Hatena::ブログ(Diary)

crea555 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/01/26

ツイノベまとめ(暫定版)

先輩と後輩

基本的には桂令夫先生の記事にある「先輩と後輩」のコント形式を借用。もっとも、あれは後輩の発言は多少の抜けはあってもまともで、むしろそこで殴打して突っ走る先輩の方が比較的おかしいのだが、ここでは先輩の殴打がツッコミでありオチになるので、後輩がおのずとボケになる。あと「後輩が先輩の妹に恋慕しているTRPG部」という設定は高校時代の自分の境遇だが、およそこのツイノベでの会話とは程遠い。

マスターと女子高生

妻と死に別れた30代前半の喫茶店主人と、そこの常連でマスターに気がある女子高生のスケッチ。元々は『ダブルクロス・リプレイ・アライブ』の柳也とミナリが萌える、というところが発端だったのだが、どちらも既に原型は留めていない。あ、でも多分マスターは髭生やしてる。初期の頃は「コーヒー」「ん」のやりとりが無い。反応を戴いて(ありがたいことです)から、分かりやすい定型が欲しいなあと思ってこの形式に。

男の子くんと女の子ちゃん

ナマモノ萌えの一種。萌えと言うか、正確に言うとWEB上で見かけたあんまり好ましく思えない言動を御霊萌したキャラ。というオリジンとは別に、最近の魅力への自覚持ちヒロインの傾向強化とか、自分にとって一番思い入れ深いストーリーテリングのキャラクターである、スケコマシのくせにヘタレで一途な英国青年、フレデリック・ランカスターのリボーンという意味合いもある。あったのだが、正直あんまりスケッチが膨らまないカップリングであった。

警察庁特殊犯罪捜査係 -火想-

昔、途中で書くのやめた「相棒」+「絶対可憐チルドレン」+「砂の器」を書こうかなあと思ったけど、ツイノベで続き物って微妙だなあと思って途中でやめた。

その他

謎1

なんか気に入ってるスケッチ。イメージとしては「モテるので自分からアピールする方法が分からない女の子」と「女の子は気になってるけどアプローチしようとまでは思ってない鈍感な男の子」のイメージ。若い頃と違って、ビッチ萌えではないけども、自分の魅力に自覚的なヒロインの方が可愛いんじゃないかと思い始めて早数年。ビッチ萌えは、ほら、マッチョイズムの反転だからまた違うのよ。

琥珀魔術について

具体的に何らかの設定があるわけではなく、背景世界を持たない単なるでっち上げ。ただ、昔『イストワール』のアイテムや設定を博物誌的に書けないモンかと試行錯誤した辺りの執筆願望がじりっと疼いたのが見て取れる。

本物のタイガーマスク

ツイノベつーか、単なるその日の朝の俺と母親の会話である。

図書館の魔女

なんかフリだけ書いてみたかったスケッチ。イメージが広がらず没。広がったら図書館の魔女と眼鏡の少年、とかになったのかも。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crea555/20110126/1296048203