カビ(2016)『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』  借りもの:永田カビ(2016)『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』を含むブックマーク  借りもの:永田カビ(2016)『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』のブックマークコメント

  • はじまり
  • 前日譚
  • 予約まで
  • 当日編
  • 後日譚
  • おまけ編

[] 借りもの:ヤマシタトモコ(2012-2013)『ひばりの朝』1&2  借りもの:ヤマシタトモコ(2012-2013)『ひばりの朝』1&2を含むブックマーク  借りもの:ヤマシタトモコ(2012-2013)『ひばりの朝』1&2のブックマークコメント

ひばりの朝 1 (Feelコミックス)

ひばりの朝 1 (Feelコミックス)

ひばりの朝 2 (Feelコミックス)

ひばりの朝 2 (Feelコミックス)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160623

2016-06-22

[] レイヴウェンガー(1991→1993)『状況に埋め込まれた学習読書会  レイヴ&ウェンガー(1991→1993)『状況に埋め込まれた学習』読書会を含むブックマーク  レイヴ&ウェンガー(1991→1993)『状況に埋め込まれた学習』読書会のブックマークコメント

第一回@本郷

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160622

2016-06-21

[] いただきもの:松沢裕作(2016)『自由民権運動 いただきもの:松沢裕作(2016)『自由民権運動』を含むブックマーク  いただきもの:松沢裕作(2016)『自由民権運動』のブックマークコメント

どうもありがとうございます。

これ面白いので皆さん読みましょうね。

2016-06-17

[] 涜書:森 元孝(1995)『アルフレート・シュッツウィーン 涜書:森 元孝(1995)『アルフレート・シュッツのウィーン』を含むブックマーク  涜書:森 元孝(1995)『アルフレート・シュッツのウィーン』のブックマークコメント

論文構想検討会準備:http://socio-logic.jp/events/201606_OtakaTomoo.php

これ読むの何年ぶりかな。

第1部 社会技術をめぐる論争とその時代
第2部 20年代ウィーンの社会学思想の諸潮流──新カント主義的マルクス主義による社会的世界構成問題とその結末
第3部 シュッツによる転換の試み──社会的世界の構成理論の構想
  • 第6章 20年代の四草稿
  • 第7章 マクス・ヴェーバーの影響
  • 第8章 『社会的世界の意味構成』
第4部 隠喩としての自由主義
  • 第9章 社会科学と観念論的哲学の間
  • 第10章 新世界での始まりと終わり
  • 終章にかえて

[] 借りもの:A.H.ハルゼーほか編(1960→1963)『経済発展教育』/尾高朝雄教授追悼論集編集委員会(1963)『自由の法理』  借りもの:A.H.ハルゼーほか編(1960→1963)『経済発展と教育』/尾高朝雄教授追悼論集編集委員会(1963)『自由の法理』を含むブックマーク  借りもの:A.H.ハルゼーほか編(1960→1963)『経済発展と教育』/尾高朝雄教授追悼論集編集委員会(1963)『自由の法理』のブックマークコメント

右は読書会用:http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160710

左は論文構想検討会用:http://socio-logic.jp/events/201606_OtakaTomoo.php

I 経済変化と教育
II 教育と社会移動
  • 教育による階層移動の形態(R.H.ターナー)
  • 現代社会における家庭と学校(H.シェルスキー)
  • 四カ国における教育と社会移動(R.J.ハヴィガースト)
  • 教育と社会移動に関する一考察(C.A.アンダーソン)
III 教育と選抜
  • フランス(A.ジラール)
  • イギリス(J.フラウド,A.H.ハルゼー)
  • アメリカ(D.ウルフル)
IV 変貌する高等教育
  • 高等教育の社会的機能(A.H.ハルゼー)
  • 大学と科学革命(E.アシュビー卿)
  • 高等教育と経済発展(C.A.アンダーソン)
http://opac.kokushikan.ac.jp/Main/Book.aspx?book_id=TS00069227
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160617

2016-06-14

[] いただきもの:太田紘史編(2016)『モラルサイコロジー─心と行動から探る倫理学 いただきもの:太田紘史編(2016)『モラル・サイコロジー─心と行動から探る倫理学』を含むブックマーク  いただきもの:太田紘史編(2016)『モラル・サイコロジー─心と行動から探る倫理学』のブックマークコメント

執筆者のお一人からいただきました。

どうもありがとうございます。

  • 序 論「モラル・サイコロジーの展開」(太田紘史)
I 生物学から探る倫理学
II 人間心理から探る倫理学
  • 第4章「感情主義と理性主義」(永守伸年)
  • 第5章「道徳直観は信頼不可能なのか」(太田紘史)
  • 第6章「道徳判断動機」(信原幸弘)
III 人間行動から探る倫理学
http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-32365-6/
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160614

2016-06-10

借りもの。8/5 まで。

[][][] 蓮實重彦(2002)『「知」的放蕩論序説』/(2006)『表象奈落 蓮實重彦(2002)『「知」的放蕩論序説』/(2006)『表象の奈落』を含むブックマーク  蓮實重彦(2002)『「知」的放蕩論序説』/(2006)『表象の奈落』のブックマークコメント

「知」的放蕩論序説

「知」的放蕩論序説

表象の奈落―フィクションと思考の動体視力

表象の奈落―フィクションと思考の動体視力

[][][] ゴンブリッチ(1966→2000)『規範形式──ルネッサンス美術研究』  ゴンブリッチ(1966→2000)『規範と形式──ルネッサンス美術研究』を含むブックマーク  ゴンブリッチ(1966→2000)『規範と形式──ルネッサンス美術研究』のブックマークコメント

