Hatena::ブログ(Diary)

NumericSteps

2016-12-02

テラミスティカあんちょこ

| 11:57


■前段・基礎知識

・1ラウンド、3フェイズ。6ラウンド+終了ボーナス得点で最終得点を計算。

リソースは、コイン、労働者司祭、パワーの4種類。前3つは下方互換がある。

・パワーは1得る毎に、IからIIに1つずつトークンを動かす、Iが空になればIIからIIIに1つずつ動かす。

・IIIの皿にあるパワーはアクションで消費したり、別のリソースに変換できる。

・IIの皿にあるパワートークン2つのうち、1つを破棄することでもう1つをIIIの皿に動かす事ができる。

■準備

・いろいろ並べる。

・ボーナスタイル・ラウンドタイル・追加得点タイルを公開する。

・プレイ順を適当に決める。

・最後のプレイヤーから逆順で種族を選ぶ。種族ボードに駒を並べ、初期リソースを獲得する。

・スタートプレイヤーから1件づつ家を建設する。その後最後のプレイヤーから逆順で1件ずつ家を建設する。

■ラウンドの進行

・収入フェイズ。ボード、タイルに見えているリソースを獲得する。同時進行。

・アクションフェイズ。順番に1アクションずつ行う。全員がパスするまで続ける。

・ラウンドタイルに、このラウンドで行うと勝利点が得られるアクションが示されている。

  1.開拓と建設。自分の建物に隣接している開いている土地を開拓する。かつ/または、開いている自分の種族の色の土地に住居を建てる。

  2.船のアップグレード。コイン、司祭を支払い船のグレードを上げる。勝利点を得る。

    開拓と建設の時に、船レベルの数だけ、水の地形を超えて隣接とみなすことができる。

  3.スコップアップグレード。コイン、労働者司祭を支払いスコップのグレードを上げる。勝利点を得る。

    土地の開拓に必要なスコップを出すための労働者の支払いが減る。

  4.建物のアップグレード。コストを支払い、1つの建物を矢印に従って1段階アップグレードする。

    開拓地のコストは、別プレイヤーの建物と隣接していれば安い方、していなければ高い方を支払う。

    神殿・聖域にアップグレードした時、任意の恩恵タイルを1つ受け取る。同じ恩恵タイルは複数取れない。

      恩恵タイルは即座に得られる宗教ポイントと、永続的な効果が付いている。

  5.司祭派遣司祭派遣してマスに書かれただけ対応する宗教ポイントを高める。

    あるいは司祭をストックに戻して好きな宗教ポイントを1高める。超えたラインに応じてパワーを得る。

    10のマスには先着一名かつ、街(後述)を建てていないと入れない。

  6.パワーアクション。パワーを消費して行えるアクション。

    スコップを得れば開拓と建築が行える。リソースをもらう。橋を架ける。

  7.特別アクション。種族ボード・恩恵タイル・ボーナスタイルの八角形のマスで示されるアクションを行う。

  8.パス。持っているボーナスタイルを戻し、新しいボーナスタイルを獲得する。

    戻したボーナスタイルが点数を得られるものなら勝利点を得る。

  ・自分の建物に隣接した土地で、他のプレイヤーが建設またはアップグレードを行うとパワー収入が得られる。

    得られるパワーは変化があった土地に隣接する自分の建物のレベルの合計(1:住居、2:開拓地、神殿、3:砦、聖域)

    パワーを得るためには(獲得するパワー)-1勝利点を支払わなければならず、一部だけを受け取ることはできない。

  ・自分の建物が隣接して4マス以上かつ建物のレベルの合計が7以上になった時、その一連の建物を街にする。

    任意の街タイルを受け取り、建物の1つに配置する。街タイルに示された勝利点と、ボーナスを即座に得る。

    橋で結ばれた土地同士は直接隣接しているものとみなす。船による隣接は認めない。

宗教フェイズ。ラウンドタイルに示された宗教ポイント毎にボーナスを得る。次のラウンドへ。

  スコップが得られる場合は建築はできない。順番が関係する場合はプレイ順に従う。

  パワーアクション、特別アクション上のXチップを取り除く。

  残っているボーナスタイルに1コインずつ置く。

  第6ラウンドは宗教フェイズは存在しない。

  

■終了ボーナス

  ・接続数ボーナス。

    接続数が多いプレイヤーから18/12/6勝利点を得る。同着の場合は次の順位点を足して人数で割る(切り捨て。以下同様)

