Hatena::ブログ(Diary)

前向きに行こうか - craysの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017年 01月 29日

SoundPEATS様のBluetoothイヤホン Q15 を開封レビュー

SoundPEATS様のBluetoothイヤホン Q15 の開封レビューとなります。

f:id:crays:20170129162629j:image:w360

黒をベースにした化粧箱です。

f:id:crays:20170129162630j:image:w360

日本語のマニュアルと専用ハードケースが入っています。

f:id:crays:20170129162631j:image:w360

ケース内には付属品とイヤホン本体が入っています。

f:id:crays:20170129162632j:image:w360

f:id:crays:20170129162634j:image:w360

f:id:crays:20170129162633j:image:w360

付属品は2種類のイヤーピースが2サイズと3サイズ、イヤホンを耳に固定するスタビライザが3サイズ、長さ調整の丸クリップが1つに、服などにケーブルをつけれるクリップが1つ、充電用のmicroUSBケーブルが1つついています。

f:id:crays:20170129162635j:image:w360

コントロールボタンはイヤホンの右側付近についており、上から+ボタン、メインボタン、ーボタンになっています。

メインボタンは電源のON/OFF、ペアリング、再生/停止となっており、+・ーボタンは単押しでボリューム調整、長押しで曲変更になっています。

ボリューム調整はスマホなどと同期しています。

また、コントロール音声は日本語になっています。

f:id:crays:20170129162636j:image:w360

コントロールボタンの裏側。

Bluetooth4.1となっており、APT-Xにも対応しています。

f:id:crays:20170129162637j:image:w360

f:id:crays:20170129162638j:image:w360

音質は中高音寄りのフラットな音質で、低音も綺麗になっています。

聴いていて気持ちの良い音質です。

ドンシャリ好きな方よりフラット音質好きな方にお勧めしたいイヤホンです。

2017年 01月 28日

SoundPEATS様のBluetoothスポーツイヤホン Q25 を開封レビュー

首かけタイプのBluetoothスポーツイヤホン Q25 の開封レビューです。

f:id:crays:20170129152722j:image:w360

f:id:crays:20170129152723j:image:w360

見開きのしっかりとしたパッケージです。

f:id:crays:20170129152724j:image:w360

パッケージを開くとイヤホンが現れます。

平たいケーブルが特徴でケーブルの曲がり癖もありません。

f:id:crays:20170129152725j:image:w360

こちらが付属品の一覧です。

イヤホン本体にイヤーピースが3サイズ、充電用のmicroUSBケーブルと長さ調整用のクリップが付属しています。

f:id:crays:20170129152726j:image:w360

左耳部分。SoundPEATSのロゴがかっこいいです。

f:id:crays:20170129152727j:image:w360

右耳部分、上部にあるのがコントロールボタンです。

真ん中がメインボタン、右(装着時手前)が+ボタン、左がーボタンです。

操作はメインボタンの長押しで電源ON/OFFとペアリング、再生/停止になっています。

+・ーボタンは単押しでボリューム調整となっており、スマホなどと同期しています。

f:id:crays:20170129152728j:image:w360

長さ調整クリップはこのようにケーブル間につけて調整します。

頭の小さい方やお子さんが使用される場合には調整して使うといいでしょう。

当方は調整なしで丁度良く使えました。


音質は中・高音寄りの音質になっており低音は弱めですが、そこはSoundPEATS様のイヤホン。

シャカシャカした軽い音ではなく綺麗な音質です

スポーツ仕様の為、遮音性は低めですので、静かな場所や電車の中などでは音量のあげすぎに注意したほうが良いでしょう。

2017年 01月 27日

SoundPEATS様のBluetoothイヤホン Q24 を開封レビュー

低価格で高音質なイヤホンが多いSoundPEATS様のBluetoothイヤホン Q24 の開封レビューとなります。


f:id:crays:20170129141905j:image:w360

しっかりとした化粧箱です。

f:id:crays:20170129141906j:image:w360

化粧箱を開けるとおなじみSoundPEATSロゴの入ったハードケースが。

f:id:crays:20170129141907j:image:w360

化粧箱にはケースとマニュアルがあります。

f:id:crays:20170129141914j:image:w360

マニュアルは安心の日本語表記

f:id:crays:20170129141908j:image:w360

ハードケースを開けるとイヤホン本体と付属品が入っています。

f:id:crays:20170129141909j:image:w360

f:id:crays:20170129141910j:image:w360

付属品の一覧です。

イヤホンを耳に固定するスタビライザが3サイズ、イヤーピースが3サイズ、ケーブルの長さ調整を行うE型クリップが2つ、microUSBケーブルが入っています。

(スタビライザ・イヤーピースは1つづつイヤホン本体に装着済み)

