さっぽろサイエンス観光マップ このページをアンテナに追加 RSSフィード

  お知らせ:「はてなマップ」のサービス終了にともない、各記事の「map」アイコンをクリックしたときに表示される地図上の
「位置を示すマーク」が表示されなくなっています。地図を拡大すると、ほぼ中心部分が記事で言及している場所になります。
「全体map」の方は正常に表示されますので引き続きご利用下さい。(2008/7/31)

お知らせ:2007年3月のCoSTEPウェブ実習の終了にともない、今後当サイトでは定期的なコンテンツの更新は行われません。
ただし今後も実習チームOB有志が、時折新しい記事を追加していく予定ですのでよろしくお願いします。(2007/6/21)

【News】(2008/2/6)優れたブログを紹介する「スゴブロ2008」ベスト20の第3位に選ばれました!
【News】(2007/3/14)『クックブック サイエンス観光マップのすすめ』の配布を開始しました。
【News】(2007/3/1)日経BPのサイト「セカンドステージ」に当サイトの紹介記事が載りました。
【News】(2007/2/7)2月1日の記事にて、公開記事数が100本になりました。
【News】(2007/1/5)はてなの 「こんな人も書いています」コーナーに掲載されました。



2005-12-30

[][] 街をみつめるハッチャム・エプイの三角点 〜三角山〜  街をみつめるハッチャム・エプイの三角点 〜三角山〜を含むブックマーク

札幌駅から西に車で20分も走ると中央区と西区の境目に小高い正三角形の小山が見えます。これが、アイヌ語ハッチャム・エプイ(花のつぼみの形をした・かわいい山)の異名を持つ通称三角山です。街のどこからでも見ることができ、正式名称は、琴似山といいます。

この山は、都心部にありながら豊かな植物群に恵まれ、エゾリス、シマリスなどの小動物の貴重な生息地でもあります。夏は、オオウバユリ。秋は、山葡萄やツリバナが登山者を迎えます。311mという標高から、気軽に楽しめるハイキングコースとして、冬も自然の催しの場として、多くの愛好家に支持されています。

ふもとから山頂まで美しく飛ぶキアゲハは、この山のシンボルです。7月23日には臨時郵便局が設置され、山頂からこのやまのシンボルキアゲハの記念スタンプ入りの郵便を出すことができます。

f:id:kaede18:20051208101120j:image

  • 山の手草ぶえ公園からの三角山 (撮影:2005/12/08)

山の手登山口から緩やかな白樺林を抜け険しい坂道や分岐点を行くこと40分。ほそい坂道から山頂の標識が見えます。

f:id:kaede18:20051114120124j:image

  • 山頂付近 (撮影:2005/11/14)

山頂にたどり着くとそこには小さなひろばとベンチがひとつ。木々の間からの東の方角には、広大な札幌の街並が広がります。西にはそれとは対照的な大倉山、小別沢の山々が広がります。

f:id:kaede18:20051114120456j:image

  • 山頂からの札幌の街並み。 右手に見える小山は円山です。(撮影:2005/11/14)

ひろばの中央に一等三角点の標石が砕石に囲まれてあります。

かつて、明治31年、一等三角点の本点が三角山に設置されました。

三角点とは国土の正確な地図を作ることを目的に明治から大正時代に行われた測量で三角測量という方法で設置された基準点のことです。

三角点には一等から四等までの等級がありそのうちの一等三角点は、北海道に224箇所あります。それは、開拓の歴史とともに標石という石の杭であらわされています。

f:id:kaede18:20051114120412j:image

  • 三角山の一等三角点 (撮影:2005/11/14)

