Hatena::ブログ(Diary)

Creative7 RSSフィード

2013-09-08

藤田嗣治の随筆文を、地元紙が「秋田の行事」制作理由に誤用 ― これは、昭和10年銀座コロンバン天井画の完成に際し記した文である。


 秋田魁新報の「北斗星」(2013年9月1日)に、「壁画について」の藤田嗣治の文、「国民全部に、美術愛好と鑑賞の機会を、解放することに努力しなければならぬ」(「腕一本 巴里の横顔」、講談社)が引用され、「その思いをぶつけたのが大壁画なのだろう」(2013年9月1日、秋田魁新報として、これが「秋田の行事」についての藤田の思いであるかのように書いてあるが、誤りである。
 この文は「腕一本 巴里の横顔」(近藤史人編、藤田嗣治講談社に収録されているが、元々は、随筆集「地を泳ぐ」(1942年《昭和17年》、書物展望社[復刻:1984年昭和59年》、講談社)に収録されたものである。
 「地を泳ぐ」は、昭和17年に出版されたが、昭和8年から昭和16年にかけて藤田嗣治が新聞、雑誌に発表した随筆を集めたもので、「壁画について」の文は、銀座コロンバン天井画の完成後の、昭和10年付けで記述された文である。

 「自分は、さきにブラジル珈琲店の壁画を描き、大阪十合の壁画を描き、今度銀座コロンバンの天井を描いたが、これについても画家の街頭進出を慫慂(しょうよう)したいと思う」
 「画家が、いたずらに名門富豪の個人的愛玩のみに奉仕することなく、大衆のための奉仕も考えなければならないと思う。国民全部に、美術愛好と鑑賞の機会を、解放することに努力しなければならぬ」
 「コロンバン氏が、この挙を敢てして、銀座をして美術に眼を開かしめた功は、大いに讃ゆべきである」

                (「地を泳ぐ」、1942年《昭和17年》、書物展望社[復刻:1984年昭和59年》、講談社

などと述べており、天井画の依頼者、コロンバン氏や完成した天井画を称える意味合いが強い文である。また、パリでは、自分の絵がサロンで一部の富裕層、愛好家を喜ばせていたに過ぎなかったことを反省する意味もあった文である。

 「秋田の行事」を意識して書かれたものではない。

 「秋田の行事」は、その後、1937年(昭和12年)、妻マドレーヌの急死後、平野政吉が提案した美術館建設構想を受け制作されたもので、依頼主の平野政吉個人に捧げる壁画という意味合いが強い作品である。
 作品完成後、「この大きさと時間の記録は、世界が終わるまで破られまい」「四百年後に、再びこの壁画の前に立ってみたい」(1983年《昭和58年》1月9日、朝日新聞と語っている。
 「秋田の行事」は、自ら培って来た画技を発揮し、400年先の後世での評価を強く意識し、藤田が誇りを懸け描いた作品である。

 「詩の国秋田壁画時代を現出させよう」(2013年9月1日、秋田魁新報は、壁画制作への藤田の強い意気込みを示したものである。

 400年先を見据えた藤田嗣治壁画を展示する場として、藤田自身が、広い空間、上方からの自然光、壁画の展示の仕方を助言した現県立美術館(平野政吉美術館)が最も相応しいのは言うまでもないことだろう。





web拍手 by FC2

2013-07-20

秋田県立美術館(平野政吉美術館)の閉館、大壁画「秋田の行事」展示室の閉鎖及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転について


