呂律 / a mode distinction Twitter

2017-09-30

[] お買いもの:ウィギンズ『ニーズ価値・真理』  お買いもの:ウィギンズ『ニーズ・価値・真理』を含むブックマーク  お買いもの:ウィギンズ『ニーズ・価値・真理』のブックマークコメント

酒井泰斗プロデュース「『ワードマップ 現代現象学刊行記念:いまこそ事象そのものへ!──現象学からはじめる書棚散策
@紀伊國屋書店新宿本店ブックフェア、最終日の書棚にて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170930

2017-09-29

[] 今月の50冊  今月の50冊を含むブックマーク  今月の50冊のブックマークコメント

  1. はじめの一歩を踏み出そう-成功する人たちの起業マイケル・E. ガーバー 247頁 ISBN:4418036016
  2. ウィトゲンシュタイン-天才哲学者の思い出 (講談社現代新書) ノーマン・マルコム 175頁 ISBN:4061157450
  3. 不安の心理学 (講談社現代新書) 生月 誠 190頁 ISBN:4061493248
  4. 為替と株で考える経済学 三土 修平 268頁 ISBN:4535555508
  5. 生態学入門 (講談社学術文庫 78) 165頁 ISBN:4061580787
  6. 知性はどこに生まれるか-ダーウィンアフォーダンス (講談社現代新書JEUNESSE) 佐々木 正人 205頁 ISBN:4061493353.pdf
  7. ICC DOCUMENTS 1997‐2000-NTTインターコミュニケーションセンター活動の軌跡 354頁 ISBN:4757100493
  8. “法”と“法外なもの”-ベンヤミンアーレントデリダをつなぐポストモダン正義論へ 仲正 昌樹 254頁 ISBN:4275018583
  9. 燃える人」伝承西洋死生観-フライブルク・ザーゲ資料の解析による 嶋内 博愛 334ISBN:4862090400
  10. うるさい日本の私、それから 中島 義道 203頁 ISBN:4896913493
  11. システムと自己観察-フィクションとしての「法」 村上 淳一 218頁 ISBN:4130311689
  12. 組織化社会心理学 カール・E. ワイク 382頁 ISBN:4830942533
  13. センスメーキング イン オーガニゼーションズ カール・E. ワイク 304頁 ISBN:4830943807
  14. 想像力-ヒュームへの誘い 井上 治子 315頁 ISBN:4380962695
  15. ドゥルーズの思想 ジル・ドゥルーズ 233頁 ISBN:446925021X
  16. ハエとハエとり壷 ヴェド・メータ 249頁 ISBN:4622005360
  17. ポスト現代思想の解読-近代の「原ロゴス批判に向けて 石塚 省二 346頁 ISBN:4834400239
  18. ニーチェ全集 3 哲学者の書 渡辺二郎訳 604頁 ISBN:B000J8AYLS
  19. ニーチェ全集 12 権力への意志理想社 552頁 ISBN:B000J86N0O
  20. 丸山眞男集〈第3巻〉一九四六-一九四八 丸山 眞男 380頁 ISBN:4000919539
  21. 京都フィールドワークのススメ-あるく・みる・きく・よむ 204頁 ISBN:4812202396
  22. 体の贈り物 レベッカ・ブラウン 206頁 ISBN:4838712901
  23. 全体的思考と行為方法-新しいネットワーク社会の可能性を問う ハンス ウルリッヒ 358頁 ISBN:4830942703
  24. 別冊MUSIC MAGAZINE noise 242p
  25. 情報と自己組織性の理論 吉田 民人 316頁 ISBN:4130501070
  26. 文化ナショナリズム社会学-現代日本アイデンティティ行方 吉野 耕作 298頁 ISBN:4815803153
  27. 現代思想 1987年06月号 328p
  28. 現代社会理論研究 第12号 397頁 ISBN:4822602141
  29. 現代社会理論研究 第4号 250p
  30. 現代社会理論研究 第6号 234p
  31. 現代社会理論研究 第9号 339頁 ISBN:4822601811
  32. 社会学 アンソニー ギデンズ 784頁 ISBN:4880591696
  33. 社会調査へのアプローチ-論理と方法 (MINERVA TEXT LIBRARY) 大谷 信介 368頁 ISBN:4623041042
  34. 科学と詩 I.A リチャーズ 164頁 ISBN:B000J96ARE
  35. 系統樹思考の世界 (講談社現代新書) 三中 信宏 296頁 ISBN:4061498495
  36. 虚構世界の存在論 三浦 俊彦 423頁 ISBN:4326153059
  37. 知的インタフェース-コンピュータとの知的つきあい方 (ワードマップ海保 博之 181頁 ISBN:4788503867
  38. 進化と経済学-経済学に生命を取り戻す ジェフリー M.ホジソン 536頁 ISBN:4492313257
  39. 過去復元する-最節約原理進化論、推論 エリオット ソーバー 318頁 ISBN:478913055X
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170929