40kmごとに88箇所設置されている一等三角点本点の標石と25kmごとに補う136箇所の一等三角点補点の標石が北海道に示されました。

それは、主に測量する上で見通しのよい標高の高い地点が選ばれています。明治時代まだ原野だった札幌を切り開く技術の原点として、三角点は、大いに活躍していたのです。

f:id:kaede18:20051130001311j:image

  • 三角測量の原理

現在は、技術の進歩によって三角測量という方法は、光波測距儀*1GPS測量*2に変わり、用いられなくなっています。

三角山は、北緯43度3分18秒121、東経141度17分27秒886、標高311.12mであらわされます。

原野の頃から札幌の街の変遷をみつめてきた三角点、今は平地でひっそりと隠れた三角点*3ちょっと探してみませんか。


(文・撮影・図:北守敦子) update:2005/12/30 ver.2


【アクセス方法】

  1. 山の手側入り口:地下鉄西28丁目→山の手4条11丁目(バス)→0.2km【緑ヶ丘療育園目指す。】(徒歩3~4分)→入り口パーキング有(おススメNo1)
  2. 宮の森入り口:地下鉄西28丁目→宮の森4条10丁目(バス)→0.4Km(徒歩8分)→入り口
  3. 大倉山展望台入り口:地下鉄円山公園→大倉山競技場 入り口(バス)→0.5km(徒歩10分)→大倉山ジャンプ競技場(競技用リフト5分)→大倉山展望台→入り口
  4. 小別沢入り口:地丘鉄琴似→福井8丁目(バス)→1.2km(徒歩25分)→入り口

【参考資料】

  1. 札幌市西区役所ホームページ (web)
  2. 国土地理院 (web)
  3. ハイキングクラブのんびり 三角点を知ろう (web)
  4. 北海道の山情報 TOSHIYANの山物語 山の一等三角点 (web)
  5. 『大倉山物語』さっぽろ文庫96 札幌市教育委員会編 北海道新聞社 2001
  6. 『みんなの三角山散策マップ』  札幌市環境局緑化推進部緑の保全課

*1:【光波測距儀】光波を用いた測定機器。原理は、高周波変調光を測点地に設置した反射鏡にむけて発射しその反射鏡からの反射光との波長のずれを測定して距離を求める。

*2:【GPS測量】人口衛星からの電波を受けて測量する方法。受ける電子基準点は全国で1200箇所ある。車のカーナビゲーション地殻変動の測定にも使われている。

*3:【札幌の平地の三角点】札幌基線北端点(創成川下水処理場北区麻生布8−1)・札幌基線南端点(東区北11−東1付近)詳しくは、http://uenishi02.at.infoseek.co.jp/m120hokkaidocenter.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/costep_webteam/20051230

2005-12-27

[][] 色の見え方、色々 〜大通公園・ホワイトイルミネーション〜  色の見え方、色々 〜大通公園・ホワイトイルミネーション〜を含むブックマーク


毎年11月中ごろから1月はじめまで、

大通り公園では「ホワイトイルミネーション」が開かれ、様々な光で飾られます。


また、12月には「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」も開かれ、

クリスマスの時期、街には赤と緑の色彩があふれます。

f:id:ssn29:20051222000518j:image

  • 大通公園のホワイトイルミネーション (撮影:2005/11/26 提供:角幸治)

上の3枚の写真を見て、何が違うと思いますか?

これらの写真は、時間によってイルミネーションの

色が変わる様子を撮影したものではありません。


同じ景色が、ある人はAのように見えますが、

別な人にはBのように、

また別な人にはCのように見える様子を再現したものなのです*1


この世界は誰が見ても同じように見えると思いがちですが、

人によって色の見え方は違うのです。


続きを読む

*1:【さまざまな色覚の再現写真】色覚シュミレーション用プラグインvischeck(フリーウェア)とPhotoshopを使って変換した(詳しくはこちらのサイトを参照)。この画像はあくまで視細胞レベルでの光受容を再現したもので、実際に見えている像と違う可能性もある。また、この画像は一例であって、全ての2色型色覚の人が同じように見えているわけではない。

一星 礼一星 礼 2006/10/09 18:13 2期生カフェ班の一星です。

先日は、私のブログ記事
「11月サイエンス・カフェ札幌〜色覚の多様性〜」に
TB ありがとうございました。

私のほうでも、関連した話を書きましたので、
TBさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

2005-12-24

[][] 氷は水より大きい 〜札幌市水道記念館〜  氷は水より大きい 〜札幌市水道記念館〜を含むブックマーク

藻岩浄水場の隣に、札幌市水道記念館という水について展示している博物館がある。現在は改修のため休館中であるが、2007年度に再オープンの予定になっている。この記事では、北海道での生活に大きく影響している”水”について取上げてみることにする。


北海道の特徴として、厳寒であることが上げられる。冬には平年で、51日も一日中0℃以下の“真冬日”になる。気温が低いと水道管が破裂することがあるため、水道はたいてい水を抜く事ができる構造になっている。それでは、なぜ水が凍ると水道管が破裂するのであろうか?


