ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Copy & Copyright Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権保護期間の70年延長に反対
2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 02 | 07 | 08 | 09 |
2016 | 04 | 06 | 07 | 08 |

2007-09-20

本は買って読むべきか?

はてブ経由で知ったエントリ。

5号館のつぶやき : 本を所有することの科学的意義

http://shinka3.exblog.jp/6933571/

大学教員の日常・非日常:本は手元におくべきか?

http://blog.livedoor.jp/yahata127/archives/51732023.html

この2つのエントリを読んで、前から書こうと思っていたことを書かせていただく。


いわゆる「読書家」と自称している人たちの中で時々、「本は買って読むべきだ」と言うようなことを言う人がいる。

5号館のつぶやきさんのエントリでは、林望氏が同様のことを述べていることを紹介しているし、三田誠広氏もあの迷著図書館への私の提言 (図書館の現場)の中で、同様のことを述べていたように記憶している。


私に言わせれば、「本は買って読むべきだ」と言える人は幸せな人だと思う。

自分の興味が、読書欲が、自分が買える範囲の中で満たされるのだから。


私も、どちらかというと本はたくさん買っている方だと思う。

このブログでふれた本は、ほとんど自分で買っているし、thnk Cのメルマガで紹介している著作権のお勧め本も、自分が買って読んだ本の中から選んでいる。

でも、自分が読みたいと思う本、文献の全てを買っているわけではない。

仕事関連の文献は、会社の図書室を利用しているし、著作権関連・図書館関連の雑誌文献は、図書館を利用することも多い。その他にも色々なルートで入手することもある。

自分で買わない理由は2つ。

一つは金銭的な問題。

例えば、著作権情報センター発行の「月刊コピライト」は非売品で、著作権情報センターの賛助会員に配布している雑誌。賛助会員になるには、入会金2万円+年会費5万円かかります。「月刊コピライト」はとても参考になる文献が掲載されているので購読したいのだけど、初年度で7万円はさすがに払えません。*1「月刊コピライト」は職場のある横浜市図書館で所蔵しているので、そこを利用しています。

もう一つの理由は、非売品や絶版・在庫無しなど、市場では購入できないということ。

前述の「月刊コピライト」も非売品だし、図書館関係の団体が発行している雑誌は基本的に会員配布。また、著作権情報センターが過去に発行したレポートなどは市場で流通していない。

最近はそこまでの熱意は無いけど、学生の頃は絶版の小説を探して図書館古本屋を巡ったこともある。


再度言うが、「読みたい本は自分で買え」と言える人は、幸せな人だ。

自分の読みたい本が書店で購入できる本に限られていて、さらにそれを全部購入できるだけの経済力を持っている人、もしくは自分の興味や読書欲をその範囲内で納められることのできる人だからだ。

自分はそのどちらでもないので、図書館を利用している。

*1:学生や個人研究者は減額するらしいが、具体的な金額は不明

通りすがり通りすがり 2007/09/21 01:42 非売品や絶版でも普通に古本屋で買うという視点が論点から抜けてるのはどうしてでしょう?私もどちらかというと本を買うほうですが、専門的な論文や雑誌であれば、ちょっと本を買うか否かという視点からはずれるのでは?

cogacoga 2007/09/21 02:22 >いわゆる「読書家」と自称している人たちの中で時々、「本は買って読むべきだ」と言うようなことを言う人がいる。

この「読書家」の方々は本当に読みたい本というのは、大枚はたいても買うのだと思っているのだと思います。

そして、こういう「読書家」は、『仕事関連の文献』を「本」として見做していないのではないでしょうか。
ですから、文献の場合は、やはりネットや図書館を利用されていると思うのですが。
研究そのものを生業としている研究家の場合は、そのような文献も少々の無理をしてでも入手するものだと思いますが
(それでも、それらを読書するための本とは言えないと思いますけど)そもそもそういう研究家の為の文献保管を目的に存在するのが図書館だと思いますから、やはり購入せずに、図書館を利用しているのは無いでしょうか。

soigasoiga 2007/09/21 05:02 子どもの頃から「(お金がないから)買えない」「大きくなったときには)もう売ってない」本ばかりでしたよ。そんなトラウマがあるから買ってますが「古本でも買ったらいい」なんてのは古本屋が行動半径にあってその本が出まわっている人の話で、いま一番欲しい本はネット古書店でも出ません。新刊でも古本でも、図書館を使うのは必然だし、選択肢に上るのは当然と思います。そしてどう選択するかも自由な気がします。

swsw 2007/09/22 02:32 お金よりも、本を置くスペースの問題もありますよね。
置いたら置いたで、埃払ったり管理するためのコスト(金・時間・手間)が生じますし。
漫画喫茶やデジタル音楽の普及については、この点がかなり大きいんじゃないかと思います。

itochanitochan 2008/08/08 11:23 インターネットの図書館があるといいですよね。
「モノがないから」は解消されやすくなると思います。
無料は無理かもしれませんが。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証