2017-09-28

[] 逸脱論とジョンソン政権  逸脱論とジョンソン政権を含むブックマーク  逸脱論とジョンソン政権のブックマークコメント

パートのお仕事準備 http://socio-logic.jp/parttime.php



大森 彌(1987)「「偉大な社会」の夢」

ある一定の条件をコントロールすれば望ましい結果が得られるという、そうした確固たる知識の体系(理論)があるという前提から実際の公共政策形成に決定的ともいえる影響力を揮った典型例を一つあげるとすれば、それは「貧困との戦い」の中心となった「コミュニティ活動事業」の構想・立案実施要綱の作成者として活躍したコロンビア大学のリチャード・A・クロウォードとロイド・E・オーリンの「機会理論」とその適用であったといってよい。(p. 62)

山田敬信(2010)「「偉大な社会」とベトナム戦争(1)」

1964年から69年までに、貧困者の数は確実に減った。この原因は「貧困との戦い」の成果なのか、あるいはベトナム軍需で経済が活況を呈していたからなのか、まだ結論は出ていない。(p. 39)

歴史たいへんだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170928

2017-09-27

[][] 講義準備:マートン(1936)「目的的社会行為の予期せざる結果」  講義準備:マートン(1936)「目的的社会行為の予期せざる結果」を含むブックマーク  講義準備:マートン(1936)「目的的社会行為の予期せざる結果」のブックマークコメント

パートのお仕事準備。

論文集『社会理論と社会構造』11章「予言自己成就」(1947) http://d.hatena.ne.jp/contractio/195701 のもとになった1936年の論文。


  • Robert K. Merton, 1936, The Unanticipated Consequences of Purposive Social Action, American Sociological Review Vol. 1, No. 6 (Dec., 1936), pp. 894-904

[][] 講義準備:金丸由雄(1970)「予期、行動、結果」  講義準備:金丸由雄(1970)「予期、行動、結果」を含むブックマーク  講義準備:金丸由雄(1970)「予期、行動、結果」のブックマークコメント

ゼターバーグ『社会学的思考法―社会学の理論と証明 (1973年)』の翻訳者

  • 序章
  • 第一章 マートンの提示した問題
    [予期せざる結果が生じる様々な理由の分類]
    • (1) 知識の不足
    • (2) 誤り(error
    • (3) 抜き差しならない利益の緊迫性(inperious immidiacy of interest)
    • (4) 根本的価値basic value
    • (5) 自殺予言(suicidal prophecy)
    • (6) 自らを実現する予言(self-fulfiling prophecy)
  • 第二章 役割分化視点
  • 第三章 予期における不確実性
  • 第四章 補助的手段
  • 第五章 二つの命題──《予言》と《補助的手段》

[][] 講義準備:ソシオロジ「小特集予言自己成就 講義準備:ソシオロジ「小特集:予言の自己成就」を含むブックマーク  講義準備:ソシオロジ「小特集:予言の自己成就」のブックマークコメント

1995年、40-1号。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/soshioroji/40/1/_contents/-char/ja/

2017-09-16

[] お買いもの:T.D. ウェルドン(1953→1957)『政治の論理』  お買いもの:T.D. ウェルドン(1953→1957)『政治の論理』を含むブックマーク  お買いもの:T.D. ウェルドン(1953→1957)『政治の論理』のブックマークコメント