氷は、水の温度が下がって固体になったものである。よく知られているように、(地上の圧力では)水は100℃で気体になり、0℃で固体になる。ここで気体というものは、粒子が自由に動き回っている状態(下図左)、液体は粒子があるお互い引き合いながら動き回っている状態(下図中央)、固体は粒子が動かないでくっつきあっている状態(下図右)である。


f:id:galoa:20051224231253j:image

  • 気体と液体と固体の違い(実際は3次元)

 上図をみると、同じ量なら液体より固体の方が小さそうに思える。実際、自然にある物質の大部分は液体より固体の方が小さい。しかし、もし水より氷の方が小さいならば、水道管が凍っても破裂しないでへこむはずである。ここに、水の不思議な性質がある。


 実は水は、液体より固体の方が大きいという、たいへん珍しい特徴を持つ物質なのである。氷の結晶を拡大してみると、下図のように6角形になるようにつながっている。この6角形のすき間が大きい為、液体よりも大きくなってしまうのである。



f:id:galoa:20051224231337j:image

  • 氷の構造(実際は3次元)

 気温が低いと水道管が破裂するのは、水が凍ると大きくなるためである。水が一番小さくなる温度は4℃で、それより温度が下がると逆に大きくなってしまう。水は身近なものであるが、固体になると大きくなるという自然界ではたいへん珍しい性質を持った物質なのである。


ところで余談であるが、氷は6角形の結晶になる性質をもっていることから、ときたま我々に美しい姿を見せてくれることがある。(下の写真) 運がよければ寒い日に6角形を基本とした美しい氷や雪にめぐり合えるかも知れない。


f:id:galoa:20051224231747j:image

  • 寒い日の朝に筆者の車のガラス上にできた氷(撮影 2004年)

f:id:galoa:20051224231821j:image

  • 寒い日に筆者の車に積もった雪。6角形が基になった形状が(あまり)崩れていない。(撮影 2004年)

【公式サイト】

札幌市水道記念館

http://www.city.sapporo.jp/suido/c23/index.html

(撮影・文・図 宮下 友則) UPDATE 2005/12/24 Ver 1.0

2005-12-22

[][] 時のヒミツ 〜札幌 時計台〜  時のヒミツ 〜札幌 時計台〜を含むブックマーク


f:id:chickadee:20051112162311j:image

  • 札幌時計台の2階ホールにある塔時計 (撮影:2005/11/12)

みなさんの家には、どの様な時計がありますか?

その時計は、長い針(長針)と短い針(短針)が、360度回転するアナログ式の時計でしょうか?それとも、1秒ずつとか、1分ずつ現在の時間を数字で表示するデジタル式の時計でしょうか?

デジタル式の時計は、一瞬の現在を表示するので「今何時?」と言う絶対的な時間を知るのには大変便利です。アナログ式の時計は、過去・現在・未来の連続した時を表示するので、長針も短針も一瞬も留まることが無く「あと何分で何時?」などの相対的な時間を知るのに、便利です。

f:id:chickadee:20051112161449j:image

  • 札幌時計台の正面 (撮影:2005/11/12)

札幌時計台は、現存している塔時計としては日本で最も古く、明治から今まで歯車などの主要な部品を交換することなく、現役で、時を刻み続けている極めて珍しい時計です。

時計台の正式名称「旧札幌農学校演武場」は、北海道大学の前身の札幌農学校の、体育の授業に使う目的で建設されたことに由来します。

時計台の時計機械は、鳩時計と同様の振り子時計で、動力にはおもりを利用し、おもりは豊平川の玉石を入れた木箱です。

鎖(ワイヤー)の巻き上げは週2回、現在も人の力により行われています。

振り子時計は、振り子の等時性(とうじせい) *1を利用し、正確に時を刻める工夫をしてあります。

http://comm.sci.hokudai.ac.jp/~ishimura/webteam/pendulum.gif

  • 振り子の等時性のイメージ

時計台の時計は昼も夜も休むことなく動き続け、毎時間、時の数だけ鐘が鳴ります。

1時には1回、2時には2回・・・12時には12回、鳴ります。1日に短針は2回、360度回転します。さて、毎日何回の鐘が鳴っているのでしょうか?

