Hatena::ブログ(Diary)

ペットとマンガと十字架と RSSフィード

November-23(Fri),-2007 礼拝について、心構え、みたいなものを語ろうとしているのか、私?

cotton1031pct2007-11-23

[][]思わず声出して笑ってしまった事〜愛護センターに猫持ち込んだ、死ぬまでデフォルト・バ○家族〜

きりなの日記さん繋がり:いかんなぁ、小石先生のイラスト仕上げにゃならんのに(笑)

★いちごいちえ★ スッキリ!ペットの処分場。


一部引用させて頂く。

私は、センターに持ち込む人を実際に見た事はありませんが、よく聞く事「普通の人が普通に持ち込む」の意味が分かりました。

仔猫を持ち込んだ家族は、普通の家族でした。

子供も一緒に来ていました。

猫はワクチンも何も打っていない。

別れを惜しみ泣いていました。

けど、持ち込んだ理由は「子供が拾ってきて飼っていたけど、家族旅行に行く事になり、猫が居たんじゃいけない。。。子供に猫を飼い続けるか家族旅行か選ばせたら旅行をとった」と言う事でした。

猫の命と家族旅行を天秤にかけ、旅行を選んだ家族は「でも、2ヶ月でも猫を飼えて優しさが芽生えてよかった。今度また飼う時はここで見つけれたらいいと思う」と言っていました。

私には、泣いてる理由が全く理解できません。

さてワタクシ、件の記事の『子供に猫を飼い続けるか家族旅行か選ばせたら旅行をとった』と言う箇所で、声を出して笑ってしまいました。


乾いた笑いで、笑ってしまいました。


なんっじゃ…、これ。


うー、どっかで聞いた風景だけど、ま今回、ソッチは置いておくとして。


どんんんんんんダケ呪わしい家族旅行だコレ;(嘲)


どいつこいつもおらんだも、完璧な人間は居ませんし、居るわけゃーないんですが、

これチョット酷過ぎます。


もしかして、「シャレ?」とか突っ込みたくなるんですけども。


そんな選択するなら、


最後まで自分でやれ、


自分の手をに汚せ、


と、私はそう思う。


そうか、愛護センターに赴いて引き取る、ってのに、こういう手合いも居んのね。

一つ勉強になった。


人間て、マジ罪深いねー!!カンシンしちゃうよ。


五羽のすずめは二アサリオンで売られているではないか。

しかも、その一羽も、神のみまえで忘れられてはいない。

<ルカによる福音書 12章6節>


空の鳥を見るがよい。

まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、

あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。

<マタイによる福音書 6章26節>


主の作品を蔑ろにするのは、自分の人生を蔑ろにしているんだ。


うむ、私にとっては、連中がそれを生きている間に悟るまいが、知ったこっちゃーないけどな(ニヤリ)