    接続数は、直接隣接(橋を含む)と船による間接隣接を合計し、最も多い隣接した建物の数とする。

  ・追加ボーナス。

    タイルに応じた追加ボーナスを18/12/6勝利点を得る。

  ・宗教ボーナス。

    各宗教ポイントが高いプレイヤーから8/4/2勝利点を得る。

  ・リソース

    全てのリソースをコインに変換して、3コイン毎に1勝利点を得る。

Tips

■Memo

アクション時に気をつけること

1.開拓と建設。

  恩恵タイル(家2点)、ラウンドタイル(スコップ・家)、街の完成、

  周囲のプレイヤーはパワーを得る。

2.船のアップグレード

  勝利点を得る。

3.スコップアップグレード

  勝利点を得る。

4.建物のアップグレード

  恩恵タイル(開拓地3点)、ラウンドタイル(開拓地、神殿、砦聖域)、街の完成、

  恩恵タイルの獲得(神殿・聖域)、周囲のプレイヤーはパワーを得る。

5.司祭派遣

  パワーを得る。

6.パワーアクション

  街の完成(橋)、「開拓と建設」と同様(スコップ

7.特別アクション

  色々。

8.パス

  ボーナスタイルのパス時効果。恩恵タイルのパス時効果。

2016-10-25

MiniMetro実績取得

| 11:10

http://d.hatena.ne.jp/countable/20150620/1434808567

追加分も含めて攻略したので、最後に残った幾つかの実績の攻略について。

全体的に取れそうで取れないほどよい難しさの実績が多くて楽しい。


■Hong Kong Eights/各路線に最大で8つの駅しか接続せずに1100人の乗客を輸送する。

□駅が極端に少ないので、最初の一つを中心に星状に延ばしていく。各路線の共有駅は多くても2つ程度にとどめておくのが無難。

延ばす毎に駅の数を数えるのは忘れずに、本当にきつくなるまでは操作ミスへの保険で7駅までにとどめておくのもいい。

それでも路線が足りなくなる。いくつかの駅は◯△の客が多く発生するのでそれらの駅はあえて通常営業に組み込まず、溜まった時に臨時路線を走らせるといい。


■Don't Have a Cow, Man/第9週に到達する。

似たような実績の大阪と比べて厳しい、8週を越えたあたりで最終形を組み直してからは気合。

臨時路線用に路線2本、先頭車両4両を常に確保しておきたい。


■The City of Six Carriages/各路線には最大で1つの後続車両しか配置せずに1500人の乗客を輸送する。

列車の定員が4人になっているので、その分乗客のPOPは緩めなので落ち着いて対処すること。

あえて後続車両を取得しないことでミスを防げる。


■Second Harbour Crossing/最大で2つのトンネルを使用して1600人の乗客を輸送する。

地形が入り組んでいるため、同じ岸でもトンネルが必要になる場合があるので注意。駅が増えることで陸路を行けるようになる。そうなるまでは放置するのも致し方ない。

南北で一本長いトンネルを使用して、もう一本は臨時路線用にとっておく。

トンネルは絶対に取得しない。

2016-10-08

4人の容疑者ソロプレイログ

| 02:17

4人の容疑者という推理ゲームをソロでプレイしてみたというお話。つまるところ論理パズル。

レギュレーションは以下の通り。

・NPC3人(A,B,C)にアリバイカードを4枚ずつ自分に3枚配り、1枚を真相として箱にしまう。

NPCに順番に質問を行う。

・質問は質問カードの山を1枚めくりその内容に従う。質問する項目は、ランダムに決定する。

・自明である、あるいは答えがわかっているような質問になった場合はやり直す。

・質問が決まったらNPCの手札を確認し、回答枚数のみを記録する。

・協力者は使用しない。

・以上を真相を推測できるまで繰り返す。

回答を確認する際に手札を見ているので答えはすぐにわかるのだが、あくまで枚数のみのヒントで論理的に真相を導くことが目的。メモ取りの練習にはなるはず。

ログによるリプレイもできる。

ターン数:NPC(質問内容)回答数

人物名はあ〜え、時間は3690、場所は土産・庭・温泉・部屋で表記する。なお、自分が真相にたどり着いたターン数であって最短とは限らない。真相は反転で。

■第1夜(自分の手札:庭3、庭9、部屋6)

01:A(庭、温泉、部屋)2

02:B(い、え)1

03:C(温泉)1

04:A(い、う、え)3

05:B(6、9)4

06:C(あ、え)2

07:A(3、6)1

08:B(9、0)2

09:C(温泉、部屋)2

10:A(3、9、0)3

真相[部屋3]


以下続刊