Hatena::ブログ(Diary)

crazyuplog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-11

ThinkPad USBキーボードが予想以上によかったので文章をかけるようにしてみた。

昨日、PS/PLAZA WAKAMATSUに行ってThinkPad USBキーボード(55Y9003)を買ってきました。

地デジを見るために使っているVista機用として買いました。

f:id:crazyup:20100111204524j:image

使ってみると、予想以上によかった。

キーボード自体の解説は以下のサイトが詳しかったのでそちらを見ていただければと。

新型ThinkPad USBキーボード

いいキーボードに触れると文章が書きたくなる。

ということで文章をかけるように環境を整えてみた。

1. Alt+Spaceで日本語入力できるようにする。

僕はMacユーザーです。一応。

日本語入力のOn/OffはCommand+Spaceで行っています。

やっぱり、On/Offは同じようにしたい。

ということでCmdSpaceを入れます。

なぞのダイアリー: Winでもコマンド+スペースを!

2. Caps LockをCtrlキーに入れ替える。

XKeymacsを使って入れ替える。

設定はキーボードレイアウトから。

XKeymacs

3. Emacsのキーバインディングを使えるようにする。

これもXKeymacsをつかって設定。

4. ついでにGoogle日本語入力を入れる。

Google 日本語入力 ? Google

MacATOKを使っていてATOK2007ならWindows版のライセンスが余っていますが

どうせならGoogle日本語入力を入れてみることに。

さて、どうなるかな。


ということで一通り設定ができたかなと。

なんか、ここまでしないとダメになったのは自分が変わったっちゅうことなんでしょうね。

そういえば話は変わりますが、ヨドバシアキバでぶらぶらしてたら

Yahoo! JAPANの検索欄に「グーグル」と入力してGoogleに行こうとしていた人を見かけました。

なんか違和感を感じたのですが、それがあたりまえなのかもなぁと世間とのギャップに気づきました。

2008-12-18

Aspire Oneのメモリを増設したの巻。

Aspire One

人気のネットブックですね。自分も買いました。X31の変わりとして。

1GBのメモリがあれば十分かと思いきやメモリを食うFirefox

実験で使うアプリケーションを立ち上げると息絶え絶えになってしまう我がAspire One

まあ、実験で使うようなPCじゃないからしょうがないけども

どうにかしたいと思いますよね。

ということでメモリを交換してみました!

分解してみよー

分解手順は分解でお馴染みPC Watch Hothotレビューを参照しながらバラし

f:id:crazyup:20081219014353j:image

ねじを無くさないようにセロテープで留めながら分解。

f:id:crazyup:20081219020415j:image

ここまでしてやっとメモリ交換しました。

どきどきしながら電源を入れると立ち上がりシステムで確認してみると…

f:id:crazyup:20081219025219j:image

ということで無事動作しました。

今回交換したメモリがこちら。

f:id:crazyup:20081219025804j:image

GREEN HOUSE GH-DW667-1GBZ

これはこないだまでiMacで使ってたメモリです。

ネット上ではメモリの相性が結構あるみたいですが

こいつは相性が良かったみたいです。

保証も切れるし、NetBookとしてはバラしにくいので

正直お勧めはできませんが、どうしてもメモリが足りないと思うのであれば

自己責任で試してみるのも一つの方法かも知れません。

ちなみにiBook G3よりはバラしやすいです。(経験談)

2008-10-11

Aspire One買った。

f:id:crazyup:20081011195152j:image

最近、買った。買った。ばっかの更新なんですが、買ったんだからしょうがない。

実は、ThinkPad X31が壊れました。

大学の研究ではPCが不可欠なので買いました。

一括で買えなかったのでイーモバイル回線をまた契約しました。

そうです、今はやりのイーモバイル割です。

2回線契約・・・(>_<)

余裕がある人は一括で買ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、9800円でした。

バリバリモバイルしますのでどうなることやら。

世間で言われているトラックパッドの問題はマウスをつなげて使って解決です。

まあ、なれればどうにかなるのではないかなと。

スペック的にはX31とほぼ変わらないんじゃないかなと思ってます。

画面の小ささはFirefoxなら全画面表示にすれば解決するかなと。

今はFirefoxやwasacoを入れてネットにしか使っていませんが、

今のところは困ったことはないですね。

さあ、どうなるか。

2008-09-19

Dropboxをぼきはこんな風に使ってるよ。

Dropbox超便利!

