桃ぬこさんの Yes!グランツーリスモ5 GoGo!

080229 (Fri) 大英図書館エージェントねこ。

1)Japanese Cup2

日本車限定しりーず。今度は鈴鹿。馬力が全ての世の中なので日産GT-R '07で。スポーツタイヤからレーシングタイヤになったのでずるずる感は激減。それでもやはりスリップに気をつけなければならないのは変わりなし。3周で15台抜きます。なので勝負はもう1周目から。S字を攻めてたら目の前でNSXか勝手にスピンした。やはりそういう車・・・(= =; ハイパワー車が並み居る中でもGT-Rのパワーは逆バンクで特に顕著。ここまで1列縦隊なので、これをぐんぐん追い越して行きます。ライン取りはGT4のミッションモードだったかSuperGTでタイムを出すミッションでギリギリまで詰めて走ったのでそれがかなり役立ってますのだ。1周目デグナーの1個目で12位エボXを抜いて11位エボIXの後ろに。さすがにいっぺんには抜けなかったか。でも立ち上がりで抜こうとデグナー2個目でエボIXの後ろにぴたり。そのときエボXに追突された。おかげで玉突き事故発生。エボIXはグラベルへ。すまん、私はきちんと減速したのだが。許せ。わ〜たしは〜やってない〜♪け〜っぱくだ〜♪そんな調子で1周目で8台抜きの8位。ホームストレートで2台、逆バンクで1台、まっちゃんカーブでフェアレディZとエボIXをまとめて抜いて4位浮上。130Rの飛び込みで3位エボXをオーバーテイク。その先のシケインで渋滞気味だったのでそのまま後ろについたらシケインの飛び込みでインを差し返された。こいつめw ホームストレートで抜き返し最終周。あとは1位2位のインプレッサWRX艦隊だけ。S字は抜きにくいのでぴったりついて行く。それなりにパワーがある車な上、けっこういいブロックしやがるw でもそこはそれ、再びまっちゃんカーブでパワーに物を言わせて2台をパス。これでようやくトップに立った。あとはゴールするだけなので慎重に。でもペースダウンに慎重になりすぎて130Rでは体勢をみだしオーバーラン。あわてて戻って何とか抜き返されるのを防ぐ。俺はペースダウンの指示にリズム崩してスピンしたいつぞやのマンセルか!事なきを得て無事ゴール。ゴールド獲得ぅー♪

2)Gran Turismo All Stars3

再び車種制限なし。3周で16位から優勝をーシリーズ。今度はデイトナ−ロードコースです。初登場〜。まず最初どんなもんかと順位無視で練習走行。こっこれはっ!インフィールドの道幅が狭いっ!ロンドンよりも広いとん思うんだけど、だだっ広いオーバルコースから高速で飛び込む関係でめっちゃ狭く感じるです。あと1コーナーが難しい。狭い上にだんだんカーブがきつくなる構造で、ブレーキングポイントと飛び込みスピードを見つけるのにえらい難儀しました。ここは少しマージン取った上でドリフト気味に曲がるようにしました。なんか、ピットロードにドリフトで入っていくような感覚。実際、ピットロードの脇道に入ってショートカットペナ取られたことも2度ほど。でも、時々ここで敵車にぶち抜かれたり、思いっきり追突されたりと今ひとつ攻め切れてない模様(= =; それでもまぁここ以外はすぐブレーキングポイントを掴んで本格バトル開始。ターン3近くのバスストップシケインはみなさんしっかり減速するので、詰めたり抜いたりする超ポイント。思いっきり直線的に走って稼ぎます。流れとしては1コーナーを無事回ってインフィールドの最初のビックブレーキで15位エボXをパス。渋滞で鼻先を押さえられて伸びない14位フェラーリF430を立ち上がりで抜く。次のビッグブレーキ、前でNSXがやらかして大混乱。またお前か!このスキに乗じてラインを変えて12位レクサスIS-Fの前へ。この先のオーバルコースに戻るところで渋滞気味。内側をすり抜けその前のコルベットの後ろへ。直線はドラフティングで車速を伸ばし、シケインへ。グループ先頭のインプレッサはおろか、その前のグループの最後尾のフェアレディZの前でシケイン突入し一気に6位浮上。立ち上がりではその前のエボXに詰まりつつもスピードをあまり落とさず加速。エボXと危険な香りのするNSX(笑)をパスして4位で2周目突入。2周目の1コーナー。オーバースピードでかなり危なかったが何とかこらえた!順位キープに成功し前を追う。インフィールドで追いついて3位インプレッサWRX、2位フェアレディZを直線に入る前でパス。これで残すは先頭のGT-Rのみ。少し離れていた上同格車で手強いと思われたがシケインでぐぐっと追いついた!シケインは俺の天下!ウハー! 3周目、1コーナーはドリフトやめて慎重に曲がり、インフィールドで背後につける。そしてオーバル区間に戻ったところでドラフティングで抜いてトップへ。あとはシケインで決定的な差をつけてそのままゴール!ゴールドいただき♪ここは2時間ほどで制覇。やはりかかったのは1コーナーをしくじらず回ることでしょうか。

