ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Copy & Copyright Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

著作権保護期間の70年延長に反対
2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 06 | 08 | 11 |
2015 | 02 | 07 | 08 | 09 |
2016 | 04 | 06 |

2010-01-07

「無断引用」はやめて「盗用」か「剽窃」にしよう。

今日、2つのニュースについての報道で「無断引用」の文字が多く目につく。

国立研究所長が「無断引用」、海外の社会福祉論文 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100107-OYT1T00550.htm

国立研究所長が無断引用 社会福祉関係の論文で - 47NEWS(よんななニュース)

http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010701000428.html

無断引用:社会保障・人口問題研究所長が出典明記せずに - 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100108k0000m040072000c.html

論文無断引用の国立研究所長「盗用ではない」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100107-OYT1T01194.htm


我妻「民法」無断引用、大原学園のテキスト : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100107-OYT1T00712.htm

法律書「民法」を無断引用 遺族らが大原学園提訴 - 47NEWS(よんななニュース)

http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010701000761.html

無断引用:我妻氏「民法」を大原学園が教材に 遺族が提訴 - 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100108k0000m040063000c.html


いい加減、「無断引用」という語をこのような記事の見出しとして使うのはやめようよ。


著作権法における「引用」であれば、著作権者の許諾を無しに行うことができる。つまり「無断」で行っても全く問題ない。

「無断引用」は合法な行為であって、非難されるべき行為では全くない。


上記の記事の場合は「無断引用」ではなく、著作権法における「引用」にはあたらないから問題になっているのではないか。


このように述べると、著作権法の「引用」の定義には該当しない場合でも、一般的に「引用」という場合があるではないか、という反論が出てくるかもしれない。


それでも私は「無断引用」という言葉を、特に報道においては使うべきではないと思う。

「盗用」とか「剽窃」など、他にもっと的確な言葉があるのだから、それを使うべきだと思う。

また、「盗用」や「剽窃」の意味で「無断引用」という言葉を用いると、著作権法の「引用」に該当する行為、当然無断で行う「引用」が、あたかも違法であるような印象を与える事を懸念するからだ。


そもそも、1件めのニュースの国立研究所所長の件については、最初に独自調査に基づいて報じた朝日新聞は「盗用」という言葉を使っている。

asahi.com朝日新聞社):国立研究所長が論文盗用、使い回しも 社会福祉の権威 - 社会

http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201001060438.html

後追い報道が、最初の報道では使われていない「無断引用」という言葉をわざわざ使っているのは、どのような意図があるのだろうか?

著作権法において合法である「無断引用」を、違法であるかのような印象操作を行っているのではないかと疑いたくなる。



何度でも言うが、「無断引用」という言葉を報道において使うのはやめよう。

「盗用」や「剽窃」という言葉を使おう。

引用する極意 引用される極意

引用する極意 引用される極意

Q&A 引用・転載の実務と著作権法

Q&A 引用・転載の実務と著作権法

wen000wen000 2010/01/08 16:41 詳しくないですし調べてもないんですけど、こういうのって「メードカフェ」みたいに「こういう表記しようぜ」みたいな決まりがあったりするとか、そういうことはないんですかね?いやどちらにしても間違ってることには変わりないんですが。

はてなからきましたはてなからきました 2010/01/08 18:32 京極氏は記者会見し「結果的に無断引用といわれても仕方がない」と認めた。(http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010701000428.html)
記者会見に引きづられただけなんじゃないかな?

KG井上KG井上 2010/01/10 00:11 11月のARGカフェ以来ご無沙汰しています、KG井上です。こちらでは、初めまして。
いつもブログを楽しみに拝見しています。

「無断引用」という言葉を使ってはいけない、というご指摘は、その通りですね。正直、あまりそういったことも意識していませんでしたので、なるほどと思いました。

単なる感想だけなのですが、たまには足跡を、と。
ブログの更新、楽しみにしています。

声明送りつけられました声明送りつけられました 2010/01/31 02:19 関係者各位
2010年1月20日
国立社会保障・人口問題研究所 所長 京極 郄宣
朝日新聞報道に対する声明
1 報道内容
2010年1月7日朝日新聞朝刊31面において,「国立研究所長が盗用」との見出
しの下,私が1986年から87年に発表した「海外の社会福祉」と題する論文にお
いて,1986年に当時の国会図書館の調査員が作成した「フランスにおける社会福
祉の法制と行政組織」という論文をほぼ引き写した上,補助金等を受けていた198
7年と92年の研究事業の報告書にも上記調査員の論文を使い回した等の内容の記事
(以下「本件記事」といいます。)が掲載されました。
2 意見
しかしながら,上記の「フランスにおける社会福祉の法制と行政組織」(以下「本件
報告書」といいます。)は,私が旧厚生省社会局の専門官であった1985年当時
に,私を含む旧厚生省社会局庶務課が上記調査員を含む方々に対して,社会福祉の国
際比較の観点から,調査・作成を依頼したものであり,その後のさらなる社会福祉制
度の研究のために本件報告書の利用することについての許諾も得ていたものです。
もっとも,本件報告書は,フランスの行政制度を紹介するものでしたが,各国の社会
福祉制度との比較・分析の視点が必ずしも十分ではありませんでした。そこで,私
は,当時,厚生省社会局社会福祉専門官として,社会福祉制度の国際比較を行い,そ
の成果を啓蒙すべき立場にありましたので,1986年の論文において,上記許諾の
下に本件報告書の一部を利用した上,新たに各国の社会福祉制度の比較・分析を行っ
たものであり,本件報告書の「盗用」などと呼ばれる行為を行ったことはありませ
ん。
また,「使い回し」との記事についても,1987年,92年の各論文において,私
はその当時ごとの制度の改正についても調査・言及しているのであり,同じ内容を
「使い回し」た事実はありません。
上記事実を含め,私は,朝日新聞の取材に長時間にわたり真摯に対応し,「盗用」等
の事実がないことも説明しました。にもかかわらず,朝日新聞は,本件記事におい
て,あえて,本件報告書を報告書ではなく「論文」と表現し,また,「盗用」,「使
い回し」等の悪意のある表現を用いて,国内外の一般読者に対して,あたかも私が他
の研究者の独自の論文を勝手に使用して,自らの論文として発表した上,これを使い
回すことで不当に複数回の補助金を得たような印象を与えました。
このような行為は,研究者としての私の社会的評価を著しく低下させ,名誉・信用を
毀損するのみならず,私が所長を務める国立社会保障・人口問題研究所の存続基盤を
も揺るがしかねないものです。
3 本件に対する対応
本件経緯についてさらに調査をしておりますが,かかる事態を受けて,私は代理人弁
護士を通じて,本年1月15日付けで,株式会社朝日新聞社宛てに通告書を発送し,
本件記事が私の名誉・信用を毀損するものであること等を厳に指摘した上,今後の対
応についての回答を求めております。万一,同社から誠意ある回答がない場合には,
民事訴訟等の法的措置をも辞さない所存です。
関係者の皆様におかれましては,何卒ご理解を賜りますよう,宜しくお願い申し上げ
ます。
以上

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証