Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2017-08-28

じじぃの「ヘリ空母(いずも)で垂直離着機(ハリアー)は離着陸できるのか?武器兵器の秘密」

06:05

海上自衛隊護衛艦いずもにステルス戦闘機F-35Bライトニング2は搭載可能? 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=-2sF9156-5A

中国から見た太平洋

いずもにハリアーが?

メイ英首相来日京都でおもてなし 安倍晋三首相経済安保関係強化へ 北朝鮮情勢も協議 2017.8.30 産経ニュース

日本政府経済だけでなく安全保障でも日本を重視するメイ氏を高く評価しており、安倍首相は今回の来日を通じて個人的な信頼関係を深め、日英関係の強化につなげたい考えだ。

両首脳は31日に東京元赤坂迎賓館会談し、経済安全保障協力に関する共同宣言を発表。メイ首相国家安全保障会議NSC)の特別会合に出席し、海上自衛隊護衛艦「いずも」乗艦も予定している。

http://www.sankei.com/politics/news/170830/plt1708300028-n1.html

中国国産空母 「第1の目的は尖閣奪還だ」 日清戦争勃発120周年で韓国メディアが分析 2014-07-28 サーチナ

報道によると毎日経済は記事で、「日清戦争は数千年にわたって続いた『中国東アジアの中心だ』という秩序を変え、日本が歴史の舞台に登場する上で重要な戦いとなった」と指摘。

さらに、「習近平国家主席が掲げる“中国夢(チャイナドリーム)”は、海軍の形を整えることから始まる。その中国で初の国産空母がすでに就役した。第1の目的は日清戦争で日本に奪われた釣魚島を奪還することだろう」と分析した。

http://news.searchina.net/id/1538798

ヘリ空母いずもでF35を運用できない理由とは? 2015/5/31 Yahoo!知恵袋

回答

この話は、ウィキペディアのいずも型護衛艦の記事にまとめられていますよね。

離着陸や艦載は可能かもしれないが、F-35Bの運用は想定していないそうです。

いずも型の甲板は耐熱仕様になっています。

オスプレイの廃棄も、おおすみ輸送艦と違い、別の耐熱版を用意する必要はないはずです。すでに、ひゅうが型護衛艦でそうでしたよね。

ただ、F-35Bの方がジェット排気が高温、かつ多いので、実際に耐えられるかは不明。

でも、改修は可能かもしれない。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10146197420

[図解]武器・兵器の秘密 小泉悠/著 PHP研究所 2015年発行

ヘリ空母にF35-Bは着陸できるの? より

日本の海上自衛隊保有する、ひゅうが型ヘリコプター搭載護衛艦や、2015年3月に1番艦の就航が予定されている、いずも型ヘリコプター搭載護衛艦は広大な、飛行甲板をもっており、一見するとヘリコプターだけではなく、ハリアーやF-35BのようなVTOL(垂直離着陸)機の離発艦もできそうにみえる。実際のところ、日本のヘリコプター搭載護衛艦VTOL機を運用することはできるのだろうか?

そこで諸外国を見てみると、フランスミストラル級のように最初からヘリコプターの運用しか想定していないヘリ空母もあるが、アメリカワスプ級強襲揚陸艦アメリカ強襲揚陸艦などはハリアーやF-35Bを運用することが可能である。

では、VTOL機を運用できるかどうかはどこで決まるのかというと、なにより甲板の仕様にある。VTOL機は離発艦時に甲板に高熱のジェット排気を噴射するので、それに耐えられるよう甲板に耐熱パネルを張る必要があるのだ。

また、艦内の格納庫と飛行甲板の間で期待を出し入れするエレベーターのサイズや搭載重量も問題になる。

だが、条件と言えばこの程度であり、必要なら後で改修することだって可能だ。たとえばアメリカのイオージマ級強襲揚陸艦は当初、VTOL機の運用を想定していなかったが、後にハリアー実用化されたため、甲板の耐熱強化などの改修を実施してハリアーの運用試験を行ったことがある。

いずも型やひゅうが型に話を戻すと、前者は全長248m、後者でも全長197mであり、ワスプ級にひけをとらない。エレベーターのサイズもF-35Bを充分搭載可能である。したがって、後は甲板の耐熱強化程度の簡単な改修で離発艦は可能となるのではないだろうか。

---------------

じじぃの日記。

アメリカ尖閣を守るか?

ある本によると、アメリカ人から見た場合、台湾尖閣諸島では明らかに違うのだそうだ。

台湾には人が住んでいるが、尖閣諸島には人が住んでいない。人の住んでいない島をめぐって我々の血を流す必要があるのか、というものだ。

ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」は対潜水艦戦を主目的に造られたものらしいが、いざとなったら、ハリアーやF-35Bが離着陸できるぞ、と相手に対し威嚇できることは、必要だ。

いずもの甲板にちょこっとハリアー、またはF-35Bが置かれている姿を見てみたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cool-hira/20170828/1503867952