ぼきは今卒業研究の真っ最中。しかも、データをガンガンとる研究なのでバックアップ大事。

研究室では自前のThinkPad使ってるけど、家ではMac

ThinkPadは鞄から出しもしない。なんで、データ共有とかバックアップとかめんどくさい。

だから、Dropbox使いまくってますよという話を書きます。

研究室フォルダ丸ごとバックアップ。

f:id:crazyup:20080919165606p:image

こんな風にふつーに使ってると勝手にバックアップしてくれるのはすごく便利。

メモ共有

f:id:crazyup:20080919165607p:image

f:id:crazyup:20080923220027p:image

本当にメモをつけない人です。

オンラインメモとか紙のメモ帳とか試してみましたが、

自分にはテキストエディタでのメモ以外習慣付かないので

Dropboxが勝手にバックアップしてくれることを利用して

テキストファイルをメモ代わりにしてます。

こんな感じで使ってます。

Dropboxって本当にいいものですね。

2008-07-26

WORM_ONLINEG.SNLを消そう。

※物騒なタイトルだったので変更しました。(改変:2009/04/06)

恥ずかしいことですが、X31がウイルスに感染しました。

片っ端から調べた結果&avast!からの結果をふまえると

どうもWORM_ONLINEG.SNLであると断定。

なので以下の手順で削除した。

1: ネットワークから遮断。

2: C:\autorun.infをメモ帳等で開いて****.batのファイル名をどっかにメモっとく。

3: avast!の完全スキャンを行った。

4: Windows XPセットアップディスクから回復コンソールを起動し、以下の手順を行う。

以下のファイルの削除

  • revo.exe →c:\windows\system32\revo.exe
  • revo0.dll →c:\windows\system32\revo0.dll
  • vga.sys →c:\windows\system32\dllcache\vga.sys
  • autorun.inf →c:\autorun.inf
  • 先ほどメモった****.bat(ここでは仮にA.batとする。)→c:\A.bat
  • LastGoodフォルダ →c:\windows\LastGood

詳しくは Worm - 脅威データベース を参照のこと。

太文字が打ち込んだ部分です。

c:\ > cd windows\system32

c:\windows\system32\ > attrib -H -S -R revo.exe

c:\windows\system32\ > attrib -H -S -R revo0.dll

c:\windows\system32\ > del revo.exe

c:\windows\system32\ > del revo0.dll

c:\windows\system32\ > cd dllcache

c:\windows\system32\dllcache > attrib -H -S -R vga.sys

c:\windows\system32\dllcache > del vga.sys

c:\windows\system32\dllcache > cd c:\

c:\ > attrib -H -S -R autorun.inf

c:\ > attrib -H -S -R A.bat

c:\ > del autorun.inf

c:\ > del A.bat

c:\ > exit

5: Windows XPを起動し、↓を参考にしながらレジストリを修正する。

Worm - 脅威データベース

これは隠しファイルが表示できないようにレジストリが改ざんされているのでそれの修正。

6: 隠しファイルが表示できない問題が解消されているかを確認しながら消したファイルが残っていないか確認。

残っていたらそのまま削除。(コマンド部分で権限とか殺してあるのでそのまま消せるはず)

7: ネットワークに接続し、avast!以外のオンラインスキャンでチェック。

打ったコマンドについて

attrib -H -S -R ファイル名 ・・・ 隠しファイル、システムファイル、読み取り専用属性の解除

del ファイル名 ・・・ 削除

cd 移動場所 ・・・ 移動場所に移動。

exit ・・・ 終了

参考資料

Worm - 脅威データベース

コマンドプロンプト dir - [ファイル・ディレクトリの情報を表示する]

コマンドプロンプト attrib - [ファイル属性を管理する]

最後に。

と、まあ書いてみましたけどもあまり利口なやり方じゃないし、

これでうまくいく保証は当然ながらありません。

なんのこっちゃわからんひとは分かる人に相談した方がいいと思います。

最近のウイルスはシステムファイルに偽装することが多いので下手にやると起動しなくなるかもしれんし。

また、本当に駆除できたか怪しいと自分ではみています。オンラインスキャン次第かなと思っています。

これで削除できないのであればあきらめてリカバリーでもしようかなと思っております。

まあ、問題ないっぽいです。



あと、こんな情報もありました。感染源からシャットアウトすることも大事だよねーということで。

USBドライブ等感染型ウィルスについて(花まるっ教育ネットkna)秋田県総合教育センター

Copyright © crazyup. All rights reserved.