Hatena::ブログ(Diary)

TECH LOG RSSフィード

2009-01-30

[]SDKのインストール (3)

以下の文章はこちらを参考に翻訳したものです。

-------------------------------------------------------------

Eclipse Plugin(ADT)のインストール

Androidアプリケーションの開発環境としてEclipse IDEを利用する場合には、Androidプロジェクトやツールを統合的にサポートするAndroid Development Tools (ADT)と呼ばれるカスタムプラグインをインストールします。ADTプラグインはAndroidアプリケーションの構築・実行・デバッグをより速く、より簡単にする強力な拡張が豊富になされています。

Eclipse IDEを利用しない場合には、ADTプラグインのダウンロードやインストールをする必要はありません。

ADTプラグインをダウンロードし、インストールするために、Eclipseのバージョンごとに下記のステップを実行してください。


Eclipse 3.3 (Europa)

1. Eclipseを起動し、ヘルプ(Help) > ソフトウェア(Software) > 更新(Updates) > 検索とインストール(Find and Install…)を選択。

2. 起動したダイアログ上で、新しくインストールするプラグインを検索(Search for new features to install)を選択し、次へ(Next)をクリック

3. 新しいリモートサイト(New Remote Site)をクリック

4. 結果ダイアログで、リモートサイトの名前(例: Android Plugin)と次のURLを入力してOKをクリックhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

5. 検索リスト(search list)に追加された新しいサイトを確認し(チェックし)、完了(Finish)をクリック

6. 検索結果のダイアログで、Androidプラグイン > 開発ツール(Developer Tools)を選択。これにより”Android 開発ツール”と”Android Editors”の両方の機能にチェックしたことになる。Android Editorsはオプションだが、推奨機能となっている。インストールする場合には、本ページで前述したWSTプラグインが必要になる。次へ(Next)をクリック

7. ライセンス同意事項を読み、ライセンス事項に同意する(Accept terms of the license agreement)を選択して、次へ(Next)をクリック

8. ADTプラグインは署名されていないため、すべてインストール(Install All)をクリックして、全インストールを承認する。

9. Eclipseを再起動。


Eclipse 3.4 (Ganymede)

1. Eclipseを起動し、ヘルプ(Help) > ソフトウェア更新(Software Updates)をクリック

2. 起動したダイアログ上の「使用可能なソフトウェア(Available Software)」タブをクリック

3. 「サイトの追加(Add Site)」ボタンクリック

4. ロケーションにhttps://dl-ssl.google.com/android/eclipse/入力して、OKをクリック

5. 使用可能なソフトウェア画面に戻り、プラグインを確認する。Developer Toolsの隣のチェックボックスを選択し、インストール(Install)をクリック

6. その後、インストールウィンドウで、”Android 開発ツール(Developer Tools)”と”Android Editors”の両方をチェックする。Android Editorsはオプションだが、推奨機能となっている。インストールする場合には、本ページで前述したWSTプラグインが必要になる。最後に完了(Finish)をクリック

7. Eclipseを再起動。


ADTインストールのトラブルシューティング

上記のステップを実行して、ADTプラグインのダウンロードで問題が発生した場合には、以下の対策を検討してください。

  • ステップ4で、URLをhttpsではなく、httpに変更してみる。
  • (会社などで)ファイアウォールの内側からアクセスする場合、Eclipseのプロキシ設定が適切に設定されているか確認してください。Eclipse3.3/3.4では、以下のEclipseメニューからプロキシ情報を設定することができます。

ウィンドウMacの場合はEclipse) > 設定 > 一般 > ネットワーク接続

それでもEclipseからADTプラグインをダウンロードできない場合には、次のステップに従ってダウンロードを行い、プラグインをインストールしてください。

1. ADT zipファイルをダウンロード。 http://code.google.com/android/adt_download.html

2. 上記のデフォルトインストールガイドステップ1と2を実行。

3. Eclipse3.3では新しいアーカイブサイト(New Archive Site)、Eclipse3.4ではサイトの追加(Add Site)でアーカイブ(Archive)をクリック

4. ダウンロードしたzipファイルを選択。

5. 上記のステップ5から残りの手順を実行。

ADTの“Android Editors”機能は複数のEclipseコンポーネントオプション(例えばWSTなど)が前提となっていることに注意してください。もしADTのインストール中にエラーが発生した場合、Eclipseのインストール時にそれらのコンポーネントを含めなかった可能性があります。Eclipseインストールで必要なコンポーネントを素早く追加する方法に関しては、トラブルシューティングトピックである「ADTインストールエラー:org.eclipse.wst.see.ui プラグインが必要です(requires plug-in org.eclipse.wst.see.ui)」を参照してください。

-------------------------------------------------------------

翻訳していて、Eclipseの日本語化をしていないことに気づきました。

1. http://mergedoc.sourceforge.jp/に移動。

2. “Pleiades 本体ダウンロード”の安定版1.2.3をクリックして、ダウンロード。

3. ダウンロードしたファイル解凍し、featuresフォルダとpluginフォルダを<ECLIPSE_HOME>内に上書き。

4. <ECLIPSE_HOME>のeclipse.iniファイルの最終行に以下を追加すれば、完了。

“-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar”


さて、では本題のADTプラグインのインストールに移ります。Eclipse 3.4 (Ganymede)の手順どおりに実行していたところ、4番目のロケーションの入力で以下のエラーが出てしまいました。なぜ!?

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/のリポジトリーが見つかりません。」

そこで、トラブルシューティングにあるとおり、URLのhttpsをhttpに変更したところ、エラーが出なくなりました。良かった。

手順に従って残りを実行すればADTのインストール完了です。


Android翻訳目次へ

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/coolblue/20090130/p1
Connection: close