カタログ落ち

2014年12月27日-土

ささみさん@がんばらない 第6話 02:40

 @浅川悠萌え演技、始めて聞いた気がする。

 母親が来て、鎖々美を本来任務に戻そうとする話。というか、月読神社に連れ戻された模様。ということで、どうやらこゝから本編らしい。長い紹介だったな…というほどでもないのか。母親人間のために滅私奉公せよという人間社会についてなんら思いを致さないのもそれっぽいというか。女にはよくあるんだけど、前提条件を疑いもせずどっぷりと思い込みである思想に嵌ってしまい、周囲を巻き込むってね。いやまぁそりゃこの物語中だとおそらく正当な理由が付随してそうだけど、何せ人間に都合のよい世界だとはいえ、神々が改変上等の世界からな。

 しかし、アレだな、EDでの演技もそうだが、@浅川悠の演技、なかなかにして萌える。今までの萌えアニメ典型的ヒロインの演技が少女女の子だとすると、この母親の演技は「娘」そのものなんだよね。親子(親娘)関係ではなくって、生娘だとか、山男に惚れちゃいけないというあの娘さん。そのへんの鎖々美と母親の対比が素晴らしいというか。母親台詞にもあったが、鎖々美のような典型的ヒロインありがちな、甘えだとか媚びがほとんど見当たらないんだよね。今回の演技では露骨だったんだけど、気丈さの中に見え隠れする「隙」がまた色っぽいの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/corydalis/20141227/1419615645
リンク元