Hatena::ブログ(Diary)

ときどきレタリカ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-27 お父さま・・・。

[]『かつくら』ってとんかつ屋があるなぁ。

三浦しをん特集なので。

活字倶楽部 2006年 冬号

活字倶楽部 2006年 冬号

この『かつくら』読者ってほとんどが女子なのか?BLの話題多いなぁ。あ、初めてお金出して買ったのですよ。いや〜1050円もするんだね、高いよ。こんな質の紙でこの値段はないよなぁ。もう少しお安くしていただければ、毎号買うでしょう。

三浦しをんを愛する女子は多いですね。そういえば前に『月魚 (角川文庫)』をChris先輩(男である)にお貸ししました。返していただいたとき、「BL好きでしょ?」と先輩に聞かれたのを思い出しました。私は彼女の書く透明で艶のある文体の虜になっているのだけど、そこからBLの香りがするってことなのかしらん。何度も否定していますが、私はBLが好きなのではありません。関係性オタク(Ⓒ三浦しをん)なのですよ。

[]薔薇乙女にはまる人々

出たーー第七ドール

Rozen Maiden 6 (バーズコミックス)

Rozen Maiden 6 (バーズコミックス)

テレビシリーズが終わってしまい、木曜の夜の就寝時間が30分早くなりました。最終回不完全燃焼でした。だってタイトルに「少女」ってあるのに、アリスが結局なんなのか分からなかったし・・・第3期も製作するってか?いや、ないな、ないだろうな。

活字倶楽部』読んでいたら、綾辻行人氏が薔薇乙女に夢中になったとありましたよ。しかも「ALI PROJECT」を仕事BGMにしているとは。恐るべし薔薇乙女。しかし、「聖少女領域」がかかる中で書かれるミステリって・・・次回作は人形同士の殺人事件だったりして。

4043736037
角川書店 三浦しをん
購入: 1人 クリック: 26回