カタログ落ち

2018年05月14日-月

車載MP3プレーヤー更新23:49

 自宅でも自家用車内でも大体ラヂオ聴くことが多くなったので、それほど出番があるわけでもないのだが、蟻特急爪切りを物色していた折にMP3プレーヤーの安いのを見つけたので買ってしまった。ちなみに爪切りの方はいわゆるニッパー型のを探していて、密林でメーカー名違いのを大量に発見したのでおそらく中華モノだと踏んで蟻特急で同等のものを見つけていた。



f:id:corydalis:20190513130416j:image:w400

 これ。シガーソケットに突き刺して使う。カーオーディオMP3ファイルを使うためにFMトランスミッターになっていて、車載オーディオFMラヂオ電波を拾って再生するというもの。おそらくリンクが切れるのだが、

 https://www.aliexpress.com/item/Car-Auto-Green-Light-Wireless-USB-Kit-Tr-ansmitter-Car-MP3-Player-For-SD-MMC-LCD/32754284629.html

 今の価格にて7.54USDなので900円弱になる。




f:id:corydalis:20190514232827j:image:w400

 これが今まで使っていた車載MP3プレーヤー。これはカセットデッキに嵌めて使う。磁気ヘッドの部分でヾータをやりとりするらしい。カセットながら音質はカセットよりはさすがによい程度だが、不満はなかった。いちおう単体でポータブルプレーヤーとしても使える。見えているボタンはそのとき操作用。



 このカセット型のMP3プレーヤーちょっと使い勝手がよくなかったので、代替品を探していたのだ。まさかMP3ファイル再生のためにカーオーディオユニットごと交換するというのもアレなので、安いのが条件。とはいえ、もしかするとやはり中華カーオーディオを探せばそれなりに安いのがあるのかもしれない。このカセット型のは、何が不便かというと、内蔵電池の容量が少なすぎて、頻繁に充電をしないといけないというところと、先送り巻き戻しなどの操作事実上できない*1こと。電池容量の少なさは致命的で、自分シガーソケットUSB端子ユニットを購入、USBケーブルを介してMP3プレーヤーを使わないときにはプレーヤーユニットを半差し状態にして常時充電状態にしてた。充電状態の折にはプレーヤーとして使えないのでこれがつらい。



 さて、新型のMP3プレーヤーだが、上記の不便さはいっぺんに解消した。音質は悪くはないのだが、FMラヂオを聞く時と比較するとなんかもっさりした感じで今一ステレオ感が少ないのだが、これが音源によるものなのか機器によるものなのかは不明。もしかすると自分勘違いかもしれない。トランスミッターなので、周波数帯が気になるところだが、ちょっと危ないかも。カーオーディオFM受信側が〜90MHzなのだが、MP3プレーヤーFM送信側が87.5MHz〜なので、ギリギリ重なるというところ。地域によってこの周波数帯に聞きたい放送局があったらそのたびに切り替え処理をしないといけない。

 MP3プレーヤーについているディスプレイだが、これがまた小さいのなんの。自分老眼なので小さい字を読み取ろうとすると、眼鏡を外して近づけて見ないといけない。が、前に使っていたカセット型のはディスプレイすら無かったわけなので、正直なところ字が読めなくても構わないといった感じではある。とはいえ、最初送信周波数の設定のときには字が見えたほうがよいので、そのときばかりはなんとかする必要はある。

 シガーソケットに差すモノとしての宿命で、このプレーヤー、取り付けてもくるくる動く。が、よっぽど衝撃を加えるとかしないと壊れるというものでもないので、ディスプレイの字が読めないのなら読まないことを前提に特に問題もないかとは思う。

 自分SDカードMP3ファイルを詰め込んで再生させているが、どうもこの製品iPhoneからAUX出力で車載オーディオ音楽再生させるのが主目的のようである。なので、そのためのミニプラグコードがついているし、そのための端子もついている。

 自分ディスプレイが緑表示のを購入したが、他に赤や青のもある。おそらく緑のほうが視認性がよいだろうと判断して購入したのだが、もしかすると他の色のほうが見易いかも。



 さて、久しくカセット型のMP3プレーヤーでも聞いてなかったのだが、これにはアニソンを放り込んでいて、しばらくぶりに何曲か聞いてしまった。ちょこシスOPEDマイユアロケガのOPだったのだが、不思議なことに古臭く感じる。まぁどちらかというと曲単体で作ったというよりは物語とのつながり重視で作っていると思われるので、その分洗練さは削がれているだろうし、ロケガなんかはプリプリなどのガールズバンドリスペクトで作っているような気がするので、そう感じるのは無理もないといったところではある。まぁそのへん、やはり今ドキのアニソンいかに苦心して作っているかということでもあるのだろうが、ヘンな話人間歳をとっていくもんだなと実感もしたという。歳取ったついでに言わせてもらえば、歌詞意味がそれなりに込めてあって、とはいドラマの内容に沿いはするが、それほど重たいものでもないのでいうほどでもないってのはあるんだが、結構胸にクるものがあった。マイユアテキストがよかった記憶があるのでそういうのはわかるんだけど、ロケガなんかはむしろ感動という感じでもなかったから、それでも歌詞になにか思うところを感じるのは、上記の通り歳をとった補正なのか、それとも元々の作詞がよかったのかちょっと判断がつかないのが面白いところ。

*1カーオーディオ機能にある無音状態を探して曲の頭出しをやってくれようとするのだが、うまい具合に働いてくれない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/corydalis/20180514/1526309367