ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Copy & Copyright Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権保護期間の70年延長に反対
2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 02 | 07 | 08 | 09 |
2016 | 04 | 06 | 07 | 08 |

2006-04-26

村上隆氏と横尾忠則氏

著作権侵害:キャラクター巡り村上隆さんとナルミヤ和解−話題:MSN毎日インタラクティブ

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060425k0000m040115000c.html

この記事を読んで1年ほど前のニュースを思い出した。

「パクリ・盗作」スキャンダル読本 別冊宝島 1257でも取り上げられているが、横尾忠則氏が資生堂のCMに抗議をして放送が中止になったというニュースだ。

Wikipedia横尾忠則氏の項目にも記載されている。

横尾忠則 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B0%BE%E5%BF%A0%E5%89%87

横尾氏も村上氏も、自分の作品を模倣されたとして、企業を相手に戦い、自分の要求を通している。

両氏とも自分の作品を守るために戦ったと言えるが、果たして、両氏が主張するように、「模倣」されたものかどうかは、私には判断できない。

村上氏の今回の事例については、下記で村上氏のキャラクターとナルミヤのキャラクターが掲載されているので、見比べて欲しい。

村上隆訴訟提起した著作権侵害事件の和解による終了について | 活動レポート | カイカイキキ : アート作品制作・マネジメント : Kaikai Kiki Co.,Ltd.

http://www.kaikaikiki.co.jp/news/list/murakamis_lawsuit/

それから注意したいのは、横尾氏や村上氏はビッグネームであると言うこと。

この2つのケースは当事者間の間で決着したのだが、両氏のような著名で社会的に影響力の大きい人だからこそ、自分の要求を通すことができたのではないかと思う。当事者間での決着では、力関係や社会的影響力などによって決着内容は大きく変わってくる。

横尾氏や村上氏のようなビッグネームではない、無名アーチストの権利が大企業によって本当に侵害された場合、今回のようにアーチスト側に有利な形で和解できるのだろうか。

今回の和解は裁判所の勧告に従った物だが、むしろ「判例」という形で今後の基準を示して欲しかったと思う。

JustinJustin 2006/04/30 21:02 Justinです。トラックバックさせて頂きました。
「横尾氏や村上氏のようなビッグネームではない、無名アーチストの権利が大企業によって本当に侵害された場合、今回のようにアーチスト側に有利な形で和解できるのだろうか。」について私も同じような危惧をいだいております。
具体的には、東京地裁平成12年8月29日判決(平成12年(ワ)第4632号)とその控訴審である東京高裁平成13年1月23日判決(平成12年(ネ)第4735号)と比較すると、その危惧は一層強くなります。
この事件は、個人のイラストレーターがサンリオを訴えた事件ですが、村上氏の訴訟と比較して無名のイラストレーターに不利な内容になっているような気がします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証