有名な数学者ガウスが10才頃、考え付いた式で解いてみませんか?

 1+ 2+ 3+・・・ +11+12

12+11+10+・・・ + 2+ 1

((1+12)×12÷2)×2=?

【住所】

札幌時計台 札幌市中央区北1条西2丁目

【公式サイト】

http://www.tokeidai.co.jp/tokeidai/index.html

http://www15.ocn.ne.jp/~tokeidai/

影で時計台を支える人達には、ただただ感謝です。

(撮影・文・図:荒瀬 美由紀) 最終更新:2005/12/22 Ver 1.0

*1:【振り子の等時性】同じ長さのヒモなら、ヒモの振れる距離が大きくても小さくても、重さを換えても往復する時間は変わらない。ヒモの長さを換えると往復する時間が変わる。

2005-12-20

[][] 酵母もリサイクル 〜サッポロビール博物館〜  酵母もリサイクル 〜サッポロビール博物館〜を含むブックマーク


東区苗穂のサッポロビール園内にあるサッポロビール博物館は、

日本で唯一の、ビールの歴史と科学を紹介する博物館です。

f:id:dancing-mai:20051205132911j:image

  • ビール博物館正面 (撮影:2005/10/16)

赤レンガの建物は、明治時代に建造された札幌麦酒の旧製麦所。

趣ある館内には、昔実際に使われていた釜やタンクが展示されています。


博物館の展示で詳しく見ることができますが、

ビールは主に3つのプロセスで作られます。

製麦:原料のオオムギを発芽させ、焙って乾燥する。

仕込み:オオムギに糖を作らせ、ホップを入れて苦味を加える。

発酵:酵母(コウボ)を加えて糖を発酵させる。


菌は、食べ物の中の糖などを分解して特定の物質を作ります。

その物質によって食べ物が食べられなくなってしまうことを

「腐敗」といいます。

(食べられなくなる→風味が悪くなる、おなかをこわす原因となる)

逆に、作った物質が人に有益な場合、これを「発酵」と呼びます。

酵母というのはもともと、「発酵のもと」という意味。

酵母も菌の一種類で、昔からパンやお酒を作るのに使われています。

f:id:dancing-mai:20051205133719j:image


ビールのうまみを作ってくれるのはこの酵母です。

しかし、生きた酵母をビールに入れたままにしておくと、

酵母が酸などを作りすぎてビールが酸っぱくなってしまいます。

そこで、発酵が十分に終わったところで、酵母をろ過して取り除きます。

f:id:dancing-mai:20051205132928j:image

  • ビール博物館、ビールの製法に関する展示 (撮影:2005/10/16撮影)

では除去された酵母はそのまま捨てられてしまうのでしょうか?


サッポロビール工場では、除去した酵母を回収し、乾燥して

お菓子や健康食品の原料として使っています。

サッポロビール博物館のビール試飲コーナー(ソフトドリンクもあり)では

酵母の入ったサッポロビヤクラッカーをおつまみとして販売しています。

クラッカーを作っている(株)サッポロエージェンシーによると、

ビールの酵母は独特のほろ苦さを与えてくれるのだそうです。

酵母には、ビタミンB群や食物繊維などの栄養が入っているので

健康効果も期待しているそうです。


酵母にもいろいろな種類があって、酵母の種類や使い方によりビールの味も違ってきます。

ビールの製造者はおいしいビールを作るため日々研究を続けています。

サッポロビヤクラッカーはビールが進む進む。

かっこいいお兄さんが注いでくれるおいしいビールを飲みながら

筆者はビール作りの奥深さにほろ酔ったのでした。

f:id:dancing-mai:20051205133735j:image

  • ビール博物館試飲所 (撮影:2005/10/16)

(写真・文・イラスト タナカマイ)最終更新:2006/3/4 ver.1.1

【公式サイト】


【住所】

  • 東区北7条東9丁目 サッポロビール園内

サッポロビール園となりArioまでは、札幌駅から直通バスが出ています


【参考資料】

  1. 『応用微生物学』高尾彰一 1996 文永堂出版

【取材協力】


■このサイトに掲載されているすべての文章、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。
■すべての内容の著作権は、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニットならびに各記事の執筆者に帰属します。