Hatena::ブログ(Diary)

CPZオフライン|無料動画

2007-09-17 農家の巨乳妻 息子の嫁...

最近話題のキーワードをすばやく解説!

コリン・マクレー

1986年からラリー参戦を開始。世界ラリー選手権 (WRC) 初参戦は1987年のスウェディッシュ・ラリー。スバルプロドライブに才能を見出され1991年に同チームに加入し、スバルレガシィを駆って1991年・1992年の英国選手権を制覇。WRC参戦をはじめたばかりのスバルの若き期待の星として、しばしば目を見張るスピードを見せるものの派手なクラッシュも多く「マクラッシュ(壊し屋マクレー)」と称された。

1993年ニュージーランドラリーで自身とスバルにとって初のWRC勝利を飾る。1995年にはイギリス人初、史上最年少でのドライバーズチャンピオンを獲得し、スバルも初のマニファクチャラーズタイトルを獲得する。1996年は3勝、1997年は5勝を上げ、スバルのマニファクチャラーズタイトル3連覇に貢献するも、ドライバー部門ではトミ・マキネンに次ぐランキング2位にとどまった。

1995年のタイトルを獲得したスバルインプレッサ 555.1999年シーズンから新鋭WRカー・フォーカス WRCを擁するフォードに移籍。マシン開発と並行しながらの参戦にあって時折勝利を飾るものの4年間の在籍期間でタイトル獲得はならず。ラリー史上最高額と言われる契約金がフォードワークスの財政事情に大きな負担となり、放出の最大の原因ともなった。

2003年にはシトロエンから参戦したが、精彩を欠き、シーズン終了後に同チームのシートを失った。

以降WRCへの参戦は実現していなかったが、2005年に入りシュコダとの接触が報じられ、9月のラリーGBと11月のラリー・オーストラリアでファビア WRCに乗りスポット参戦を果たした。オーストラリアではレグ3の午前中のサービスに入る時点まで3位を走行しており、コリン自身はもとよりシュコダ勢では久しぶりの表彰台が期待されたが、惜しくもマシントラブルでリタイアとなってしまった。

2006年10月、シトロエンセバスティアン・ローブがトレーニング中の骨折で欠場したため、13戦トルコに代理参戦した。しかし途中6位〜7位と振るわず、最終日に電気系トラブルでリタイアし、1戦のみの参戦となった。

WRC通算25勝はセバスティアン・ローブの28勝(2007年シーズン開始時点)、カルロス・サインツの26勝に次ぐ、史上3位である。

2004年、2005年には日産自動車ワークスチームからパリ・ダカール・ラリーに参戦した。時折好タイムをマークするなど健在ぶりを見せ付けるも、2004年は途中でマシントラブルに見舞われ順位を大幅に下げ、2005年は前半首位を快走していたものの突如横転しリタイア。もう一つの「らしさ」を見せてしまう。

2007年にはXゲームズの新ステージ「ラリー」に出場、圧倒的なタイムをたたき出し、最終ステージの最後のコーナーで転倒しつつも2位でフィニッシュした。

2007年9月15日、自宅のあるラナーク周辺にて、自身が操縦していた自家用ヘリが墜落し死去[1]



PANICSMILE

吉田肇(ギター/ボーカル)

保田憲一(ベース)

石橋英子(ドラム/ボーカル)

Jason Shalton(ギター)



1992年結成。幾多のメンバーチェンジを経て2000年現在のメンバー編成に。

その時期によって音楽スタイルは異なるが一貫して貫かれるPANICSMILEとしてのオリジナリティは他のロックバンドの追随を許さない。過去、突然段ボールのメンバー(恋に生きる)だった時期も有り、他にはロレッタセコハンとのユニット「アンダーソン」、近年では梅津和時向井秀徳菊地成孔とのコラボレーションが記憶に新しい。最新音源としてはNATSUMENAxSxEプロデュースによる5thアルバム「MINIATURES」、同じAxSxEによる録音・MIXのライブアルバム「EATS TOKYO ALIVE!」。また、ギターのジェイソン・シャルトンは現在DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENのギターとしても活動。ドラムの石橋英子も自身のソロやMONGHANG等のバンドでも活動。2006年4月には待望のソロ最新作がリリースされた。



衛星第二

当初、NHK衛星放送を山間部や離島など直接アンテナを立てて受信することの出来ない地域(難視聴)への対策を目的として、NHK衛星第1テレビジョン(BS1)が総合テレビBS2教育テレビのそれぞれの同時・ないしは時差編成を中心として行うこととしていた。しかし1984年の開局時に使用した「ゆり2号a」の中継機と予備機各1台が故障するトラブルに巻き込まれ、予定していた2チャンネル体制での放送は急遽中止。1チャンネルで地上波2チャンネルの同時・時差編成の混成放送をまずは行った。