3)Mission Race

Aクラス最終ミッション。GT-Rで鈴鹿15台抜き。さっきのJapanese Cup2と似てますが、今度は車種制限なしで、しかも1周で全部抜くこと。GT-Rで鈴鹿はJapanese Cup2でさんざん走ったので問題なし。ただし1周しかないのでかなりキビしく攻め攻めモード。カーブのたびに1台2台感覚で抜いていく。でも、ヘアピンを抜けたところで1位のGT-Rと2位のAudi R8ははるか先に行ってしまってる。3位が最高順位でプロフェッショナルモードはここが限界っぽい。切り替えどころと割り切ってスタンダードモードに移行しなんとかクリア成功。でもスタンダードでも鬼神の走りが必要でしたわ。流れはーコントロールライン通過でローリングスタート。ホームストレートのうちに15位ルノークリオ スポール、14位アルファロメオ147をパス。2コーナーで13位エボIXの鼻先に飛び込んで立ち上がりで12位NSX、11位BMW 135iをパス。S字1個目でスカイラインGT-Rニュルの前に飛び込んだけどこちらのリアとあちらのノーズがヒット。姿勢を乱して10位のフェアレディZに追突して衝突ペナ。ここで超常現象発生。半透明になったGT-RがフェアレディZをするーっと透過してその前で実体化しました。いったいどこのナンシーさん(R.O.D.)ですか!?GT5のペナルティのシステムでアクセルオフ+当たり判定消失となっているのですが、前車がブレーキングポイントで車速が落ちていたこと、当たりの強さでペナの時間がある程度決まるのですが、当たりが弱くてペナが3秒で済んだため起きた珍事のようです。まぁともかくパス。10位浮上。車の勢いそのままにS字2個目で9位シボレーコルベット、8位TVRタスカン、7位ダッヂバイパーを続けざまにパス。逆バンクでインから6位メルセデス・ベンツ SL 55、デグナー前で5位レクサスIF-Sをパス。デグナー2個目は4位フェラーリF430のインにぶつけながら強引に前に出て、ヘアピンで3位BMW M3とブレーキング勝負。アウトから無理無理かぶせて2位Audi R8はそんなに離れていない。R8はスプーン飛び込みまでにパス出来たので、スプーンをうまく立ち上がれた。アクセル全開から130Rをえいやっと気合いで曲がる。その先にはちょうどシケインに差しかかる1位の日産 GT-R Black Maskの姿が見えた。南無三!とインに飛び込んだがオーバーラン。あーダメだーと思ったけどなぜかペナなしで通過。あとでリプレイ見てもどう見てもシケイン不通過のショートカットなのですが・・・何にせよペナなしなのでアクセルは生きている。GT-R Black Maskの前でしっかり加速して1位でごおおおるっっ!!キタ━━━━ヽ(T∀T)ノ━━━━!!!ゴールド獲得ですー!いつも泣かされるおかしなペナ判定に今回は2度も助けられた形。複雑ではあるがこれもクリアはクリアと言うことで有野課長イズムを炸裂させて攻略完了。最後のショートカットはともかく、最初の衝突ペナでのラッキーはない状態でも何度も行けてたからええやろ。

これでAクラス完全制覇。ゆっくりエンディングロールを鑑賞する。流れる実写空撮に(;゚∀゚)=3/lァ/lァ エンディング終了後、日産スカイラインクーペ コンセプト '07を頂きました。スカイラインが珍しくない車なのであまり嬉しいというわけでもないが、せっかくなのでもらっとく(笑)

