Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2018-05-13

じじぃの「日本にご招待・ぬか漬けの味は乳酸菌に左右される!理系の話」

06:08

【日本へ行きたい!】ぬか漬けを愛するドイツ女子 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=cbbhF2tvE78

和食 発酵食品

世界!ニッポン行きたい人応援団 「本物のぬか漬けを食べたい!」ぬか床の香りが大好きだというリトアニア出身の女性をご招待! 2018年1月29日 テレビ東京

【応援団長】織田信成 【出演者】眞鍋かをり高橋茂雄(サバンナ) 【ナレーション】武田広、増田明美

"ニッポンに行きたくて行きたくてたまらない"外国人を世界で大捜索!世界4ヵ国でニッポン大好きな外国人を大捜索スペシャル!

●ぬか漬けを愛するルテーネさんを日本にご招待。

リトアニア出身でドイツの美術学校に留学中の女性(26)。

ぬか床の香りが大好きで、香りを嗅ぐと食欲がとても湧いてくるという。3年前発酵食品に興味を持ちニッポンのぬか漬けを知った。

ぬか床をおばあちゃんから孫へ家族代々守り続けていく文化にも魅了されている。

ぬか漬けの原料の米ぬかは野菜の栄養素を増加させる。彼女は麦ふすまを使いぬか床から自作している。

福岡の千束に行きたいと語ったルテーネさん。福岡は古くからぬか漬けが根付いた土地。小笠原忠真がぬか漬け作りを奨励、小倉を中心に広まった。千束に到着し従業員と挨拶。千束は200年以上受け継いできたぬか床の味と文化を後世に伝えたいと敏子さんが約40年前に始めた。

ルテーネさんは店の2階に案内された。千束は地元の主婦7人で切り盛りしている。鯖のぬか炊きなどが食べられるぬか漬け定食を味わった。嫁入り道具として受け継がれてきたぬか床。下田さんの母は戦時中もぬか床を枕元に置いて守ったという。ここでルテーネさんがドイツから持参したぬか床を見せた。下田さんはよくできているが混ぜすぎだと指摘。ぬか漬けの味は乳酸菌に左右される。そして千束のぬか床を見せてもらった。

http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2018/015514.html

『世の中の裏が面白いほど見える理系の話』 話題の達人倶楽部/編 青春出版社 2011年発行

ぬか味噌の裏 かき混ぜたほうがおいしくなる秘密とは? より

ぬか味噌は、乳酸発酵を利用してつくられる一種発酵食品だ。最近、発酵食品が体によいといわれるようになり、その健康ブームに乗って、ぬか味噌もそのよさが見直されている。

とはいっても、おいしいぬか味噌をつくるには、たいへんな手間が必要なのも事実で、初心者が手を出すには、いささか敷居が高い。

まず、ぬか床は、毎日かき混ぜなければならないし、ぬかが減ったら足したり、定期的な塩加減の調整も必要だ。

さらには、そのなかに野菜を漬けるには、ナスなど変色しやすい野菜は色どめにみょうばんを入れるなどの”おばあちゃんの知恵”も必要だ。

ぬか味噌が、ひんぱんにかき混ぜないとおいしくならないのは、乳酸発酵を起こすバクテリア乳酸菌)が、酸素を必要とする「好気性バクテリア」だからだ。

乳酸菌の生育、つまり漬け物をうまく発酵させるには、酸素供給が欠かせない。そのため、毎日、ぬか床の底までひっくり返してかき混ぜ、空気を送り込まなければならないというわけだ。

一方、空気の供給が少なくなると、好気性バクテリアの増殖が抑えられ、代わりに嫌気性バクテリアが増殖して、悪臭を発生させる。なかでも、嫌な匂いを発する筆頭は、酪酸菌と呼ばれるバクテリア

これは、銀杏の実が熟したときの臭気を発生させるバクテリアでもある。あの強烈なにおいを創造してもらえればわかりやすいが、ぬか床をかき混ぜずにいると、この嫌気性バクテリアが増殖して、漬け物の風味を落とす原因になるのである。

