そこそこ日記

2017-01-15

名古屋は、なぜ不人気なのか?

| 15:18

 理由は、いろいろありますが・・・・


 差別化ができていない点が、問題でしょう。

 

 名古屋は、東京大阪劣化コピーのような感じで、差別化が不十分のような気がします。


 福岡札幌は、日本の端っこですので、比較的差別化は容易です。

 京都神戸横浜などは、東京大阪に取り込まれないように、差別化やアイデンティティの確保を常に行っていました。


 対して、名古屋は、周辺にライバルとなるような都市がないので、差別化やアイデンティティの確保を行うことなく、ただ単に、東京大阪劣化コピー、大きいだけの都市になってしまいました。

(オーバーな表現ですが)


 東京は超巨大な都市なので、東京の内部の地域が、差別化のために、ここに個性を出しているのとは対照的ですね。

2017-01-10

日本の労働生産性が低い原因のは、労働時間が長いためかもしれない

| 17:57

 よく日本人の労働生産性が低いと言われますが、原因は何でしょうか?


 原因は沢山あると思いますが、考えてみました。


思考実験

 とりあえず、思考実験


 ケース1

 例えばの話。

 日本全体の自動車販売員の人数を変えずに労働時間を倍にした場合(早い話がマンパワーの投入量を2倍にするわけです)、自動車は何%売上が伸びるでしょうか?


 マンパワーを2倍にしたので、2倍でしょうか? 50%アップでしょうか?


 証拠はないのですが、5%もアップしないのではと思っています。

 理由は購入者の購買力・購買意欲が増加しないためです。

 要するに買わない人は買わないというだけです。


 売上が5%アップすれば一人当たりの生産性は、5%ぐらいはアップします(経費を無視しているので、かなりざっくりな考え方です)。

 その一方で、時間当たりの生産性は、200%マンパワーを投入しているのに、105%にしかならないので、52.5%と47%も低下します。


 ケース2

 逆に、日本全体の販売員のマンパワー投入を半分にした場合どうなるでしょうか?

 販売台数は半減するでしょうか?


 証拠はないのですが、20%もダウンしないのではと思っています。

 理由は購入者の購買力・購買意欲が減少しないためです。

 要するに買う人は買うという話です。


 売上が20%アップすれば一人当たりの生産性は、20%ぐらいはダウンします(経費を無視しているので、かなりざっくりな考え方です)。

 その一方で、時間当たりの生産性は、50%マンパワーを投入しているのに、80%にしかならないので、160%と60%も増加します。


日本社会は、どっちの社会か?

 個人的には、ケース1型の社会のような気がします。

 対して、ヨーロッパはケース2型の社会ですね。


ヨーロッパは便利じゃないので、サービス業生産性が高くなる。

 ヨーロッパ行くと判りますが、あまり便利じゃありません。

 夜になるとしまっている店も多いです。

 日本の地方もそんな感じですが・・・

 労働力の投入量が少ないような感じです。

 需要が変わらないのに、供給量が制限されれば、当然時間当たりの生産性は良くなります。

 正直、ヨーロッパのサービスは、良いところは高いです。


 安い庶民向けに、便利さや細かいサービスを期待できません。



労働時間が少なく、休み時間が多くなると労働生産性が上昇する。

 今の先進国経済は、工業・農業中心ではなく、サービス業GDPや従業員の大半を占める脱工業化社会です。

 そのため、サービス業を発展させないとGDPは増加しません。


 多くのサービス業の場合、サービスの生産と消費が同じタイミングであり、製造業のようにストックができず、まとめて生産や生産の標準化は容易ではありません。

 また、多くのサービス業は、時間消費の側面が大きいので、従業員が休んでいないとサービスそのものが消費されません。

 休みや時間がないと旅行する気にもなれませんし。

 仕事が20時に終わったら、仕事の後に遊ぶ気にもなれません。


 長時間労働は、需要削減の側面があるんじゃないかと思っています。


 日本の観光地や帰省ラッシュを思い浮かべると判りやすいのですが。

 もう少し休みを分散させろよとか思いませんか?

 日本はみんなで一斉に休むため、サービス業は、ある時は忙しくて、ある時はガラガラということがよく起きます。


 サービス業の生産を標準化するため、労働時間そのものを少なくし、休みを分散させるのが一番だと思います。

 

 日本の労働生産性が低いのは、現在の日本社会労働時間=生産量の工業時代の発想から抜け出せないのが原因の一つかなと思っています。

 90年台後半からの日本の構造改革は、正直言って、賃金低下を引き起こし、サービス残業を激増させたわけですから、生産性向上や需要創出とは、真逆の政策ですね。

 政策起業視点・ミクロ視点でやるから社会的・マクロ的にはおかしくなるわけです。

ロンドンオリンピックは何にお金がかかったのか。 東京オリンピックの費用は大丈夫か?

