ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

いい表情が顔のすべてだ RSSフィード Twitter

2013-12-12

形成外科医が、造形をするとどうなるのか SHARE VI

SHARE VI を開催した。


今回は、造形教室だ。


構想・準備で約1年。

どうしても、やりたかったもののひとつだ。



東京造形大学彫刻科ご卒業で、美術講師の松本先生をお迎えして、

秋葉原 3331アーツ千代田で行った。



まずは、さっそく、木炭粉を使った2次元表現から入る。

f:id:craniofacial:20131212142440j:image


3次元の感覚への移行準備だ。

その変化を、松本先生が解説して下さる。

f:id:craniofacial:20131212142437j:image



そのまま造形に入る。

手にとった石の形を手で憶え、それを粘土で再現してもらう。

Tactile sense…..and

Visual sense.

f:id:craniofacial:20131212142434j:image


視覚と触覚。

それぞれの優位性を高い位置で、融合できるか。

造形の導入だが・・・


すごい。。

みなさん、レベル高い。。。

f:id:craniofacial:20131212142443j:image



さあ、いよいよ首!

制作開始です。

みんな、楽しそう。

でも、この笑顔が、だんだんと・・・


f:id:craniofacial:20131212142441j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/craniofacial/20131212/p1