Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2016-07-01

じじぃの「麻薬の表と裏・ヘロインとモルヒネはどう違う?理系の話」

06:14

モルヒネの量と副作用

週刊現代2016年8月6日

独占! 無念の死 最後は寝たきりに 巨泉さん家族の怒り「あの医者、あの薬に殺された」始まりはモルヒネの「誤投与」だった より

退院した5日の午後、我が家を訪ねてきた在宅介護の院長は、いきなりボクに「大橋さん。どこで死にたいですか?」と訊いてきた。以前にも書いたようにボクは既に死ぬ覚悟はできていたのだが、「エッ?俺もう死ぬの?」と呆然とした。次に「痛い所はありますか?」と訊くから「背中が痛い」と答えたら、直ぐにモルヒネ系の鎮痛剤のオプソやMSコンチンが薬局から大量に届いた。院長は毎日来るのだが特に何もしない。この頃からボクの記憶は曖昧になる。

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/34529/

覚せい剤コカインヘロインモルヒネは何が違うんですか? 2006/12/3 Yahoo!知恵袋

回答

覚せい剤は、成分がアンフェタミンなどであり、気分を高揚させ、元気が出たような気分にさせます。

コカインヘロインモルヒネアヘンアルカロイドであり、けしの花の種類から取れる成分を加工したものです。作用は鎮痛作用と多幸感。

覚せい剤の一部とモルヒネ医薬品でもあります。コカインヘロイン医療用には用いられていません。(少なくとも日本では)

どちらも普通の人には関係ない薬物なので感心を持たないほうがいいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210164427

『世の中の裏が面白いほど見える理系の話』 話題の達人倶楽部/編 青春出版社 2011年発行

麻薬の裏 ヘロインモルヒネはどう違う? より

麻薬のなかでもとくに恐ろしいのは、ヘロインである。依存性がすぐに生じるうえ、いったんヘロインに依存すると、そこから、脱するのは他の薬物以上に至難の業となる。ヘロイン依存者がヘロインを絶とうとすると、骨がバラバラになってしまいそうなほどの激痛に襲われる。その苦痛に耐えかねて、自殺する人さえいるくらいだ。

ヘロインアヘンを原料とし、そのアヘンは、ケシの実から採取する。熟する前のケシの実に傷をつけ、乳液を採取、それを乾燥させたものがアヘンだ。そのアヘンを精製すればモルヒネとなり、モルヒネをアセチル化するとヘロインになる。

アヘンを精製してつくるモルヒネは麻薬に一種だが、薬でもある。モルヒネには鎮痛作用があるので、患者の痛みをおさえるのに役立ち、とりわけ末期ガンの痛みに対して有効だ。

モルヒネを常時投与していると、モルヒネ依存症となるのではないかという指摘もあるが、医師が量をコントロールしているかぎり、その心配はない。

そのモルヒネをアセチル化したヘロインは、19世紀ドイツ製薬会社によって開発された。当初は、せきをしずめる薬としてつくられたのだが、鎮痛作用はモルヒネよりも低かった。その一方、中毒性の強さはモルヒネの3倍もあり、恐ろしい麻薬となってしまったのだ。

------------

どうでもいい、じじぃの日記。

古本屋に寄ってみたら、『看護師看護学生のためのなぜ?どうして? 3』という本があった。

看護師国家試験用に書かれた本で、マンガがたくさん入った会話形式の参考書だ。

肺がん、がんとは? 胃がん胃がん術後のケア、がん性疼痛・・・。

買ってきて、パラパラ読んだ。

オピオイドの薬理作用と受容体

グラフa(画像参照)は、モルヒネの50%鎮痛量(ED50=最大活性の50%を引き起こす濃度)に対する各作用の比率の表です。

便秘→吐気・嘔吐→鎮痛→行動抑制→カタトニー→呼吸抑制→死亡

モルヒネを使い始めたときは便秘から始まる。モルヒネを大量に使うと呼吸ができなくなる。

まあ、こうやって、死への心がけをしているじじぃなのです。

じじぃの「神話伝説_161_ラインホールド・ニーバー(自由主義神学者)」

06:09

Sons of Darkness, Sons of Light - PT1: Collectivism (1of3) 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=gbqdkWxrSvw

