ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Copy & Copyright Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権保護期間の70年延長に反対
2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 02 | 07 | 08 | 09 |
2016 | 04 |

2016-04-05

「夢の図書館」の著作権への対応

八王子に科学技術雑誌集めた「夢の図書館」 6月のグランドオープンに向け準備着々 - 八王子経済新聞

http://hachioji.keizai.biz/headline/2062/

この記事をブクマしたところ、twitterで次のような反応をいただいた。

自分も少し気になってはいたので、ちょっとだけ調べるために、この「夢の図書館」のサイトを見てみた。

夢の図書館 公式サイト 100 年分の技術雑誌を未来に伝える

http://www.gijyutu-shounen.co.jp/Library/index.html

このサイトの「利用方法」の所を見てみると、どのようなサービスを行って、どのように対応しているのかが分かった。

夢の図書館 利用方法

http://www.gijyutu-shounen.co.jp/Library/usage/index.html

著作権に関連しそうな所をピックアップすると、次の箇所がそれにあたる。

  • 雑誌の蔵書は貴重品ですので基本的に館内閲覧のみです。
  • 書籍に関しては1985年以降に出版された技術書籍で貸出可の書籍のみ貸出を行います。(往復送料が必要)
  • コピーサービスに関しては出版社が加盟する複写権管理団体から許可をいただいた雑誌を対象に行います。(有料・準備中)
  • 発行から50年以上経過した法人著作物著作権時効消滅している蔵書のコピーサービスを行います。(有料・準備中)
  • 会員の方にはコピー指示をオンラインで受付して宅配便でお送りする宅配コピーサービスを提供します。(有料・準備中)
夢の図書館 利用方法

「夢の図書館」の行うサービスと著作権の関係

「夢の図書館」が行うサービスで、著作権に関わりそうなものは、閲覧と貸出とコピー。

それについて、検討してみる。

閲覧サービス

まず、閲覧については、著作権は全く及ばないサービスなので、問題は無い。

展示権という支分権はあるけど、それが及ぶのは美術の著作物と未発行の写真の著作物の原作品に限られているので、雑誌や書籍には及ばない。

だから、閲覧させるサービスを行う上で著作権者の許諾は不要だ。

コピーサービス

一つ飛ばして、コピーについては、許可を得たものと著作権が消滅しているものに限定しているので、これも全く問題は無い。

貸出サービス

最後に貸出。

これには貸与権という支分権が及んでくる。

ただし、貸与権には権利制限規定があり、非営利かつ無料の貸与には、貸与権は及ばない。

公共図書館の貸出サービスも、図書館が行う貸出だから許諾無しで行えるのでは無く、非営利かつ無料の貸与だから許諾無しで行えるのだ。

貸出サービスを行う上で、「図書館」であるか否かは考慮する必要は無い。

では、この「夢の図書館」が行う貸出サービスが、非営利かつ無料の貸与に該当するのだろうか。

私は、このサイトの記述を読む限りにおいては該当すると判断する。

その判断基準政府の見解に基づくものである。

その政府の見解とは次のもの。

衆議院議員川内博史君外一名提出今国会提出の著作権法の一部を改正する法律案に於ける暫定措置廃止後の法律の運用に関する質問に対する答弁書

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b159096.htm

この答弁書では「無料」の判断となる「料金」ついて次のように述べている。

当該対価が、書籍又は雑誌の貸与に対する対価という性格を有するものではなく、これらの施設の一般的な運営費や維持費に充てるための利用料であると認められる場合には、著作権法(昭和四十五年法律第四十八号。以下「法」という。)第三十八条第四項に規定する「料金」に該当しないものと解される。