秋田県及び秋田県教育委員会 様

 秋田県立美術館にある藤田嗣治の大壁画秋田の行事」展示室が閉鎖され、「秋田の行事」、藤田嗣治作品が、新県立美術館に移転されると新聞報道等で伝えられております。
 秋田県民として、下記のような理由により、秋田県立美術館に展示されている「秋田の行事」、藤田嗣治作品の移転を止めるよう、要望致します。
 秋田県立美術館(平野政吉美術館)の建物及び大壁画秋田の行事」を展示している大展示室に関しての文化的価値、歴史的価値等について、県として、十分な調査、検討が実施されておらず、県の評価が確定されておりません。平成22年2月の県議会などで議論はされておりましたが、議員の様々な意見が出され、県が回答しただけであり、県の評価が確定されたわけではありません。平野政吉氏の新聞、雑誌での証言、親族へ言い伝えられている言葉、美術館建設の件で何度もパリ郊外の藤田嗣治を訪ねた、ご健在である平野政吉氏の親族の証言、発見された藤田嗣治の日記などによる調査を十分な時間を掛けて行う必要があります。
 新聞、書籍などの資料、さらに、親族が平野政吉氏に宛てた公表された手紙などから、秋田県立美術館(平野政吉美術館)の建設、「秋田の行事」展示室の設計などに関して、藤田嗣治自身が深く関わっていることが分かっております。
 世界画壇に名を残す画家・レオナール・フジタ藤田嗣治)と関わり深い建築物及びフジタの指示が反映されている展示室は、世界でも稀であり、極めて文化的価値、歴史的価値の高いものです。
 この秋田県立美術館(平野政吉美術館)及び大壁画秋田の行事」展示室を閉館、閉鎖することは、秋田県の文化的財産を失うことになるものですので、十分な調査、検討、慎重な対応が求められるのは言うまでもないことです。
 後世の人々に優れた文化遺産を残す意味からも、十分な時間を掛けた慎重な調査、検討が求められます。
 また、現在、秋田県立美術館の建物を廃止するか、活用するかについて、未定であると伝えられております。こういった段階で、秋田県立美術館の閉館と「秋田の行事」を始めとした収蔵作品の移転だけを先行させ、既定事実化を計ることは好ましいこととは言えません。
 収蔵作品の寄贈者であり、美術館の創設者である平野政吉氏の意向を尊重する意味においても、藤田嗣治の指示、助言が反映されている秋田県立美術館・平野政吉美術館及び大壁画秋田の行事」展示室は閉館、閉鎖すべきでないと考えます。
 また、昨年、建てられた新県立美術館のオープン記念の企画展が秋に計画されているようですが、その企画展において、藤田嗣治の指示が反映された、広々とした空間、自然光が降り注ぐ、秋田県立美術館(平野政吉美術館)の「秋田の行事」展示室で、藤田嗣治が求めた「秋田の行事」の本来の展示の姿を、訪れた人々に観せるべきであると申し伝えておきます。
 秋田県立美術館(平野政吉美術館)及び大壁画秋田の行事」展示室を閉館、閉鎖することについて及び「秋田の行事」、藤田嗣治作品を移転させることについては、それらに関心を持つ多くの秋田県民の声を聞くこと、秋田県立美術館(平野政吉美術館)及び大壁画秋田の行事」展示室の文化的価値、歴史的価値に関する十分な調査、検討することなど、慎重な対応が求められますが、それらが、秋田県において実施されず、または、何の処置も講じられず、設定した通りの「秋田の行事」及び藤田嗣治作品の移転が実施される予定に何の変化も見られない場合、種々の検討をする所存であることをお伝えしておきます。

                                                           一秋田県





web拍手 by FC2

2012-12-02

藤田嗣治「秋田の行事」は、現県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室にあればこそ … 平野政吉が築いた文化の継承

 最近の地元紙の記事を読むと、「新県立美術館は大壁画秋田の行事』をはじめとする藤田作品がメーンとなる」と決め付けて書いてあるが、本当に、現県立美術館(平野政吉美術館)から「秋田の行事」、藤田嗣治作品を移してよいと考えているのか。
 現県立美術館(平野政吉美術館)の大展示室は広々とし、広さが500平方メートル、高さが18メートルある。3階は回廊式になっていて、絵の上方の左右側面、正面からも見れるようになっている。巨大壁画秋田の行事」のスケールの大きさを実感できる無二の空間である。あの空間に立って、「秋田の行事」に向き合ってこそ、藤田が描いた時代の空気が感じられる。音が聞こえてくる。熱気が伝わってくる … との声が聞かれる。
 昭和12年当時の秋田が画面に閉じ込められている「秋田の行事」と今風の新美術館が調和し、見るものに感動を与えることが出来るのか。
 平野政吉が藤田嗣治と出会い、藤田嗣治作品のコレクターになった歴史、数々のエピソード、その時代の空気まで感じられる現県立美術館(平野政吉美術館)は、これからも大壁画秋田の行事」、藤田嗣治作品の展示、鑑賞の場として残し、後世に伝えるべきである。
 新美術館は、例えば、ルノアールモネなどの印象派の画家の作品が似合っているのかも知れない。来館者が体感できる現代アートの展示が良いかも知れない。また、収蔵作品を持たずに、多彩なジャンルの企画展やイベントを絶えず開催する美術館であっても良いだろう。
 現秋田県立美術館(平野政吉美術館)から、「秋田の行事」、藤田嗣治作品を移すことは、平野政吉をはじめ、秋田の先人達が築いてくれた貴重な秋田の文化を壊す、「文化の破壊」である。
 後世に「文化の破壊者」として名を残すか、それとも「文化の継承者」として名を残すか。今、秋田県民一人一人が問われている。




web拍手 by FC2

Connection: close