| 12:32

ネットで拾ったロンドンオリンピック費用内訳の画像です。

f:id:creativeability:20120309122757j:image:left

細かい内訳ではないですが、ざっくり雰囲気はわかると思います。

東京オリンピックも、このくらいかもっと細かい内訳は出してももらいたいものです。

メディアで見た東京オリンピックの内訳はもっと雑)


ロンドンオリンピック東京オリンピックと同じに、当初費用よりも数倍かかったオリンピックです。


とりあえず、1ポンド140円円くらいで、ざっくり見てみましょう。

ドルは120円くらいで。 今はポンド安、ドル高ですので、ドルとポンドでだいぶ差が出ます。


費用が真ん中にある11.3ビリオンポンドです。

ビリオンは10億ですので、だいたい、1.6兆円ですね。ドル換算では2兆円くらいでしょうか?


◆概要

 ロンドンポリンピックは、イーストロンドンの大規模な再開発テロ対策に大量のお金がかかっています。

 オリンピックパークは、競技施設を集めた公園なんですが、イーストロンドン再開発と関係しています。


wikiへのオリンピックパークへのリンク

https://en.wikipedia.org/wiki/Queen_Elizabeth_Olympic_Park

 工場地帯であり、土壌汚染やゴミの不法廃棄があった場所の再開発プロジェクトです。


 有明なども、もともとはごみ捨て場なので、再開発と言えなくもないですね。


 仮設費がどこに入るのかいまいち不明なのですが、おそらくは競技施設に入っているのでは?と思っています。


◆収入詳細?

 真ん中の赤が収入です。

LOCOG £2025m 2800億円くらい

Lottery £3050m 4200億円くらい

Government £6248m  8600億円くらい


 LOCOGはスポンサーやチケット販売などからの収入ですね。

 Lotteryは宝くじです。

 Governmentは、ロンドン市や地方自治体、イギリス政府の負担ですね。


 対テロ対策に軍隊が動いていたので、そのお金はイギリス政府負担になったのかもしれません。


 スポンサーやチケット販売では賄いきれずに、税金たっぷり投入のオリンピックとなっています。


◆出費詳細?

 では、少し細かく見ていきましょう。


△警備費

Counter-terrorism £1130m 1600億円くらい

Police £600m 840億円くらい

Venue security £553m  780億円くらい

合計3200億円くらいですね。


△Venues 競技施設です

ポンドで4200億、円ドルで6000億円ですね。


オリンピックパーク関連

Olympic parkland £776m  1100億円くらい

Other Olympic parkland project £904m  1300億円くらい

だいたい、2400億円でしょうか?


オリンピック選手村メディアセンター

Olympic village and media center £1221m 1700億円くらい

 選手村は団地になります。

 また、スポーツ関連やデジタルメディア関連の大学が新設されるみたいです。


△交通

Transpot project £886m 1300億円くらい


◆遺産は結構残っているのかな?

  ロンドンオリンピックは、かなり経費がかかっていますが、再開発と関係しているので結構オリンピック遺産は残っている感じです。


 東京オリンピックは、一個一個の費用がアホみたいに高いんですよね。

 後に残らない仮設ですらものすごい金額がかかります。

 そして、しかも作った後の運用計画でまともなものがないんですよ。


 しかし、確実に残るものがあります。  

 負債です。

2016-12-27

2017年 コンサドーレ札幌の順位はどうなるか? 確率VS常識

| 16:44

確率的に考えると降格する可能性は低い。

2008年以降、J2で1位になったチームが1年で降格した例はない。

http://ultra.zone/jleague-season-standings


ただし、2007年のコンサドーレを最後にしてという条件が付く。


(2005〜2007の1位チームは降格、2001〜2004は降格なしなので、この期間は呪われているとしか言いようがない)


他のチームは降格しないかもしれないけど、コンサドーレならあり得るよねという感じだ。


コンサドーレは、2008年、2012年とぶっちぎりの最下位なので、

2017年もブッチギリの最下位じゃないかという疑惑を拭えない。

他のチームは違うけど、

コンサドーレのみを対象にして考えた場合、ブッチギリの最下位という可能性が高い。


J2で1位チームは降格しないけど、コンサドーレは例外という

条件的確率というのかもしれない。


自爆するコンサドーレ

そもそも、なぜブッチギリの最下位なのだろうか?

コンサドーレは金がないが、他のチームも金はないのだ。コンサドーレ応援だけ取れば他のチームよりもマシだと言えるのに。


怪我人続出。攻撃重視。守備崩壊。J2と違うサッカーをしようとする。など、コンサドーレ自爆する。

多分、2017年自爆する。

特に深刻なのが守備崩壊。

守備が崩壊すると攻撃する時間と機会と気力がなくなるので、話にならない。

弱者が強者に対して戦う方法は、引きこもりカウンターが基本。守備崩壊していると、話にならない。

そのため守備が強くないといけない。


ところが、コンサドーレは違う。

J1は攻撃力が強いので、失点してしまう。

だから攻撃力の強化だ!!! って、攻撃力強化に力を入れてしまう。

そして、ノナトとか微妙な外人を取るのに力を入れる。

J2は、守備力で勝ったんだよね。

J1で攻撃力で勝てると思っているの?