------------

どうでもいい、じじぃの日記。

職業別に寿命を調べると、一番の長生きはお坊さんだ。

お坊さんといえば、精進料理

「最近、発酵食品が体によいといわれるようになり、その健康ブームに乗って、ぬか味噌もそのよさが見直されている」

そういえば、子どもの頃、朝食にはいつも漬け物があった。

毎日、朝 漬け物を食べる、という生活もいいなあ。

じじぃの「科学・芸術_485_日本の企業・良品計画」

06:05

MUJI 無印良品:みんなの いつもの スキンケア「水のはなし」 動画 Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=0oPIiTQXzgY

上海無印良品 上海淮海ホワイハイ755」

良品計画中国消費者が担う連続最高益  2018/4/11 日本経済新聞

生活雑貨店「無印良品」を手掛ける良品計画は11日、2019年2月期の純利益が前期比11%増の333億円を見込むと発表した。4期連続の最高益を見込む。

けん引役は積極的な出店で拡大戦略をとる海外だ。中国では若者を中心に、派手さを好むこれまでの消費性向から、安心安全やシンプルさを重視する傾向が強くなってきている。変わりつつある中国消費者の心をつかみ続けられるかが、連続最高益達成のカギとなる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29261690R10C18A4000000/

『生きている会社、死んでいる会社』 遠藤功/著 東洋経済新報社 2018年発行

はじめに より

代謝なくして創造なし――。

「生きている会社」になろうと思えば、思い切った代謝が不可欠なのである。

もちろん、日本にも「生きている会社」がないわけではない。

私のまわりにも、会社の規模や歴史にかかわらず、上手に代謝しながら、生気に満ち溢れ、躍動し、創造しつづける会社は存在する。

途上国から世界に通用するブランドをつくる。」という理念を掲げ、新しい会社のあり方を模索しているマザーハウスは、「生きている会社」の代表例だ。

バングラデシュネパールなどの途上国で高品質のバッグやストール、ジュエリーを生産して日本、台湾香港で販売し、着実に成長している。ハードルの高いビジネスモデルをあえて選択し、ほとばしる情熱でいくつもの壁を乗り越えている。

まだまだ小さな会社だが、グーグルアマゾンなどとは異なる新しい息吹を私は感じている。会社としては小粒でも、やろうとしていることは、とてつもなく大きい。

マザーハウスのような若い会社ばかりではない。

MUJIブランドを世界で展開する良品計画は、連続で最高益を更新し、POEも17.7%ときわめて高水準である。

しかし、良品計画順風満帆ではなかった。過去においては業績が悪化し、赤字に転落したこともある。

創業当時の熱気や活力、勢いを失い、「死んでいる会社」へと転落した。そのどん底から這い上がり、「生きている会社」へと再生したのだ。

儲かっているから「生きている」のではない。「生きている会社」に変わることができたから、高水準の利益を上げているのだ。

第3の力 伝える力 より

良品計画の大ヒット商品「アロマディフューザー」誕生秘話

良品計画の大ヒット商品「アロマディフューザー」を開発したのは、同社の商品開発担当の女性課長Cさんだった。

さまざまなエッセンシャルオイル香り超音波振動拡散させて楽しむこの商品は、2008年に売り出すや大ヒット商品となった。

Cさんはこの商品以外にも化粧品など数々のヒット商品を手掛けたが、当初は「化粧品なんて無印良品らしくない」という否定的な声も社内には多かった。

Cさんは「無印良品らしい化粧品を開発すれば、必ずニーズがあるはずだ」と強く信じていた。

そこで、お客さまの声や要望を丹念に拾い集め、上層部を説得して回った。そして、「試しにやらせてください」と決断を迫った。

同時に、Cさんは店舗スタッフたちの理解と協力を得るために、店舗に足繁く出向き、店長やスタッフたちに新商品のコンセプトを熱く語った。

そうした地道な努力が実を結び、同社のヘルス&ピューティ部門は大きく飛躍した。