カタログ落ち

2007年09月15日-土

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第24話「雷光21:47

 巨大なハリセンで一閃。

 やっぱりライトニングスのキレイ事は上滑りしているような印象を受けてしまう。いつのまにかギン姉も助けちゃってるし、こりゃ結論を急ぐあまりのお端折りが酷いというか、逆転劇にすらなっていないというか。事件解決の方向ってのはわかってはいたんだが、こうも結論ありきだとつまらないというか。といってもこの作品の場合、みどころは事件解決の部分ではないので、私もそんなにこだわっているわけでもないんですよね。

 柳葉敏郎織田裕二をそのまゝ持ってきたんですね。もうこの作品独自の主張は最後の寸前までほぼ無くなったと見ていいんでしょうか?。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/corydalis/20070915/1189860422