080227 (Wed) NSXでくるくるスピンしすぎねこ。

思ったより更新してなかった(汗

1)Gran Turismo All Stars2

ロンドン市街地コース。基本的には前にやった優勝を目指すシリーズですが 周りのパワーが上がっててスピードアップ。流れで乗った280馬力のスカイラインR34ニュルでは全然追いつけません。ならばこちらもパワーで対抗。日産GT-R '07投入です。でも先に経験したのと同じジレンマに陥る。タイヤずるずる地獄。特にCharing cross Rd.の先の緩いS字がすごいフラフラ。だって道なりに走るとスピンターンするときの操作ににてるんだもん。でもここで暴れる車を押さえないとその先で対抗出来ないので。トラファルガー広場とかクランクで どんどんインに飛び込んでどんどん抜いちゃうよ!かなり無理な飛び込みしてもペナ取られないのにカーブでちょっと滑ってカウンター当てただけで幅寄せペナ取られるのは相変わらず。流れとしてはー5周勝負でまず1周目、トラファルガー広場の飛び込みで11位コルベットのインに飛び込みパス。この時多少強引に突っ込んでコルベットに当てて曲がる(ヒドス)。次、Cockspurの先の 90度コーナーで10位レクサスISと9位Audi R8を2台まとめてパス。壁にごちん。2周目。1コーナーで順番待ちしてるところを一気に追い抜き。8位フェラーリF430、7位GT-R、6位BMW M3をまとめてパス。M3にけっこうな勢いで当たったけどセフセフ。少し離れた前の集団を追いかけて3周目のピカデリー劇場前の立ち上がりで5位エボXを、1コーナー飛び込みで4位R34ニュルをパス。また追いかけてクランクで3位NSXを捕まえてパス。NSXのアルミボディ?ボコボコにしてやんよ(・ω・)=つ また少し追いかけて4周目1コーナーで2位フェアレディZのインを差してパス。あと1台、クランクで1位インプレッサWRXのぴったり後ろについて5周目突入のピカデリー劇場前の立ち上がりでパス。GT-Rのパワーにものを言わせた大人げない抜き方。プロフェッショナルモードでやってるんでこれぐらい許せ。最後の5周目は一転安全運転でしっかりマージン取って1周。無事ゴールヽ(゚∀゚)ノ ゴールド獲得ですー。(馬)力は正義。

2)ACURA NSX Trial

苦手な15分以内にタイム出せシリーズ。NSX専用イベントなので買ってきた。たい焼き買うみたいにお気軽に言うな俺。色はHONDAはチャンピョンシップホワイトーと行きたいところですがないのでFormula Redで。なんか今ひとつ美しくない赤。金石兄弟のREAL NSXというか。運転してみたらもっと嬉しくないことに、この車すっげぇ運転しずれぇ!MR車は限界が高い反面、コントロールが難しいというのは定説ですが、これタダのアンダーオーバーやん。スピンするために生まれてきた車のような気がしてきた。コースは鈴鹿なのでS字でうっかりアクセル踏むともののみごとに180度ターン。タイムはブロンズにも届かず。とてもこんなんやってられないのでサクッとスタンダードモード突入。それでも油断するとすぐスピン。実はすごい加速してるかもしれないけど体感Gがないのでよくわからないし今ひとつ爽快感もない。がんばればゴールドに届くかも知れないと思ったけど先人の知恵として参考にしている攻略ページには「シルバー獲得したのでとりあえず放置」と書いてあったのでうちもとりあえずこれで保留ということにする。爽快感がなさすぎて辛すぎる。あとから戻ってくるっ!(TA