カトリック死海文書(クムラン文書)のなかの「戦いの巻物(光の子達と闇の子達の戦い)」? 2013/12/8 Yahoo!知恵袋

回答

えーと、死海文書の研究には最初からローマ・カトリックの学者が関わっており、活躍しています。

念のため、死海文書キリスト教文書ではありませんよ。当時のユダヤ教には、新約聖書に出てくるパリサイ派サドカイ派の他に、エッセネ派というのがあったことが知られています。また、洗礼者ヨハネエッセネ派だったのでは、と昔から言われています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11117642691

The Serenity Prayer(ニーバーの祈り)

 神よ、

 変えることのできるものについて、

 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

 変えることのできないものについては、

 それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

 そして、

 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、

 識別する知恵を与えたまえ。

                    ラインホールド・ニーバー(大木英夫 訳)

解説

アメリカ神学者、倫理学者ラインホールド・ニーバー(1892-1971)がマサチューセッツ州西部の山村の小さな教会で1943年の夏に説教したときの祈り。礼拝の後、ハワード・チャンドラーロビンズという人がこの祈りの原稿をもらった。彼は、祈りを集めた小冊子を編集発行していた。ロビンズは翌年、彼が編集した祈りの本の中に加えて出版した。その時は、ニーバーの名は付されてはいなかった。

第二次世界大戦の中、この祈りが書かれたカードが兵士たちに配られた。戦後になると、今度はアルコール依存症患者の断酒会のメンバーの目に留まり、その断酒会のモットーとして採用された。ニーバー自身がこの祈りを書物に著したのは1951年のことである。このころには、この祈りはすでに広く知れ渡っていた。そして、1961年、グリーティング・カードを出版しているホールマーク・カード社がこの祈りの版権をニーバーから取得している。

http://home.interlink.or.jp/~suno/yoshi/poetry/p_niebuhr.htm

佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?』 (竹内久美子佐藤優/著 文藝春秋 2016年発行

アメリカ神学ハリウッド映画 より

竹内 そうしますと、自由主義プロテスタンティズムアメリカに生き残ったのはなぜですか?

佐藤 むしろティリッヒよりも、アメリカ的な流れの神学でいえば、ラインホールド・ニーバーの影響が大きい。

竹内 ええと、ニーバーってどういう人で、彼のアメリカらしきって、どういうことですか?

佐藤 アメリカ人って、純粋で真っ直ぐだけれども、ロマン主義的じゃないですよね。

竹内 じゃないです。

佐藤 ロマンが分からないから、世の中の非合理性がわからない。ニーバーは『道徳的人間と非道徳的社会』(1932年、大木英夫訳、白水社)という著述の中で海賊船の譬えを出してこう言うんです。海賊船の中で、一所懸命に仕事をしている船員は、いい奴か、悪い奴か。

 ニーバーは、単純なアメリカ人にちょっとひねりを加えた質問をしてみせたわけです。その問題を考えあぐねた末に、アメリカ人はようやく気づく。「あ、この社会には構造悪というものがあるんだ」と。

竹内 それまでのアメリカ人は、どんな仕事であれ、一所懸命に働く人間はいい人間だとしか考えなかったわけですね。仕事の種類まで考えなかった。

佐藤 海賊船に乗り込むことがよくないとなれば、それは自国に関係ない戦争に参加すべきじゃないということにつながりますよね。しかしニーバーの発想は、じつは第二次世界大戦の直前に行なった講義で、戦争への参加に大きな影響力を与えたのです。それが『光の子と闇の子』(1944年、武田清子訳、新教出版社)という有名な本になっている。

竹内 光の子と闇の子、それぞれが何を指しているのか……?

佐藤 その頃のアメリカ国内の風潮は、共産主義者もナチも神を信じていないから、彼らで殺し合っていればいい、というものでした。トルーマン大統領は現にそういって傍観者でいようとしています。それに対してニーバーはいや、そうではない。世の中には光の子と闇の子がいて、現実の世界においては、闇の子のほうが強い。西側のデモクラシーも東側のコミュニズムも愚かな光の子であり、一方のナチズムは闇の子であり、闇の子に勝利するためには神の力を借りなければならない――こういう二分法を立てることによってアメリカを参戦に導いた人なんです。

竹内 だけど、どっちが光の子で、どっちが闇の子はって、線引きはどうするんですか?

佐藤 線は適宜引くわけですよ。実際、歴史は連合国側の勝利に終わったので、神の力はデモクラシー側に降りたことの証拠になったわけです。