そして1985年にそれら故障した中継機の補完を目的とした「ゆり2号b」が打ち上げられ、本来の2チャンネル体制が確立。1987年からBS1が24時間完全自主編成の放送となってからは、地上波2チャンネルの同時・時差編成を中心に行い、1989年6月からの本放送突入以後はそれを並行しつつも、本格的な独自編成を取り入れた24時間放送(但し初期の頃は実際は後述のとおり23時間以下しか放送されなかった)を開始するようになる。

BS1がニュースやスポーツ中継を中心とした編成であるのに対して、BS2は映画やコンサート中継、アニメ海外ドラマなどエンターテイメント性の高い番組を中心に編成されている。スポーツ中継は大相撲、春と夏の高校野球(開・閉会式、準々決勝、準決勝、決勝)のみに限られるが、BS1の編成の都合上で放送できない場合まれに放送されることがある(2007年7月29日のAFCアジアカップ決勝戦がBS1参議院通常選挙開票速報放送に伴う代替放送もこれに該当する)。

また、先述のとおり、BS2が「(地上波の)難視聴解消を目的とする放送」と位置付けられているため、『NHKニュースおはよう日本』・『NHKニュース7』・『NHKのど自慢』・『国会中継』・『日曜討論』など、総合テレビとの同時放送、さらに、『連続テレビ小説』の45分先行放送、1週間分再放送など、総合テレビ教育テレビの番組を時差編成で放送している。BSアナログ放送のチャンネルでは唯一字幕放送を行っている。また、衛星波3チャンネル中、「NHKニュース速報」のテロップは表示はなく、地震速報のみの速報テロップ表示(震度3以上ローカルの場合は衛星波3チャンネルとも表示なし。また、衛星波3チャンネルとも交通情報・気象警報のテロップ表示も一切行われていない(総合テレビが担っているため))となっている。

BSデジタル放送では標準画質であるが、放送時間の大半がハイビジョン同様16:9の画面で放送され、2か国語放送・解説放送もステレオで放送される事があるほか、一部の音楽・映画番組では5.1サラウンド放送もある。またリモコンのdボタンで、気象情報のデータ放送を見る事もできる。なお、16:9の画面で放送されている番組は原則としてハイビジョン制作である。2006年11月20日よりハイビジョン制作の番組(一部の15秒、30秒、1分の番組案内スポットも含む)は原則として16:9の画面で放送されている。なお、近い将来、このチャンネルはBS1とともにハイビジョンチャンネル化されることが予定されている。

現在は移行期間中のため、デジタルとアナログの両方で放送している。デジタル放送については、NHKは放送免許を持たず、委託放送事業者として放送を行っている。アナログについても、2007年10月31日24時を以ってNHK放送局としては廃局となり、委託放送事業者に移行する。

ラジオNIKKEI

設立時の社名は「日本短波放送」。のちに「ラジオたんぱ」の愛称名が広く定着したが、2003年10月1日に現社名に変更、その後愛称も現在の「ラジオNIKKEI」に変更された。

従来からの短波放送のほか、衛星放送(BSCS)、地上デジタル音声放送、インターネット携帯電話などで幅広く展開。帯域の増加で放送業界の聴取者獲得競争が今後も激しくなることが予想されるため、日本経済新聞社のデジタルコンテンツを各メディアでフル活用している。ただし、同じ日経グループのテレビメディアテレビ東京をキー局とするTXNBSジャパン日経CNBC)との直接的な関係は薄い。

6大コンテンツ(経済中央競馬医療通信教育アジアアニメ情報)を編成の主軸に据え、短波放送・衛星放送・地上デジタル音声放送・インターネットラジオ携帯電話の媒体を通して展開している。

なお、現社名・愛称名に変更後も、ソニー松下電器などから発売されている短波ラジオ受信機では、旧社名の「日本短波放送」を略した「NSB」の表記が引き続き使用されている。これは「NSB」の表記がある程度認知され定着していることに加え、社名変更以降に発売された短波ラジオの新機種がないため、従来品をそのまま継続生産しているためである。日経ラジオ社も、メーカーに対して変更を求めていない。

早野宏史

神奈川県生田高等学校を経て、中央大学法学部政治学科卒業後の1978年日産自動車サッカー部横浜F・マリノスの母体)に入社。小柄だがスピードのある技巧派FWとして活躍した。中央大学時代の後輩金田喜稔、その金田の県立広島工業高校時代の後輩木村和司とともに、当時日産ターボトリオと称される。