080221 (Thu) 青の伝説ねこ。

cotanaka2008-02-21

1)SKYLINE R34 GT-R Trial

さっきGT-R '07を買ったばっかりだというのにこんどはR34限定だそうです。まったく、というわけでまた日産ディーラーに行ってカルロス・ゴーンにいいようにむしられに行く。日産 スカイライン GT-R V・スペック ? Nur '02購入ー。ニュルにゅ。6,100,000Cr。ここんとこ高級車ばっかりだったので600万Cr超えてもあんまり高い気がしない。麻痺中。色はーGT-RがイメージカラーのUltimate Metal Silver(4M)だったので別の色で。ニュルのイメージカラーのBlack Pearlにもだいぶ惹かれたがここはBay Side Blue(M)で。カルソニックカラー。チームインパル青の伝説。さてゲームの方はー15分で規定タイム出せシリーズ。計測開始までにコース1周するのめんどい。まずは単独走行。この車もGT-R '07に負けず劣らずズルズル。すぐスピンします。乗りにくいー!もしかしてタイヤがパワーに負けてるだけじゃなくて車が重すぎるんじゃなかろうか。この車もパーシャルでだましだましカーブを曲がってなんとか1周。タイムは2分超え。ブロンズにも届かんヽ(`Д´)ノ 攻めて走るうちに何とか1分59秒、たまに58秒後半というところまでこぎつけたけどそれでもようやくシルバーの規定を超える程度。富士だしこれはスリップ使わないと無理かと言うことでネッツコーナーの先で走行ラインの脇で待機。スピードが同じくらいのフェアレディZを待って最終コーナーに合わせて立ち上がり。スリップで車速を伸ばしてタイムアップはなったものの、それでも1分58秒5。あと3秒5なんて、これはプロフェッショナルモードでは無理だろう!カーブの立ち上がり滑るので加速できんのやもん。そういうわけなのでさくっとスタンダードモード導入。全開でアクセル踏んでも全然滑らないので余裕で全力加速。一発目の単独走行でいきなり1分55秒8が出た。直線の伸びはプロフェッショナルモードもスタンダードモードも変わらないのでまたフェアレディZのスリップを使う。これで1分55秒2まで来た。でもあとちょっと足りない。入りにフェアレディZを使っても途中で抜いちゃうので最後の最終コーナーからホームストレートまでが単独走行になり、どうしてもこの区間のスピードが足りない。そこで逆転の発想。「自分で1分55秒切れないなら1分55秒切る車について行けばいいジャマイカ。」そこで1分55秒切りそうな車を物色。フェラーリは速すぎてついて行けないのでーお手頃の車としてBMW M3 クーペ '07とアウディ R8 4.2 FSI R トロニック '07がおすすめ。今回はAudi R8に的を絞ってストーキング。直線はあちらが速いので引っ張ってもらってカーブで詰めるの繰り返し。ホームストレートだけではなくコカコーラコーナーまでとか300Rとかでも引っ張ってもらえる。そのために少々はみ出しても気にしない。スタンダードモードならスピンしないのと3輪ショートカットしても1輪縁石上ならショートカットペナなしの勢いでモリモリ追走。R34にこんな勢いで追いかけられたらお兄さん恐くて泣いちゃうなぐらいの勢いで追いかけて最終コーナーもぴったりくっついて立ち上がり。出たー1分54秒713━━━━ヽ(T∀T)ノ━━━━!!!ゴールド獲得にゃー!!ちなみに途中でR8を抜いてみるパターンも試してみたけどこれだけでもう1分55秒切れなかったあたり、スタンダードモードでここまでするのが正解なのかも。だとするとスタンダードモードを使うのは必ずしもチートとはいえないのかなぁ・・・。プロフェッショナルモードでゴールド取れる人がいたら是非ともリプレイを見せていただきたいものである。

まぁこれはこれとしてゴールド獲得したのでクリアってことで。

画像は説明用富士スピードウェイコース図。FSW公式HPから。まz(ry

080219 (Tue) 金持ちボンボンねこ。

cotanaka2008-02-19

1)Mission Race

Bクラス最後の種目ー。アウディ R8 4.2 FSI R トロニック '07でデイトナ6周で優勝を目指せー。16位スタート。ってことでAudi R8を買って来ないといかん。R8って例のへたっぴ金持ちボンボンカーですよ。まずはAudiのディーラーへ。おねだんー16,670,000Crー。( ゚∀゚).∴ゴフッ とんでもねー値段。実際の支出なら首くくりたくなるお値段ですが、幸いゲーム。エボTrialで取りまくったシルバーの賞金があるので問題なく購入。これで今日から金持ちのボンボンの仲間入りー。色はーDaytonagrau Perleffekt/Quarzgrau Metallicで。何となく。さてゲームの方はー

R8スゲェ速ぇぇ!なるほど親父が夢中になるわけだ。今まで乗ってた車がギュンギュン抜けます。まぁスピードウェイというのがあるのでしょうけど。むしろアルファロメオとか遅すぎて帰って危ない。後ろとかぜんぜん見てない人たちwなので平気で自分の道ーとラインを変えてきます。それで何度追突したことか。イベントはチャレンジ3回目ぐらいにフェラーリのすぐ後ろの2位が取れてその次は見事優勝。遅い車集団に引っかかったフェラーリをアウトからスパーンと抜いたった。この時は何台か接触しての優勝だったので事故ゼロを目指してもう少しチャレンジ。むしろこっちの方が時間かかった。小一時間ほどかかって達成。これでBクラスは全てゴールド獲得(ちょっとチート臭いところもあったけど)。Bクラス卒業のプレゼントカーにマツダ アテンザ スポーツ(東京モーターショー参考出品車) '07を頂きましたー。(゚∀゚)スンスンスーン MAZDAの赤はきれいな赤。アテンザは赤が正解と思う。でも性能を鑑みるにこれから先乗る機会はなさそう。

