ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Copy & Copyright Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権保護期間の70年延長に反対
2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 02 | 07 | 08 | 09 |
2016 | 04 | 06 | 07 | 08 |

2006-11-22

仕組みを作り、機能させるのが先決

貸与権管理センターの状況を見ていると、権利を強化したり・拡大する前に、まず仕組みを作って機能させることを先にしなければならない、ということがよく分かる。

国民会議のサイトの「保護期間延長「賛成」「反対」それぞれのワケ」で「利用の促進をめぐって」の中に、関連する項目がある。

延長賛成派は

利用の許諾がとりにくい点は、一括の許諾システムやデータベースの整備に取り組む。法制度を見直して、公共性の高いものは(許諾は必要ないが使用料を支払う)補償金制度への移行も検討すべきだろう。

延長反対派は

海外作品も含めた「一括の許諾システム」や「補償金制度への移行」は、現実にいつ実現するのか。漠然とした目標と引き換えに期間延長するのはおかしい。

と述べている。

貸与権管理センターの状況を考えれば、反対派の意見の方が納得できる。

仮に著作権保護期間を延長するとしても、その前に「一括の許諾システム」を作ってそれが機能し、「補償金制度への移行」が完了してからだ。

そうでないと、貸与権の二の舞、権利だけできて、許諾体制が機能しない、という状況になってしまう。

2年前の法改正で何が起きたのか、著作権延長問題の議論をする際には、目の前で起きていることを、しっかりと踏まえた上で行って欲しい。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/copyright/20061122/p2