Hatena::ブログ(Diary)

crea555 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2003/11/10

Vermilion::text F5 おちなし

「クソっ、落ちないか!

 

 Vermilionは、無限の塔である。

 Vermilionの第五階層は、無限の塔にある小さな世界である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親の不倫相手は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師というペルソナを偽装したエージェントである。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親の不倫相手が所属する組織・ガーンズバックは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師というペルソナを偽装したエージェントを統率する対精霊諜報機関である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親の不倫相手が所属する組織・ガーンズバックのメカニックは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師というペルソナを偽装したエージェントを統率する対精霊諜報機関の壊滅を狙う機械天使の創造主である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親の不倫相手が所属する組織・ガーンズバックのメカニックの陰謀を暴いた室田探偵は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師というペルソナを偽装したエージェントを統率する対精霊諜報機関の壊滅を狙う機械天使の創造主のかつての親友である。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親の不倫相手が所属する組織・ガーンズバックのメカニックの陰謀を暴いた室田探偵の愛用する鉱石ラジオは、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師というペルソナを偽装したエージェントを統率する対精霊諜報機関の壊滅を狙う機械天使の創造主のかつての親友の脳をデバイスにしたバイオニューラルウェアである。

 Vermilionの第五階層にいる機械天使と交戦する重甲機兵・アポカリプスがその両腕に構える対天使レールライフル・アーバレスタに力を与えるチェルノブイリ・エーテル発電所がある八島地区にある八島第三中学校に通学する星野コウタの隣の席に座る久保タマキの父親の不倫相手が所属する組織・ガーンズバックのメカニックの陰謀を暴いた室田探偵の愛用する鉱石ラジオが語る言葉は、無限の塔にある小さな世界の空を埋め尽くす軍勢を打ち倒す鉄の騎士に与えられた電子の騎兵槍に天地開闢の約三割相当のエネルギーを与える神器にとって高い霊位を得られる特別地区では有数の進学校の協調性に欠ける問題児に何かと世話を焼きたがる学級委員という立場を苦々しく思う教師というペルソナを偽装したエージェントを統率する対精霊諜報機関の壊滅を狙う機械天使の創造主のかつての親友の脳をデバイスにしたバイオニューラルウェアである」と早口に言い切ると、悔しそうに呟いた。

 

「クソっ、落ちないか」

去りにし日々、今ひとたびの幻

寄らば斬る、寄らなければ寄って斬る。

……懐かしいなあ。

武装錬金大穴予想

蝶野、味方(not仲間)になるのかなあ。以下、根拠。

  • 爆爵が飯を食っている。真の人間型の能力が「人食不要」ならば、蝶野が人を食う理由は無い。よって、カズキが止める必要も無くなる。
  • 爆爵が蝶野をモルモット扱いした。一個人として認められることを第一とする蝶野がそれを許さないのではないか。
  • 以上からカズキと蝶野の間の対立理由はなくなるが、そうするとホクンクルスを憎む斗貴子さんがキレる。三者の関係は極端な二人の間で悩む偽善者カズキという形になり、悩みの形が鮮明になる。(これは仲間にならなくても既に十分鮮明なんだが)

真面目な話、第三勢力程度にはなりかねない気がする。その、なんだ……蒼紫みたいな?