2)Gran Turismo All Stars1

ここからはAクラス。今度もデイトナSWですが3周で優勝を。今度は車種制限なしとの事でしたが、もう慣れたAudi R8で。敵車も一番遅いクラスでインプレッサとかエボとか。16位スタートですが、こんどは進行上7-8台の集団をかいくぐっていくような感じに。周りが速い分ドラフティングもガッツリ効いて300km/h近いスピードで集団の中をごつんごつんと走行。NASCARってこんな感じなのか。恐ぇぇ!!スピードに乗って追いかけられるのでトップ集団にターン2で追いついてターン3、4で勝負。しくじるとシルバーはおろか10位とかあるので。集団はズバッと抜かなきゃいけない。うまくNSX, フェアレディZの後ろの入ってゴール前で1台分前に出ました。ゴールド獲得。さっきよりは難しいけどそんなに難易度は上がってない。これも事故ゼロを目指してやってみたけどまぁ何とか。最後にリアをちょっと壁にこすった。Audi R8でデイトナSWはターン1の入りを290km/hでアクセル再開を少しがまん目、ターン3の入りを285km/hで立ち上がりを早めにで安定して回れるようです。ブレーキいらずでちょっとしたアクセルワークとハンドルの舵角で調整。

3)Japanese Cup1

コースは富士Fで日本車限定イベント。なのでAudiはだめ。でもパワー競争は止められないところまで来ているのでパワー重視で日産 GT-R '07を購入。お値段7,770,000Cr。イラストと同じUltimate Metal Silver(4M)で。これも金持ちボンボンカーですが微妙な車でドツボにはまるよりもいいかと思って。金持ちケンカせず。ところがこのGT-Rなかなかのくせ者でした。パワーが有りすぎというかタイヤが負けすぎてすぐスピンする。ちょっとアクセルがラフになっただけでリアが流れてすぴーん(T T) 1コーナーはもちろん、100Rとかネッツコーナーとか3速でアイドリングじゃねーかと思うぐらいそろそろアクセルで行かないとすぐスピンする。運転しづらいったらありゃしない。まぁ確かにパワーは折り紙付きの直線バカのようですが。おまけにAクラスに入って接触とか幅寄せなどにペナルティーがつくようになった。いや、ほんとにそうならペナは仕方ないのですよ。でもインをついて前に出て立ち上がりでリアが敵車のノーズにちょっと当たったとかですぐペナが来る。うそーん(T△T) その割には直線で横からゴンゴン当ててもペナ来ないし。これが幅寄せちゃうんかい!ゲームの方は直線バカをいかんなく発揮しスリップなど関係なくびゅんびゅん抜いてカーブも馬力で無茶抜き。楽々ゴールド。最初の1台をノーペナで抜けばあとは難しくない。つかお前が幅寄せすんな。これも最初は1ペナでゴールドでしたがもう少しやってノーペナゴールド達成。ネットで攻略ページ見てたらエボXでも行けるみたいなのでエボX買ったらこのイベントまたやるかも。

画像は説明用デイトナコース。まずかっt(ry

080216 (Sat) うちの子に似ているねこ。

cotanaka2008-02-16

うちの子特集。

1)Clubman Cup2

ロンドン市街地コース順走ー。6位スタートで優勝を目指すシリーズ。まずは流れで Audi TTクーペで参加。1周目で2台、2周目で1台、3周目で1台と抜けますがこの時点でトップははるか彼方なのでどうもTTクーペでは無理っぽい。もっと立ち上がりの強い車を。ってことで新車買いました。次のイベントで買わなきゃいけない車だったので三菱 ランサーエボリューション ? GSR '07をー。うちの子キタ━━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━━!!!正確には愛車はエボVIIなので別の車なのですがベース車が同じランサーセディアで、今度出たエボXはフォルティスがベース車なのでエボIXといえど基本は同じ。ってことで認知w。色は当然うちの子と同じSolid Yellowで。エボIXに乗り換えてゲーム開始。メーター類もうちの子と全く同じでワロタw 他の車も笑うぐらい実車と同じなんだろうなぁ。オマケに車幅感覚も非常に実車に近いものがあったので非常に運転しやすかったです。壁とかギリギリに近づけやすかった。ゲームの方はどっかんターボを生かして強烈に立ち上がり、TTクーペでは背中も見えなかったトップ車を3周目1コーナーでかわすぐらい余裕でした。クラブマンカップは車しだい。それはそうとハンドルがパワステ切れたみたいに重いんだよなぁ。実車ではありえないくらい。仕様なのかGT Force Proの調子がわるいのか(´・ω・`)

