Hatena::ブログ(Diary)

TECH LOG RSSフィード

2009-03-23

[]メモ帳チュートリアル

Android 1.0とほとんど変わっていませんでした。

原文: http://developer.android.com/guide/tutorials/notepad/index.html

--------------------------------------------------------

本チュートリアルでは、実際に手を動かしてメモ帳アプリケーションを開発しながら、Androidフレームワークの理解を深めていきます。Androidフレームワーク上のアプリケーションをビルドするツールについても併せて学習します。プロジェクト未作成の状態からスタートし、シンプルメモ帳アプリケーションを開発する過程をご紹介します。その際、プロジェクトのセットアップ方法、アプリケーションロジックユーザインターフェースの開発方法、アプリケーションのコンパイルや実行方法についても具体例とともに解説していきます。

本チュートリアルでは、メモ帳アプリケーションの開発過程をいくつかのエクササイズに分割しています(詳細は下記を参照)。各エクササイズは複数のステップから成り立っています。各エクササイズステップに従って進めていけば、徐々にアプリケーションが構築され、洗練されていくでしょう。エクササイズの各ステップは詳細に解説されており、アプリケーションを完成するための全ソースコードも提供しています。

チュートリアルを終わらせた頃には、正常に動作するAndroidアプリケーションが完成し、Android開発で重要な多くの考え方を体得しているはずです。さらに複雑な機能をアプリケーションに追加したければ、サンプルコードドキュメントメモ帳アプリケーションにある別の実装方法を参考にすることもできます。

本チュートリアルの対象読者

本チュートリアルは開発経験者、特にJava言語の知識を持っている方を対象にしています。Javaアプリケーションを実装したことがない方でも、本チュートリアルを進めることできますが、進むペースが落ちてしまうかもしれません。

本チュートリアルは、AndroidプラグインがインストールされたEclipse開発環境使用しています。Eclipseを使わなくてもエクササイズに従ってアプリケーションを構築することはできますが、Eclipse特有のステップに対してご自身の環境ではどのように実行すれば良いのかを知っておく必要があります。

エクササイズの準備

本チュートリアルは、Androidアプリケーションの基本的な考え方と専門用語を理解していることが前提となります。先に進む前に「アプリケーションの基礎」を読んでおくことをお勧めします。

また、本チュートリアルは”Hello World”で提供されている基礎的な知識の上に構成されています。”Hello World”には、Androidアプリケーションの構築に必要なEclipse開発環境のセットアップについて解説されていますので、本チュートリアルを読む前に読んでおくことをお勧めします。

本章で準備すること

1. project exercises archive (.zip)のダウンロード

2. アーカイブファイル解凍して、マシンの任意の位置に配置

3. NotepadCodeLabフォルダを開く

NotepadCodeLabフォルダ中には、6つのプロジェクトファイルがあります(Notepadv1, Notepadv2, Notepadv3, Notepadv1Solution, Notepadv2Solution, Notepadv3Solution)。Notepadv#は各エクササイズスタート時点のプロジェクトです。Notepadv#Solutionはエクササイズの結果出来上がるプロジェクトです。もしエクササイズ実行中に問題が発生した場合には、Notepadv#Solutionと作業中のプロジェクトとを比較してみてください。

エクササイズ

以下のテーブルには、チュートリアルの各エクササイズカバーする開発範囲が示されています。各エクササイズは前のエクササイズが完了していることが前提となっています。

Ex1 ここがスタートです。簡単なメモリストを作って新規メモを追加できるようにします。ただし、編集はまだできません。ListActivityの基礎とメニューオプションの作成や処理について実際に手を動かしながら学ぶことができます。メモを保存するためにSQLite databaseを使います。
Ex2 アプリケーションに2個目のActivityを追加し、新規Activityの構築、Androidマニフェストの追記、Activity間のデータの受け渡し、より高度な画面レイアウトの使用についてデモを行います。また、startActivityForResult()を使用して別のActivityを呼び出し、結果を返す方法についても解説します。
Ex3 アプリケーションにライフサイクルイベントの処理を追加し、ライフサイクルを通してアプリケーションの状態を保持します。
補足 Eclipseデバッガの使い方と、生成されるライフサイクルイベントをデバッガで参照するデモを行います。本セクションは必須ではありませんが、一読することを強くお勧めします。

その他参考資料

  • チュートリアルでカバーしていない概念を浅く広く紹介した資料として、「Android共通タスク」を参照してください。
  • Android SDKには完全に動作するサンプルアプリケーションが多数含まれており、さらに学習したい方にとっては最高の教材となるでしょう。サンプルアプリケーションはダウンロードしたSDKのsamples/か、本ドキュメントのサンプルコードのセクションで参照することができます。
  • 本チュートリアルはSDKのsamples/に含まれるメモ帳アプリケーションの一部を抽出したものであり、完全に同じものではありません。チュートリアル完了後、samples/にあるメモ帳アプリケーションを読み解いてみることを強くお勧めします。チュートリアルで作成したアプリケーションにはなかった、以下のような興味深い点が数多くあります。

-------------------------------------------------------------


Android翻訳目次へ

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/coolblue/20090323/p1
Connection: close