Hatena::ブログ(Diary)

crazyuplog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-01

コードレビュー

先週作ったPHP制作のコードをレビューしました。

突っ込まれた部分

  • 関数の1文字目は小文字
  • classは大文字
  • 名称の付け方に注意。
    • 誰でも分かる名称の付け方をしよう。
  • インデント重要
  • 改行が少ない
  • 空白を入れたり入れなかったりするから統一しよう。

分からなかった三項演算子を再び調べてみた。

404 Not Foundのサンプルコードを元に

実際に書いてみた。

<html>
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>三項演算子実験</title>
</head>
<body>
<h1>* 三項演算子実験 *</h1>
<h2>コード</h2>
<p>三項演算子で書いたやつ</p>
<blockquote>
     &lt;?php echo (!empty($_GET['baka'])) ? $_GET['baka'] : 'ばーかー'; ?&gt;
</blockquote>
<p>ふつーに書くとこうなる</p>
<blockquote>
&lt;?php<br />
       if (!empty($_GET['baka'])) {<br />
           echo $_GET['baka'];<br />
       } else {<br />
           echo 'ばーかー';<br />
       }<br />
     ?&gt;
</blockquote>
<h2>結果</h2>
<ul>
  <li><?php echo (!empty($_GET['baka'])) ? $_GET['baka'] : 'ばーかー'; ?></li>
</ul>
<h2>入力</h2>
<form method="get" action="">
     <input type="text" name="baka" />
     <input type="submit" />
     <input type="reset" /><br />
     <a href="sanko.php">もどる</a>
</form>
</body>
</html>

サンプル:crazyup.com

これを使いこなせればかなり便利だなーと思った。

2008-01-28

SpanningSync導入。

そろそろ大学での生活が多くなる時期が近づいてきたんですけども、

スケジュール管理どうしようかなぁと思っていました。

現状の管理方法というのが

  1. iCalでさくっと登録
  2. Missing Syncでアドエスと同期
  3. アドエスで見る。(またはちょいっと追加する。)

一応サブとして手帳に記述しておくんだけどメインは完全にiCal

つまり、家にあるMacがないとスケジュールが把握できない状態に。

まあ、アドエスで追加しつつみればいいっちゃあいいんですけども

それだと非常に不便。

というか、いつもiCalで見ていることに慣れちゃうと

慣れとは怖いもので困る。

ということでネットで検索してみたら

Google CalendariCalがシンクするソフトがあるらしい。

それがSpanningSync。

ということで実際に使ってみた。(今回は年間ライセンスを購入。)

大学生らしいシンク内容だったりするわけですけども

これだけでOK。

あとは、シンクするだけ。

そうするとWindowsだろうがMacだろうがLinuxだろうが

Webが見れる環境ならどこでもスケジュールが追加&確認できるようになりました。

△これは実際にWindows XP(ThinkPad)上でみた様子。

これで大学(泊まり込み)生活がエンジョイできるってものですよ!

Copyright © crazyup. All rights reserved.