衆議院議員川内博史君外一名提出今国会提出の著作権法の一部を改正する法律案に於ける暫定措置廃止後の法律の運用に関する質問に対する答弁書

「夢の図書館」は会費制で、年会費の支払いが必要で、さらに閲覧には「1日利用券」が必要とのこと。

しかし、貸出サービスの利用には「往復送料が必要」と書かれているが、貸出サービスのための料金については記載されていない。

このことから考えると、「夢の図書館」の会費は「これらの施設

の一般的な運営費や維持費に充てるための利用料」と認められる可能性が高いと私は考えます。

また「営利」についての政府見解は以下の通り。

法第三十八条第四項に規定する「営利」とは、業としてその貸与行為自体から直接的に利益を得る場合又はその貸与行為が間接的に何らかの形で貸与を行う者の利益に具体的に寄与するものと認められる場合をいうものと解される。

衆議院議員川内博史君外一名提出今国会提出の著作権法の一部を改正する法律案に於ける暫定措置廃止後の法律の運用に関する質問に対する答弁書

一番問題になるのはこの「営利」の解釈だろう。

「夢の図書館」の運営主体株式会社技術少年出版。

夢の図書館 運営会社案内

http://www.gijyutu-shounen.co.jp/Library/company/index.html

この株式会社技術少年出版が、貸出サービス自体から直接的に利益を得ているとは見なされないとは思うが、間接的に何らかの形で、株式会社技術少年出版の利益に具体的に寄与すると認められるか否かは、慎重に検討する必要があると思う。

上記の頁に記載されている事業内容は、「夢の図書館」の運営に加え次のものが挙げられている。

夢の図書館 運営会社案内

「夢の図書館」が貸出サービスを行うことが、上記事業からの利益に「具体的に寄与」するのだろうか。

「具体的に寄与」すると判断されれば、「営利」目的と判断され、貸与権が及んでしまうが、「具体的に寄与」していないと判断されれば「営利」を目的としているとは判断されず、貸与権は及ばない。

この判断は相当むずかしいので、断定的なことは言えない。

でも、貸出対象が「1985年以降に出版された技術書籍」に限定されていることを考慮すると、私は、利益に「具体的に寄与」しているとまでは言えないのではないかと思います。

そして、そう判断されることを望んでいます。

2015-09-08

神奈川県立川崎図書館の「タモリ倶楽部」登場のアピール

先日書いたこのエントリ。

タモリ倶楽部」に神奈川県立川図書館の社史室が登場するらしい! - Copy & Copyright Diary

http://d.hatena.ne.jp/copyright/20150826/p1

神奈川県図書館が「タモリ倶楽部」に登場する件、神奈川県図書館・県立川図書館Twitterでもアナウンスがされています。

本日、所用で県立川図書館に行ったのですが、外見でびっくりしました。

窓を使ってタモリ倶楽部登場のアピールをしていたのです。

f:id:copyright:20150908231546j:image

f:id:copyright:20150908231547j:image

さらに、館内ではビラとポスターでアピールしていました。

これはビラの画像。

f:id:copyright:20150908223858j:image

ビラはともかく、窓を使ってのアピールには驚きました。

タモリ倶楽部を通じて、神奈川県立川図書館の魅力を1人でも多くの人に伝えられればと思います。

神奈川県立川図書館ホームページ

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/index.html

2015-08-27

県立図書館の重要な役割

司書の出番 » 県民公開講座図書館ネットワークの舞台裏」を開催しました

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/recommend/?p=3422

県立図書館というのは、県民に対する直接サービスに加えて、県内の市町村図書館に対するサービス(間接サービス)というのも、同じように重要なものだと思います。

神奈川県はその先駆け的存在で、KL-NETと言う仕組みを構築している。

図書館ネットワーク神奈川県立の図書館

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/common/network.htm

そして

現在では年間13万冊もの本がこのシステムを用いて県内図書館同士で貸出され、県民の皆様へと提供されています。

司書の出番 » 県民公開講座「図書館ネットワークの舞台裏」を開催しました

とのことです。

県立図書館の存在意義というのは、特に市町村立の図書館サービスが充実している地域においては、なかなか理解されにくいのかもしれませんが、このような間接サービスを行っていることは、もっともっとアピールする必要があるのかもしれません。

ただ、県立図書館は間接サービスだけを行っていれば良いというのは、それはそれで違うのでは無いかと思います。

直接サービスと間接サービスの両方が充実しているの県立図書館を、私は望みたいと思います。

2015-08-26

「タモリ倶楽部」に神奈川県立川崎図書館の社史室が登場するらしい!

