Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2018-12-16

じじぃの「科学・芸術_696_ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』」

06:03

PHILOSOPHY - Ludwig Wittgenstein 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=pQ33gAyhg2c

言語ゲームとは コトバンク

言語哲学ウィトゲンシュタイン用語。彼は言語を、「命令する」「演劇をする」「ジョークを作って話す」などの、もろもろの活動に織り合わされたものとして考察した。

このような言語を伴った諸活動が、言語ゲームと呼ばれる(『哲学探究1953年)。そこには「言語に先立って個人の内的感覚や客観的事実があらかじめ存在しており、言語はそれを写し取る道具である」とする古典的な言語観を解体しようとする意図がある。言語が客観的事実を描写するとしても、それは単に事態を写すのではなく、例えば火事を知らせる場合のように、自己や他者に対するなんらかの活動なのである。第2に、言語による表現は、人々の間に共有されたルールにもとづくものとされる。個人の内的感覚でさえも、そうしたルールにもとづいてはじめて表現され理解されうる。第3に、ルールはたまたま成立している慣習的なものにすぎず、絶対のルールなど存在しないとされる。例えば真偽を判断する際も、なんらかの慣習的なルールにもとづいて行われる以外になく、絶対的な判断基準などは存在しない。こうして言語ゲームの考え方は、相対主義的なニュアンスを強く帯びることになった。現在では言語ゲームは、社会学上の用語としても広く用いられている。例えば、学校や家庭やもろもろの宗教などを、それぞれ異なったルールをもつ言語ゲームと見なし、それぞれの特質を分析することができるからである。

----------------

『冒頭を読む 世界の名著世界の名著101』 熊木信太郎/編訳 論創社 2018年発行

論理哲学論考 ルートヴィヒ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン(1889〜1951) より

オーストリア出身の哲学者。のちケンブリッジ大学教授となり、イギリス国籍を取得した。20世紀の言語哲学分析哲学に大きな影響を与える。『論理哲学論考』(1922)は生前に出版された唯一の哲学書

 世界は成立している一切の事柄である。

1.1 世界は事実の総体であって、事物の総体ではない。

1.11 世界は所事実によって、そしてそれらが一切の事実であることによって、規定されている。

1.12 と言うのも、事実の総体は、成立している事柄を規定するとともに、成立していない一切の事柄をも規定するからである。

1.13 論理空間の中にある諸事実こそ世界である。

1.2 世界は諸事実に分解される。

1.21 他の一切の事柄が同じなまま、ある事柄が成立することも、あるいは成立しないこともあり得る。

 成立している事柄、つまり事実とは、諸事態の成立である。

2.01 事態とは、諸対象(実体、事物)の結合である。

2.011 事態の構成要素になり得ることは、事物にとって本質的である。

2.012 論理においては、何1つ偶然ではない。ある事物がある事態の中で生じ得るならば、その事態の可能性はすでにその事物のうちに先決されていなければならない。

2.0121 単独で存在し得る事物があり、その後それに対してある状況が適合するならば、その適合はいわば偶然のように立ち現われるだろう。

  事物が諸事態の中で生じ得るならば、その可能性はそれら事物のうちに初めから存在していなければならない(論理的なものは、単なる可能性ではあり得ない。論理は一切の可能性を扱い、一切の可能性は論理においての事実である。

  およそ空間から離れて空間的対象を考えることはできず、時間から離れて時間的対象を考えることはできないように、他の対象との結合可能性から離れては一切の対象を考えることができない。

  もし私が、ある事態の文脈の中である対象を考えることができるならば、その文脈の可能性から離れてその対象を考えることはできない。

2.0122 事物が自立的であるのは、それがすべての可能な状況において生じる場合に限ってである。しかし、こうした形態の自立性は、その事態との連関の形式であり、また非自立性の形態なのである(同じ言葉が、単独で現われたり命題の中で現われたりといったように、2つの異なる仕方で現われることはあり得ない)。

2.0123 私が1つの対象を知っているとするならば、それが諸事態の中で生じるすべての可能性をも知っている(一切のこうした可能性は、その対象の本質に存していなければならない)。

  あらたな可能性が後から発見されることはあり得ない。

2.01231 ある対象を知るために、私はその外的性質でなく、すべての内的性質を知らなければならない。

2.0124 すべての対象が与えられるならば、同時にすべての可能な事態も与えられる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cool-hira/20181216/1544907822