2)LANCER Evolution ? Trial

アイガー北壁コース。10分でタイム出せシリーズ。ただでさえコースが難しい上スポーツタイヤ走行で非常に難しいです・・・。ぜんぜんグリップがないです。 エボIXにはAYC(AYC=Active Yaw Control System, APYは赤木ピアノ輸送)という制御装置がついていてカーブでアクセルを踏めば踏むほどカーブをグングン曲がる変態制御装置なのですがゲーム上ではあまり実感がない。ただ単にタイヤのキャパが負けているだけなのかもしれないけれど。何にせよスタビリティ不足でカーブの中でアクセル踏めない。ちょっとでも間違うとライン外して飛んでいきます。2時間ほど集中してやりましたが1分18秒切るのがやっと。1分18秒はシルバーの獲得基準なのでゴールドの1分15秒はほど遠い。もう2時間ほどやって安定タイム17秒後半、最速でも17秒3だったのでこれはもう無理か。これだけやってもキビシイのでここはあきらめてプロフェッショナルモード→スタンダードモードに変更。するとおお全然違う。パーシャル使わなくてもカーブでぜんぜん滑らないでハンドルが安定してます。これで大きくタイムアップの1分15秒4。あと0.4秒。これが意外に手こずって4セット(1セット=10分)目でようやく達成。1分14秒754。スタンダードモード使ったので少しチート臭い気もするのですがまぁこれでゴールド獲得、クリアってことで。でないとプロフェッショナルモードで2秒縮めるって全然目処たたないので。いちおう攻略のコツはー最初の連続カーブ連続は突っ込みすぎないこと、連続カーブ降りて直線に移るときはタイヤを路肩に落とさずリアを振りすぎないようにしてまっすぐ入っていくこと、最終複合コーナーはハンドル切るの1回でアクセルコントロールでカーブの湾曲に合わせて曲がれればいいなぁぐらいの感じで。何せ攻略できてないので ここ!というポイントが他にもあるかもしれない。

3)FF Challenge2

4WDのエボIXからFFのホンダ インテグラ タイプR '04に乗り換えて参加。コースは鈴鹿サーキット、6位スタート3周で優勝目標シリーズ。エボからの乗り換えだったので1周目1コーナーで曲がらねぇー!思いっきりコースアウトしましたw 軽く走って感覚思い出しての2戦目。敵車は速くないのでギンギンに走らなくても1周目ヘアピンまでに5台抜いてトップに立ちました。もちろんプロフェッショナルモードで。あのエボTrialの厳しさにくらべ何だこのぬるさはと思いつつ残り2周を一人旅。130Rブレーキ踏んで安全にマージン取って走ったにもかかわらず10秒以上のぶっちぎりでした。楽勝。

4)Clubman Cup3

富士Fの6位スタート優勝目標シリーズ。ここは再びうちの子エボIXに乗り換えて参加。目の前はインテ。1コーナーの突っ込みでアウトから楽々かわす。ヘアピンコーナーでBMW Z4の前に出てダンロップの飛び込みでその前のインテをパス。最終コーナーで2位のAudi TTクーペに追いついてスリップを使ってコントロールライン前で2位浮上。あとはトップのルノー クリオ ルノー・スポール V6 24V '00だけ。1周目終わった時点では少し離れていたけど100Rで追いついた。例によってヘアピンコーナーの立ち上がりでパスしてーと思ったけどあちらも立ち上がりが良く抜ききれず。へんてこスポーツカーで有名なルノー・スポール V6さすがである。300Rからダンロップコーナーへの飛び込みで前に出たけどオーバーラン。ここから2007年F1日本GPマッサvsクビサばりの抜きつ抜かれつおおもつれバトルを 展開。最終コーナーで前に出られたけどスリップを使って前へ。鼻先差でコントロールラインを通過したところでいきなりFINISH!今回は2周勝負だったようです。ゴールド獲得。念のためもう1戦やってみたら1.8秒差つけて勝ちました。やっぱりTrialの難しさは異常。

ところでランエボIXで富士スピードウェイのホームストレート走ってたらないはずの6速に入って驚いた(エボIXは5速まで)。

画像は説明用に無断借用したコース図。グランツーリスモHD公式HPから。