呂律 / a mode distinction Twitter

2017-08-14

[][] 『ワードマップ 現代現象学刊行記念ブックフェア「いまこそ事象そのものへ!─現象学からはじめる書棚散策 『ワードマップ 現代現象学』刊行記念ブックフェア「いまこそ事象そのものへ!─現象学からはじめる書棚散策」を含むブックマーク  『ワードマップ 現代現象学』刊行記念ブックフェア「いまこそ事象そのものへ!─現象学からはじめる書棚散策」のブックマークコメント

いよいよ本日から。紀伊國屋書店新宿本店三階にて一ヶ月ほど開催です。

会場では 若手の現象学者を中心とするチームが選出した100点以上の書籍の他、230点に対し17項目にわたって解説おこなった36ページのパンフレット無料配布します。こうしたブックフェアの今後の持続可能性に疑問符を突きつける点数・頁数になってしまったのはひとえに私が四則演算を苦手としているためであり、いまでは本当に反省しています。

どうぞ開催期間中にご訪問ください。


なお、2014年以降同様の趣旨で、ブックフェアを開催させていただきました。

これまでのフェアでは、紀伊國屋書店にて長らく死神異名をほしいままにしてきたカリスマ書店員、Y.O.さんにお世話になってきましたが、Y.O.さんがフェア準備中転職されるというショッキングな事件があり、私が このようなフェアを開催できるのも今回が最後である可能性が非常に高いです。だから来てくれ、と言われる筋合いは皆さんにはないわけですが、──まぁそういうことです。

選書数・パンフレット頁数がとんでもないことになってしまった過ちは繰り返しませんので、こうしたタイプのブックフェアにご関心をお持ちの出版社さん、書店さんは、ぜひお声をかけていただければ幸いです。

それはさておき今回はこの冊数・頁数で強行突破します。ほんとうに申し訳ありません。

選書&解説文執筆をお願いしたのは下記の皆さんです:

また会場では下記の皆さんの推薦文(POP)も掲示しています。

誰がどんな本を選んだのか、ぜひ会場まで見にいらしてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170814

2017-08-09

[] いただきもの:片桐直人・岡田順太・松尾 陽編(2017)『憲法のこれから(別冊法学セミナー)』  いただきもの:片桐直人・岡田順太・松尾 陽編(2017)『憲法のこれから(別冊法学セミナー)』を含むブックマーク  いただきもの:片桐直人・岡田順太・松尾 陽編(2017)『憲法のこれから(別冊法学セミナー)』のブックマークコメント

どうもありがとうございます。

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7501.html
  • はじめに 片桐 直人
  • 第3部 統治を育む環境
    • 民意形成チャネルとそのあり方――統治制度としての「プレス」/水谷 瑛嗣郎
    • 学問と統治/堀口悟郎
    • 法秩序の多層化・多元化の下での憲法の意義と限界/山田 哲史
    • 官邸主導」政治のコントロール/片桐 直人
  • 憲法のこれから
    • 鼎談/片桐 直人・岡田 順太・松尾 陽
    • おわりに――憲法学者のこれから/岡田 順太
    • おわりに――リベラルな社会のかたち/松尾 陽
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170809

2017-08-04

[] いただきもの:植村・八重樫・吉川編(2017)『ワードマップ 現代現象学 いただきもの:植村・八重樫・吉川編(2017)『ワードマップ 現代現象学』を含むブックマーク  いただきもの:植村・八重樫・吉川編(2017)『ワードマップ 現代現象学』のブックマークコメント

f:id:contractio:20170804211925j:image:w250:right

ありがとうございます。ついに出ました。

出版社さんへの人の紹介はあまりおこなわないようにしてますが、たまに「ぜひこの人(たち)の本を!」とお願いに行くときがあります。この本が出たので、新曜社さんにお願いに行った『形而上学』と『現象学』の2冊が出揃いました。

どちらも願いと狙いどおり、自信をもって勧められる本になったと思います。

迷わず買って下さい。

本書刊行を記念して、8月14日(月)から紀伊國屋書店新宿本店にて「いまこそ事象そのものへ!──現象学からはじめる書棚散策と題したブックフェアもおこないます。関東近隣にお住まいの方は、ぜひいらしてください。
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1366-2.htm http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1532-1.htm
  • 序 章 現代形而上学とは何か
  • 第1章 人の同一性
  • 第2章 自由決定論
  • 第3章 様相
  • 第4章 因果性
  • 第5章 普遍
  • 第6章 個物
  • 第7章 存在依存
  • 第8章 人工物の存在論
  • 終 章 形而上学のさらなる広がり
  • 第1部 基本編
  • 第2部 応用編
    • 第4章 志向性
    • 第5章 存在
    • 第6章 価値
    • 第7章 芸術
    • 第8章 社会
    • 第9章 人生
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170804
★捨てハンドル名での書き込みはあっさりさっくりと削除させていただくことがあります。 中の人

最近のコメント

1. 07/24 contractio
2. 07/24 shinichiroinaba
3. 05/23 shinichiroinaba
4. 09/07 contractio
5. 09/07 なお
0000 | 01 |
1748 | 12 |
1910 | 01 |
1940 | 01 |
1946 | 01 |
1947 | 01 |
1950 | 01 |
1953 | 01 |
1954 | 01 |
1957 | 01 |
1960 | 01 |
1964 | 01 | 02 |
1965 | 01 |
1968 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 12 |
1970 | 12 |
1971 | 01 |
1972 | 01 |
1974 | 01 |
1975 | 01 | 03 | 05 |
1977 | 01 |
1978 | 01 |
1979 | 01 |
1980 | 01 |
1984 | 01 |
1987 | 10 |
1988 | 02 |
1989 | 01 |
1990 | 01 |
1991 | 01 |
1992 | 01 | 02 |
1993 | 01 | 03 |
1995 | 01 |
1996 | 01 | 02 | 10 |
1997 | 01 |
1999 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2002 | 01 | 02 |
2003 | 03 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 |