神奈川県立川図書館の社史室情報誌「社楽」の45号に記載されていました。

【速報】「タモリ倶楽部」で当館の社史を紹介!

テレビ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系列)で、社史が取り上げられます。

立川図書館に来館したタモリさんら一同に、特色ある社史を紹介しました。

テレビ朝日での放送は9月中旬の予定です。お楽しみに!

社楽45号(PDFファイル:284KB)

タモリが社史にどのように反応するのか、放送がすごい楽しみです。

なお、県立川図書館社史室の高田さんが東洋経済オンラインで「社史の図書館から」という連載をされています。

興味のある方は、こちらもご一読ください。

社史の図書館から | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

http://toyokeizai.net/category/288


神奈川県立川図書館ホームページ

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/index.html

新たに社史を刊行された皆様にご寄贈のお願い(神奈川県立川図書館

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/osirase08008.htm

2015-08-03

開かれたワーキングチーム

現在行われている文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会でワーキングチームが設置されることになったようだ。

まだ議事録は公開されていないが、7月24日に開催された文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会(第2回)の配付資料に記されていた。

文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会(第2回)議事次第|文化庁

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoki/h27_02/

資料1ワーキングチームの設置について(案)(45KB)

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoki/h27_02/pdf/shiryo1.pdf

設置されるのは「新たな時代のニーズに的確に対応した制度等の整備に関するワーキングチーム」。

検討課題は

(1)新たな時代のニーズに的確に対応した権利制限規定やライセンシング体制等の在り方について

(2)その他

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoki/h27_02/pdf/shiryo1.pdf

正直これだけでは具体的にどのような検討がなされるのかイメージできないが、でもこのワーキングチームには一つ期待できることがある。

それは、ワーキングチームの議事が公開されることだ。

これまで文化審議会著作権分科会の各小委員会に設置されていたワーキングチームは、非公開のものだった。

傍聴は不可で、議事も要旨しか公表されず、どのような議論がなされているかはほとんど分からなかった。

このブログでも、過去にその点を批判してきた。

ワーキングチームという密室 - Copy & Copyright Diary

http://d.hatena.ne.jp/copyright/20101001/p1

パロディについての検討がワーキングチームという密室の中で始まった - Copy & Copyright Diary

http://d.hatena.ne.jp/copyright/20120724/p1

でも、今回のワーキングチームは違う。「ワーキングチームの設置について(案)」にはこのように記されている。

(議事の公開について)

3 ワーキングチームの議事の公開については、「文化審議会著作権分科会の議事の公開について(平成22年2月15日文化審議会著作権分科会決定)」に準じて行うものとする。

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoki/h27_02/pdf/shiryo1.pdf

この「文化審議会著作権分科会の議事の公開について(平成22年2月15日文化審議会著作権分科会決定)」も参考資料として掲載されているが、現在の文化審議会著作権分科会及び各小委員会はこの決定に基づき公開されているので、傍聴は可能だし、議事録も発言者名も含めて公開されることになる。

文化審議会著作権分科会の議事の公開について

(平成二十二年二月十五日文化審議会著作権分科会決定)

ワーキングチームで方向性が決められて、小委員会ではそれを追認すると言う流れができていただけに、ワーキングチームが公開されるのはとても大きい。

文化庁の今回の動きを私は評価する。

追記

平成25年に設置された「著作物等の適切な保護と利用・流通に関するワーキングチーム」でも議事は公開されていたとの指摘をいただきました。

著作物等の適切な保護と利用・流通に関するワーキングチーム|文化庁

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoseikihon/

確かに詳細な議事録が公開されていました。

著作物等の適切な保護と利用・流通に関するワーキングチーム(第1回)議事次第|文化庁

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoseikihon/h25_hogo_01/index.html

(第2回)議事次第|文化庁

http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/hoseikihon/h25_hogo_02/index.html

ご指摘ありがとうございます。