12年間の現役選手生活を経て1987年から日産サッカー部の下部組織「日産ファーム」(現在のサテライトチーム)、「日産ユース」「日産レディース」などで監督として指導者の下積みを送った。1992年のJリーグ開幕とともにマリノスのコーチに就任。1995年S級ライセンス資格(Jリーグのトップチーム=社会人チーム=監督就任に必要)を取得。同年シーズンの途中から監督に昇格しその年のリーグ戦を制覇した。

その後1996年に退任後はNHK衛星放送のJリーグ中継とWOWOWヨーロッパサッカー中継で解説を担当。NHKでは他にサタデースポーツ(総合テレビ)のサッカーコメンテーターとしてレギュラー出演しており、くだらない駄洒落やオヤジギャグを絡ませた楽しい解説で視聴者の人気を集めた(「ジダンが地団駄踏んだ」は有名)。

1999年から2001年まで、ガンバ大阪の監督に就任。 チームを「ヤングボーイズ」と取材などで呼び、若い選手をピッチに送り出した。

2002年から再びサッカー解説者としてNHK衛星放送、WOWOWで活動した後、2004年7月、柏レイソルが成績不振を理由に前監督を解任したのに伴い新監督として就任。しかし半年でチームは立て直せずチームは年間最下位。幸いこの年はJ1チームを16チームから18チームに増やすのに伴い、例年のように自動降格ではなくJ1最下位とJ2・3位との入れ替え戦があった。J2のアビスパ福岡とのJ1・J2入れ替え戦で2勝して残留を決めた。しかし、翌2005年もチームは低迷を続け、結局、年間16位で2年連続のJ1・J2入れ替え戦(相手はヴァンフォーレ甲府)に回る。入れ替え戦では、第一戦1-2、第二戦2-6と連敗してチームはJ2降格となった。その後、J2降格の責任を取って辞任した。

2006年9月よりNHKサッカー解説者に復帰。

2007年、古巣横浜F・マリノスで現場復帰を果たしたが、サポーターから歓迎を受けて監督の椅子に座った訳では無かった。就任が決定した際、監督としての能力を疑問視するサポーターからの抗議メールがクラブに対して700通余り届いたと言われている。それに加え、(早野の就任のみが理由でないにせよ)年間チケットの不買運動までも行われたという。

こうして迎えた2007年シーズンは、開幕戦甲府戦こそ勝利したものの、その後J2からの昇格組に連敗を喫するなど、早くも不安視されていた通りの結果となってしまった。しかし、4節の広島戦に快勝してからはチーム状態が持ち直し、7節の大分戦、8節の新潟戦でそれぞれ5-0、6-0と圧勝し、続く川崎戦で勝利し3連勝を飾っており、采配への批判は以前に比べ沈静化している。

渾名は早野凡平が由来のボンさん。



どうでしょうか?

男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww 2009/06/14 22:04
すげっ!!! 昨日の女に潮 吹 かされた!!!!!
イった後もキトー攻めされたら急に力入んなくんなって頭真っ白になってさぁ、
したら凄ぇ勢いで透明の液がチソコからブシャー!って出てマジ焦ったよww
女が潮 吹 くのは当然として、男が潮 吹 くなんて思わなかったわぁwwwww
頭がブッ飛ぶぐらい気持ちいいからやってもらってみー??

http://shiofuki.navi-y.net/2hVKHBX/

リクルートスイーツ(笑)リクルートスイーツ(笑) 2009/06/22 08:20
スイーツ(笑)女って実はスゲー金持ち多いんだね(^^;
コンビニ店員の俺涙目だったけどコレ始めてから立場逆転だしwwww
俺の言う事何でも聞くし金もたんまり貰えるというねwwwwww
こないだも俺のツィンポに生クリーム付けて顔真っ赤にしながらもベロベロうまそうにしゃぶりまくってたよヽ(´ー`)ノ

http://ahan.yumenokuni.net/GWQXvpp/

大乱交スマッシュブラジャーズ大乱交スマッシュブラジャーズ 2009/06/22 09:13
ちょww 普通の口ーションをあんな風に使うなんてどういうテクしてんだよww
ちょっとウソコ漏れたのに5万振り込んでくる金持ちの勢いには参りましたwww

http://dopyun.quitblue.com/UP0hwNW/

じゃぶぁー!!!!じゃぶぁー!!!! 2009/08/18 09:10
やっぱコスしてもらってハ メ るのが一番萌えに燃えるって!!!!!!
昨日はエ○ァの新キャラコスしてもらったもんねー(*´Д`)ハァハァ
興 奮しすぎて無意識に服着せたままパ ン ツ ビリビリに破いてバック突きしまくっちゃったwwww(テヘw)
既に次はハ○ヒで決定してるしwktkが止まらんねぇぇぇwwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/Op2ktoC/

Connection: close