Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2016-07-28

じじぃの「ある大物タレントの死・モルヒネの過剰投与が死を早めた?今週の遺言」

06:22

大橋巨泉 CM 1969年 パイロット万年筆 エリートS 「ハッパフミフミ」篇 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=41xGjcQxw04

クイズダービー

大橋巨泉さんが死去、82歳…モルヒネ系鎮痛剤の誤投与で体力失う 2016年7月20日  Yahoo!ニュース

所属事務所などによると、大橋さんは2013年11月にステージ4の中咽頭がんを患い、以来3度のがん手術、4回の放射線治療を行い、回復を図った。しかし、今年4月に発症した2度の腸閉塞と手術による衰弱、さらに在宅介護で用いたモルヒネ系鎮痛剤の誤投与により体力を失い、4月11日に緊急入院をしていた。

大橋さんは東京都出身で、早稲田大学在学中から、当時ブームだったモダンジャズ・コンサートの司会者として活躍。大学中退後、ジャズ評論家や放送作家を経て、テレビ司会者に転身。「巨泉前武ゲバゲバ90分!!」「11PM」「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」などの司会を務め、軽妙な弁舌で人気を集めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00000534-sanspo-ent

週刊現代 2016年8月6日

独占! 無念の死 最後は寝たきりに 巨泉さん家族の怒り「あの医者、あの薬に殺された」 始まりはモルヒネの「誤投与」だった (一部抜粋しています)

確かに3度にわたるがんの手術と4回の放射線治療に加え、昨年の11月に発症した腸閉塞によるダメージは大きかった。だが、今年の4月に受けた在宅介護において医療機関モルヒネ系鎮痛剤の誤投与により極端に体力が低下したことも、死期を早めた可能性が少なからずある。

もしあの時、モルヒネを大量に投与されていなければ、もっと生きられたのではないか――。

冒頭の寿々子さんの言葉からは、そう悔やむ気持ちがひしひしと伝わってくる。

事の経緯を振り返る。巨泉さんが20年にわたり続けてきた、本誌コラム『今週の遺言』(6月27日掲載)の最終回にはこう書かれている。

 <3月27日に国立がん研究センター中央病院に緊急入院して検査をしたが、幸いがんは見つからなかった。(中略)CVポート(胸に埋め込む点滴補助器具)をすれば自宅での在宅介護で問題ないと言われ、がんセンターを4月5日に退院したのである。しかしこの在宅介護が大ピンチの始まりになろうとは神のみぞ知るであった。

 退院した5日の午後、我が家を訪ねてきた在宅介護の院長は、いきなりボクに「大橋さん。どこで死にたいですか?」と訊いてきた。以前にも書いたようにボクは既に死ぬ覚悟はできていたのだが、「エッ?俺もう死ぬの?」と呆然とした。次に「痛い所はありますか?」と訊くから「背中が痛い」と答えたら、直ぐにモルヒネ系の鎮痛剤のオプソやMSコンチンが薬局から大量に届いた。院長は毎日来るのだが特に何もしない。この頃からボクの記憶は曖昧になる>

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/34529/

どうでもいい、じじぃの日記。

今月12日に大橋巨泉さんが亡くなった。

巨泉さんはテレビの草創期から黄金期にかけて活躍した。一時代の終わりを感じさせる。

自分が病気がちなこともあり、闘病生活していた巨泉さんが書いた週刊現代『今週の遺言』をこの1年ほどずっと読んでいた。

6月27日掲載の最終回には、もう死を覚悟しているようなことが書かれていた。それから約20日ぐらいで亡くなっていることになる。

どうも、最後はモルヒネの過剰投与が原因らしい。

自分の意思を貫いて生きた巨泉さんだったが、最後の最後で正常な判断ができなくなって亡くなったような気がする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cool-hira/20160728/1469654547