原題は「政治の語彙 vocabulary」。

via 河野有理(2017)「政治思想史研究はまだ存在しているか?」
日本政治学会2017年度大会「政治思想史研究は政治学にどう寄与できるか(企画委員会企画)」

ウェルドンは、2016年12月に開催した社会学研究互助会第9回例会ピーター・ウィンチの『社会科学の理念』」における笠木報告の「裏の主役」であった。


笠木報告によると、ウェルドンは1950年前後のイギリス政治哲学の中心人物であり、ウィンチの『社会科学の理念』もウェルドンを主要敵として書かれたのではないか、と。

ISBN:B000JA5RGS
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170916

2017-09-15

[] いただきもの:田中彰吾(2017)『生きられた〈私〉をもとめて』  いただきもの:田中彰吾(2017)『生きられた〈私〉をもとめて』を含むブックマーク  いただきもの:田中彰吾(2017)『生きられた〈私〉をもとめて』のブックマークコメント

どうもありがとうございます。

第1部 自己の身体
  • 第1章 身体と物体
  • 第2章 自己の身体と他者の身体
  • 第3章 鏡に映る身体
  • 問いと考察
第2部 意識と脳
第3部 他者の心
  • 第7章 問題としての他者
  • 第8章 心の科学と他者問題
  • 第9章 他者理解を身体化する
  • 問いと考察
  • あとがき
  • 参考文献
  • 索引
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170915

2017-09-06

[] 信頼論準備  信頼論準備を含むブックマーク  信頼論準備のブックマークコメント

102

アリソンや]リンドブロムらは、フィードバック原理を利用する組織行動の変化の幅は増分的なものであって、この増分的(incremental)ないし漸進的(piecemeal)な変化の連続がサイバネティックな行動機構の特徴をなすと考えている。スタインブルナーはこれに反対するのである。リンドブロムやアリソンは、増分的変化過程または限界的結果調整過程が、増分主義モデルないし組織過程モデルに固有のものと考える傾向があるが、たとえば合理的選択モデルないし分析パラダイムにしたがっても、増分的決定は十分整合的に可能である。またサイバネティック・パラダイムにしたがうような状態根本的変化がありうることは、アシュビーが示しているところである、とかれはいう。

106

(3) サイモン言及している… これらのうち最後のS・エンケは後にランドコーポレーション重要地位についた人である。サイモンがランドと関係が深かったことは注意しておいてよい。ランドの意思決定論は、システム分析と費用・便益(有効度)分析によって知られているが、それはいわばランドの顕教的側面であって、サイモンや増分主義的決定戦略を説くC・E・リンドブロムの意思決定論は、ランドの密教的側面といえるであろう。


ニューヨーク市調査会:functional budget 機能別予算

1940年代 農務省 projectbudget 実施計画予算

フーヴァー委員会 performance budget 事業別予算


  • 中村五郎(1968)「行政のストラテジー──C.E. Lindblom の「決定戦略論」を中心として」, 都市問題研究20-4, pp.81-93.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/contractio/20170906
★捨てハンドル名での書き込みはあっさりさっくりと削除させていただくことがあります。 中の人

最近のコメント

1. 07/24 contractio
2. 07/24 shinichiroinaba
3. 05/23 shinichiroinaba
4. 09/07 contractio
5. 09/07 なお
0000 | 01 |
1748 | 12 |
1910 | 01 |
1940 | 01 |
1946 | 01 |
1947 | 01 |
1950 | 01 |
1953 | 01 |
1954 | 01 |
1957 | 01 |
1960 | 01 |
1964 | 01 | 02 |
1965 | 01 |
1968 | 10 | 11 | 12 |
1969 | 12 |
1970 | 12 |
1971 | 01 |
1972 | 01 |
1974 | 01 |
1975 | 01 | 03 | 05 |
1977 | 01 |
1978 | 01 |
1979 | 01 |
1980 | 01 |
1984 | 01 |
1987 | 10 |
1988 | 02 |
1989 | 01 |
1990 | 01 |
1991 | 01 |
1992 | 01 | 02 |
1993 | 01 | 03 |
1995 | 01 |
1996 | 01 | 02 | 10 |
1997 | 01 |
1999 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2002 | 01 | 02 |
2003 | 03 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |