さっぽろサイエンス観光マップ このページをアンテナに追加 RSSフィード

  お知らせ:「はてなマップ」のサービス終了にともない、各記事の「map」アイコンをクリックしたときに表示される地図上の
「位置を示すマーク」が表示されなくなっています。地図を拡大すると、ほぼ中心部分が記事で言及している場所になります。
「全体map」の方は正常に表示されますので引き続きご利用下さい。(2008/7/31)

お知らせ:2007年3月のCoSTEPウェブ実習の終了にともない、今後当サイトでは定期的なコンテンツの更新は行われません。
ただし今後も実習チームOB有志が、時折新しい記事を追加していく予定ですのでよろしくお願いします。(2007/6/21)

【News】(2008/2/6)優れたブログを紹介する「スゴブロ2008」ベスト20の第3位に選ばれました!
【News】(2007/3/14)『クックブック サイエンス観光マップのすすめ』の配布を開始しました。
【News】(2007/3/1)日経BPのサイト「セカンドステージ」に当サイトの紹介記事が載りました。
【News】(2007/2/7)2月1日の記事にて、公開記事数が100本になりました。
【News】(2007/1/5)はてなの 「こんな人も書いています」コーナーに掲載されました。



2007-03-14

[][]鉄筋とコンクリートのいい関係 〜札幌市資料館〜 鉄筋とコンクリートのいい関係 〜札幌市資料館〜を含むブックマーク


大通公園の西の端、テレビ塔の正面に札幌市資料館があります。


f:id:mitotomo:20070226130530j:image

  • 札幌市資料館の外観 (2007/2/26 撮影)

札幌市資料館は、もともと控訴院(裁判所)として建築された建物です。

現在、裁判所機能は移転し、資料館には札幌市や裁判に関する資料展示室や、

市民が使用できるギャラリーが置かれています。


f:id:mitotomo:20070226130551j:image

  • 入り口部分のアーチ。「札幌控訴院」という文字が彫られています。その上には目隠しをした女神像 (2007/2/26 撮影)

この建物には、札幌軟石(軟石記事へリンク)とレンガが使われています。

古い建物のように見えますが、資料館には近代的な建築手法が取り入れられていることをご存知ですか?

実は資料館には、今では当たり前になった「鉄筋コンクリート」が用いられています。

鉄筋コンクリート技術が確立したのは1887年*1のことです。

札幌市資料館が建築されたのは1926年(大正15年)*2

当時の最先端を行く建築手法でした。


■鉄+コンクリートで鉄筋コンクリート


ここで、鉄筋コンクリートにはどのような性質があるのか、そしてなにが利点なのかを考えてみましょう。

コンクリートとは、砂や砂利などをセメントペースト*3で結合させた*4もので、私たちの身の回りの様々な場所で使われています。

コンクリートには「圧縮する力」に強いという長所があり、安定した構造物を作ることができるので、

橋や道路、建築物などに使用されています。


鉄筋コンクリートは、このコンクリートの中に鉄の芯をいれたものです。

鉄の芯を入れると、なにかいいことがあるのでしょうか。


■短所を互いにカバーする関係


万能に思えるコンクリートにも、実は短所があります。

コンクリートは、圧縮されることには強いのですが、「引っ張る力」=引っ張られることには大変弱いです。

もちろん私たちが引っ張っても平気ですが、強い力で引っ張ると、

コンクリートにはひびが入り、しまいには割れてしまいます。

地震のときなどには、縦や横に引っ張る力がはたらきます。

コンクリートだけで橋などを作ってしまうと、地震のときにぼきりと脚が折れてしまう可能性が高くなります。

そこで、引っ張られることに強い「鉄筋」をコンクリートにいれたものが、鉄筋コンクリートです。


鉄筋には、引っ張られても粘り強く、ひびが入りにくいという長所があります。

この鉄筋の長所で、コンクリートの短所をカバーしているのが鉄筋コンクリートです。

圧縮されることにも、引っ張られることにも強い素材といえるでしょう。


f:id:mitotomo:20070304010351j:image

  • 鉄筋が入ると壊れにくくなる。*5

しかし、もちろん鉄筋にも弱点はあります。

鉄は酸化すると酸化鉄(さび)になりもろくなってしまうので、風雨にさらされることが苦手です。

鉄筋コンクリートは、鉄のまわりをコンクリートが取り巻き、鉄筋を風雨から守っています。


鉄のおかげで引っ張りに強くなり、コンクリートのおかげで強度が長時間保てる。

鉄筋コンクリートは、二つの素材が互いの弱点を補い合っている建築方法です。


■地震のある国に住む私たち


札幌市資料館が建築された年の直前の1923年、関東大震災がおこりました。

資料館の建築計画はそれ以前にすでにできあがっていましたが、

大震災の被害報告を受けて計画を変更し、鉄筋コンクリートを取り入れたそうです。


資料館は100年以上の歴史を超えて、大地震の恐ろしさを語ってくれている気がします。


(文・写真・図 宮本朋美)

【アクセス】

【参考文献】

  1. 図解雑学コンクリート 浅賀栄三 著 ナツメ社
  2. やさしい鉄筋コンクリート工学 川口直能 著 東洋書店
  3. 基礎から学ぶ鉄筋コンクリート工学 藤原忠司・張英華 著 技法堂出版

にほんブログ村 科学ブログへ←この記事を読んで面白いと思った方、クリックしてくださいね。

*1:ドイツのケーネンがはじめて理論を発表しました。

*2:日本にはじめて鉄筋コンクリート構造の橋が竣工したのが1903年です。

*3:セメントは、水に反応すると固まるという性質を持った物質です。このセメントと水を混ぜたものがセメントペーストです。

*4:セメントは水によって固まります。コンクリートでは、セメントが固まる時に混合した砂や砂利も一緒に固まらせます。

*5:図中では鉄筋がコンクリートの下側に入っていますが、実際には下側だけではなく、上側にも鉄筋を入れます。様々な場所から力がかかることがあることや、表面のひび割れを防ぐためです。

SUBALSUBAL 2007/03/20 07:15 はじめまして。札幌市資料館をはじめ札幌軟石を使った建物は、風情があって好きです。
関東大震災と鉄筋コンクリートの使用の話は、初めて知りました。
複合材の導入話として、土壁と鉄筋コンクリートはお決まりのねたなのですが、今後は札幌市資料館の話を付け加えます。

宮本朋美宮本朋美 2007/03/21 01:15 SUBARU様、コメントありがとうございます。関東大震災と鉄筋使用のくだりは、資料館の係員の方から伺ったお話です。資料館にお立ち寄りのときは、係員の方とお話をすると色々なお話を聞けると思います。よ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/costep_webteam/20070314

■このサイトに掲載されているすべての文章、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。
■すべての内容の著作権は、北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニットならびに各記事の執筆者に帰属します。


Connection: close