f:id:crays:20170129141911j:image:w360

イヤホン本体はカナル式になっており、音楽に集中できそうです。

f:id:crays:20170129141912j:image:w360

右イヤホン付近にあるコントローラ部分の裏側。しっかりと技適マークがあります。

f:id:crays:20170129141913j:image:w360

コントローラ部分。小さい丸がメインスイッチ、長い丸が+/-ボタンになります。


音質はフラットな印象がある音質です。低音もしっかりと出ており、前に出過ぎていない感じ。

ドンシャリ好きな方には物足りなさを感じるかもしれませんが、クリアで綺麗な音を奏でてくれます。

APT-Xに対応しているので、Androidスマホを利用されている方は更に高音質で使用できます。


また、こちらのイヤホンは磁石が内臓されており、首に下げて視聴している際、磁石で輪っかにして首にぶら下げれます。

輪っかにしたことでの操作(自動演奏停止)などはありません。


ボリュームコントロールはスマホなどと同期しています。


電源のON/OFFやペアリング時に流れる音声も日本語なので、どなたでも簡単に使うことができるかと思います。

2011年 03月 13日

Backgrounderの設定メモ

久しぶりにBackgrounderの設定を見直したのでそれの俺メモです。

各引用元サイト様に感謝。


以下の作業はiPhoneJailBreakする必要があります。

JailBreakAppleの保障が受けられなくなり、

ハッキングウィルス感染の危険があります。

自己責任かつ自己対処できない人は行わないでください。

これらの行為によるどんな被害が出たとしても当方は一切責任を取りません。


次にあげるサイト様記事が大変参考になります。

【iPhone/iPad:JailBreak】Backgrounder 1.0.3-1: ゆーがいぶろぐ
Backgrounder | Jailbreakers.Info
【iPhone/iPad:JailBreak】Backgrounder svn.r461-1: ゆーがいぶろぐ

各設定項目毎に3つの記事での記載内容を読み比べると一番理解できる。

で、今のお勧め設定は以下の通り。

  • Backgrounder method : Backgrounder
  • Fast App Switching : ON
  • Even if Unsupported : OFF
  • Fall Back to Native : ON
  • Enable as Launch : OFF
  • Stay Enabled : ON
  • Badge : OFF
  • Status Bar Icon : OFF
  • Minimize on Toggle : ON

iOS3時代の使い勝手(ホーム長押しによるBackground処理の切り替え)とiOS4の標準マルチタスクを上手く共存できてる設定かな?と思います。


たとえば音楽再生のアプリがあったとします。

しかし、そのアプリスリープやホーム画面に戻ると、音楽再生が止まってしまうとしましょう。(バックグラウンド再生が非対応のアプリ

そんな時、ホーム長押しすればBackgrounderで処理され、スリープでもバックグラウンドでも音楽が再生されるようになります。

ホーム長押しをしなければ標準マルチタスク動作なので、電池持ちや使用メモリー量も普段と変わらないはずです。

自分が意図したタイミングでBackgrounderに処理させるのが、上記設定となります。



2011/05/18 追記


SmilePlayerやYouTubeなどの動画系をBackgroundで再生させたい場合は、以下の手順で出来ます。

  1. 任意のアプリで、Backgroundで再生したい動画を再生
  2. ホームボタン長押しで1のアプリBackgroundにする
    (この時点で動画は一時停止し音が出なくなる)
  3. iPhoneをロックする。
  4. ロック画面でホームボタンをダブルクリックし、
    iPod.appのコントロールパネルを表示させる
  5. 再生ボタンを押す

これでロック状態でも再生されます。
また、この状態からロックを解除して別操作も可能です

2011年 03月 09日

dBar[One]等のWinterBoardテーマで、ホーム画面背景に動画を再生させる方法

以前の記事にコメントを頂きました。

dBarを使ったまんま

背景を動画にすることは可能ですか?

dBar[One]を使ったiPhoneホーム画面のカスタマイズ - 前向きに行こうか - craysの日記

僕も知らなかったので早速調べてみました。

で、結果は可能だったのでそれの覚書。



以下の作業はiPhoneJailBreakする必要があります。

JailBreakAppleの保障が受けられなくなり、

ハッキングウィルス感染の危険があります。

自己責任かつ自己対処できない人は行わないでください。

これらの行為によるどんな被害が出たとしても当方は一切責任を取りません。


今回はdBar[One]を使っているのを前提に書きます。

dBar以外のテーマを使用している場合は適切に読み替えてください。


まずは、動画を準備します。

僕はAppleTVのイントロ動画を試しに選びました。

これです↓

D


次にこの動画をmp4にします。

変換ソフトは好きなのを使ってください。

その際、動画の画面サイズを縦480px、横320pxにします。

(大体は横長の動画だと思うので、240x320になるのかな)


変換できたら、mp4ファイルの名前を

Wallpaper.mp4

リネームします。


最後にi-FunBoxを使いテーマフォルダへ配置します。

dBarのテーマパスは以下の通り。

それ以外のテーマであっても「Themes.******」までは一緒です。

/private/var/stash/Themes.******/dBar[One].theme

「******」の部分は適当な英数字が入ります


mp4の配置後、以下のファイルがテーマフォルダ内にある場合は削除してください。

Wallpaper.png


さぁ、リスプリングしてみましょう。

動画がホーム画面で再生されているはずです。

こんな感じ↓


見て分かる通り、スリープ状態であっても再生し続けるので電池の減りが早くなると思います。

また、無音の動画にしないと音が鳴り続けますwww