[][] 鈴木宏昭(2016)『教養としての認知科学 鈴木宏昭(2016)『教養としての認知科学』を含むブックマーク  鈴木宏昭(2016)『教養としての認知科学』のブックマークコメント

教養としての認知科学

教養としての認知科学

  • 第1章 認知的に人を見る
  • 第2章 認知科学のフレームワーク
  • 第3章 記憶のベーシックス
  • 第4章 生み出す知性──表象とその生成
  • 第5章 思考のベーシックス
  • 第6章 ゆらぎつつ進化する思考
  • 第7章 知性の姿のこれから
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-012110-1.html
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160610

2016-06-09

[] いただきもの:山本貴光吉川浩満(2016)『脳がわかれば心がわかるか』  いただきもの:山本貴光+吉川浩満(2016)『脳がわかれば心がわかるか』を含むブックマーク  いただきもの:山本貴光+吉川浩満(2016)『脳がわかれば心がわかるか』のブックマークコメント

山本さんから一冊、吉川さんから一冊いただきました。

本当にありがとうございました

なんと、2004年刊行された『心脳問題』の改訂版だとのこと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160609

2016-06-07

[] お買いもの:ルーマン(1990→1996/2016)『自己言及性について』  お買いもの:ルーマン(1990→1996/2016)『自己言及性について』を含むブックマーク  お買いもの:ルーマン(1990→1996/2016)『自己言及性について』のブックマークコメント

asin:4772004203
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160607

2016-06-05

[] シクレル&キツセ(1963→1985)『だれが進学を決定するか』  シクレル&キツセ(1963→1985)『だれが進学を決定するか』を含むブックマーク  シクレル&キツセ(1963→1985)『だれが進学を決定するか』のブックマークコメント

教育社会学古典読書会第二回 http://socio-logic.jp/events/201604_Cicourel.php

今回は第2章&第3章。


本日話題になった文献
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160605

2016-06-04

[][] いただきもの:ルーマン(2000→2016)『社会の宗教 いただきもの:ルーマン(2000→2016)『社会の宗教』を含むブックマーク  いただきもの:ルーマン(2000→2016)『社会の宗教』のブックマークコメント

どうもありがとうございます。

おそろしいことに、これで『社会の理論』シリーズ全巻の邦訳が揃ってしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160604

2016-06-02

[][] 借りもの:トーマス・ヴェスティング(2007→2015)『法理論の再興』/熊野純彦(2003)『差異と隔たり』  借りもの:トーマス・ヴェスティング(2007→2015)『法理論の再興』/熊野純彦(2003)『差異と隔たり』を含むブックマーク  借りもの:トーマス・ヴェスティング(2007→2015)『法理論の再興』/熊野純彦(2003)『差異と隔たり』のブックマークコメント

なんと。左の本はルーマン法理論basedな法理論の教科書だったよ\(^o^)/ びっくり。

右の本の索引には「ルーマン」が4回。

差異と隔たり―他なるものへの倫理―

差異と隔たり―他なるものへの倫理―

  • まえがき
第I部 所有と非所有との〈あわい〉で──自己所有論をめぐる思考
  • 第1章 所有の始原──いのちあるものの占有をめぐって
  • 第2章 身体と所有──はたらく身体と痛む身体とのあいだで
  • 第3章 所有と贈与──不可能な〈贈与〉としてのいのちの始まり
第II部 他者時間性との〈はざま〉で──歴史と他性をめぐる思考
  • 第1章 他性の諸相──〈他なるもの〉から〈他者〉へ
  • 第2章 時間と他者──和辻倫理学における〈信頼〉の問題をめぐって
  • 第3章 歴史と他者──〈過ぎ去ったもの〉をめぐる思考のために
第III部 語ることから呼びかけることへ──言語と他者をめぐる思考
  • 第1章 言語の経験──〈語ること〉の経験をめぐって
  • 第2章 言語の生成──ことばと意味の発生をめぐる思考のために
  • 第3章 言語と倫理──〈語ること〉と〈呼びかけること〉とのあいだで
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20160602
★捨てハンドル名での書き込みはあっさりさっくりと削除させていただくことがあります。 中の人

最近のコメント

1. 07/24 contractio
2. 07/24 shinichiroinaba
3. 05/23 shinichiroinaba
4. 09/07 contractio
5. 09/07 なお
0000 | 01 |
1748 | 12 |
1910 | 01 |
1940 | 01 |
1946 | 01 |
1947 | 01 |
1950 | 01 |
1953 | 01 |
1954 | 01 |
1957 | 01 |
1960 | 01 |
1964 | 01 | 02 |
1965 | 01 |
1968 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 12 |
1970 | 12 |
1971 | 01 |
1972 | 01 |
1974 | 01 |
1975 | 01 | 03 | 05 |
1977 | 01 |
1978 | 01 |
1979 | 01 |
1980 | 01 |
1984 | 01 |
1987 | 10 |
1988 | 02 |
1989 | 01 |
1990 | 01 |
1991 | 01 |
1992 | 01 | 02 | 03 |
1993 | 01 | 03 |
1995 | 01 |
1996 | 01 | 02 | 10 |
1997 | 01 |
1999 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2002 | 01 | 02 |
2003 | 03 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |