Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2018-07-06

じじぃの「脳でコントロールされている唾液の種類と量!雑学に強くなる本」

06:07

ガッテン! 2018年7月4日 【免疫力アップ&口臭予防!唾液パワー全開SP】 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=LLjnwL910oM

赤ちゃんのよだれ

ガッテン! 「免疫力アップ&口臭予防!唾液パワー全開SP」 2018年7月4日 NHK

【司会】立川志の輔小野文恵 【ゲスト】高橋英樹はしのえみ指原莉乃

ストレスを感じると一時的に減ってしまう唾液ですが、ストレスの原因が取り除かれると、唾液の量は元に戻ります。しかし近年、ストレスの原因がなくなっても、唾液の量が元に戻らないという人が増えています。「ドライマウス」と呼ばれ、患者数は推定800万人といわれています。

ドライマウスになる原因は、降圧剤などの薬の副作用口呼吸、唾液腺自体に障害が出るシェーグレン症候群という病気などがありますが、これらに当てはまらない患者さんも多くいます。近年その原因ではないかと新たに注目されているのが「脳」です。 最初は何かのストレスを受けて唾液量が減ります。しかしそのストレスが長期化するなどの原因で、脳が、ストレスを感じやすい“ストレス脳”に変化。すると「口の乾き」自体もストレスと感じるようになり、元のストレスが取り除かれても、延々と唾液の量が戻らなくなるのではないか、というのが仮説の一つです。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180704/index.html

『「雑学」に強くなる本―読んでびっくり!知って得する!』 A・レオクム/著、竹内均/訳 三笠書房 1998年発行

リンゴを食べたときとクラッカーを食べたときでは、出る唾液の種類が違う? より

今、ここでレモンを食べようとしている自分を想像してみよう。口中に唾液が流れ出してきたのではないだろうか。

これは唾液腺の面白い一面である。唾液は機械的に分泌されるのではなく、脳でコントロールされて機能するのだ。唾液腺は3対ある。耳の下、舌の裏、そして下アゴの下である。

唾液腺から分泌される唾液は、自動的にその場にふさわしい量と質になる。水分の多い食事を摂る動物にはほとんど唾液は出ない。

また、魚には唾液腺がない一方、穀物を好む鳥の唾液腺はよく発達している。

牛が新しい食事をするときに出る唾液の量は、約20リットルにも上る。

人間のいちばん大きな唾液腺では、一生のうちに約2500リットルの唾液を分泌する。

人間の各唾液腺はおのおの独特の働きをしている。耳の下にある耳下腺は唾液腺の中で最も大きく、サラサラとした水のような唾液を大量に分泌する。この唾液の主たる目的は、食物をよく薄め、湿らせることである。

アゴのそばの腺は異なる種類の唾液を分泌する。食物を”滑りやすく”する唾液である。

これら2つの唾液腺は、摂取した食物によって分泌状態が決まることが多い。

果汁の多いリンゴをかじったときには湿らせる必要がないので、下アゴの腺は作用しない。

しかし、パリパリしたクラッカーであれば、耳下腺の出番であり、水のような唾液が大量に分泌される。

人間の唾液にはアミラーゼと呼ばれる酵素が含まれている。この酵素デンプンに作用して分子をデキストリンに分裂させ、麦芽糖にする。

--------------

どうでもいい、じじぃの日記。

7月4日、NHK ガッテン! 「免疫力アップ&口臭予防!唾液パワー全開SP」を観た。

レモンを食べようとすると、口中に唾液が溜まる。

唾液の種類と量は、脳がコントロールしているのだそうだ。

ストレスは、唾液の分泌に大きく影響し、ストレスが続くと「ドライマウス」状態になりやすい。

ストレスが解けたら唾液の量も元に戻るかと思うと、元に戻らない人も多いのだとか。

この頃、やたらと喉に痰がからむようになった。

不思議に、起きている間は咳が出るのに、寝ている間に咳き込むことはない。

ドライマウスは、何かに没頭して気をそらすことで改善されるのだそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cool-hira/20180706/1530824837