J2で1−0で勝つサッカーやっているのに。

J1チーム相手に、攻撃強化で2−1で勝てるサッカーできると思っているの?

J1のチームはJ2に比べて、攻撃力も高いけど、守備力を高いんだよ。2点なんて、そうそう取れない。

基本、負け試合で、数少ないチャンスを生かし、1−0で勝ちゲームを地道に作っていくのが基本でしょ。


戦争でも格闘技でも、

相手の攻撃力が強くなればなるほど。

一瞬の守備力の低下が命取りになるんですよ。

守備を犠牲にしてでも、攻撃強化なんで自殺行為でしかない。


◆運が悪いコンサドーレ

降格はチーム実力だけではなく、他のチームの実力や調子で変わる。

一緒に昇格したチームが清水とセレッソだよ。

もう、J1は実力派揃いでパンパンですよ。

そのため、2017年は厳しい。


2017年だけではなく。

なぜか、コンサドーレが昇格した年は他チームが実力派揃いが多い。


当然、残留のための勝ち点も上がる。


2008年度もコンサドーレ以外の勝ち点が妙に高かったりする。

(なんと36点で降格。2012年は39点で降格)

2016年勝ち点30で降格。31で残留だったけど2017年は多分上がる。


34以上、ひょっとしたら40前後の争いになるかもしれない。


で、コンサドーレが40行けるかというと微妙だ。

コンサドーレが降格候補になってしまうのは、避けられないな。

2016-11-20

JR北海道まじで倒産しそうな勢いですね。

| 15:28

 2016年、大赤字だそうです。

 まぁ、赤字なのは今に始まった訳ではありませんが。


 なぜ、近年、経営が急速に悪化しているのか?

 理由は幾つかあるみたいですね。


 ここ数年、設備投資費と修繕費が大幅に増えているんですね。

 二つ合わせて、200億円〜300億円ほど。

 手抜きが発覚したため、真面目にやり始めたのか。

 メンテナンスの手抜きをしていたため、修繕費が増加しているのかもしれません。


◆問題隠し

 Jr北海道は、雪対策・除雪費がかかるのは判るのですが、

 そのために、いくらかかっているのか全然発表しないんですね。

 本当に、それが原因なのか? どの程度深刻なのかが、公表されていない。

 こういう会社は、コスト管理が雑です。

 雪対策・除雪費は、他社よりもかかっているでしょうが、

 他の無駄のコストも、雪名目で全部隠蔽されている可能性があります。


◆全線赤字

 この会社、管理費を入れると全線赤字なんです。

 人が大量に乗っている札幌圏ですら赤字なんです。

 つまり・・・・人を乗せても赤字なんです。


 北海道って、雪が凄いのでコストがかかる反面。

 雪が凄いので冬になると、移動手段を鉄道移動に切り替えるんですよ。


メンテナンスの近代化なるか?

 メンテナンスにお金がかかると言っている割には、やっていることが古い。


 この会社、全般的にコスト管理がなっていないですね。

 多分、上の人は、帳簿を見て、コスト削減を叫んでいるだけで、技術革新でもって、コスト削減をしていないんですよ。

 線路点検車両のあまりの古さにがっかりしましたよ。

 中身の古さは不明でしたが、何十年も前のもの。

 ハイテクを駆使して、細かく検査して、早めに治して、コストのかかる大規模修繕を抑制する気がない。


 どうしようもなく古くなってから直そうとするから、お金がかかる。


◆運賃体系と運賃管理

 値上げをしても、短期的には良くても、中長期的には、値上げは寿命を縮めます。

 売上が数年は良くても、利用者の減少率が高くなったりするので、傾きが急になるんですね。

 結局、赤字は前と同じか、酷くなるんです。

 正直赤字脱却は難しいんですよ。


 下手に運賃をあげると。

 結局、高くて不便で誰も使わない赤字の鉄道になり、しょうがないねで、廃線


 安くて、便利で、みんなが使う赤字鉄道なら、存在価値があるんですけどね。


 飛行機の LCCが、なぜ安いのか?

 値段を下げて、たくさん人を乗せるからです。

 空気を運ぶよりか、安くても人を運んだほうが良いためです。

 でも、鉄道の人って、こういう考え方をしないんですよね。


 早割設定しても、値下げ幅が少ない。

 鉄道なんて、100%以上乗せても問題ないんで、早割して、ガンガン人乗せたほうが良いんですよ。


 北海道は広いので、鉄道レンタカーにしたい旅行者は多いんですけど、鉄道が高いんですよ。

 特に問題になるがファミリー層。

 大人二人・子供二人なんてなったら、かなりの金額になります。

 だから、みんなレンタカーにしてします。


 シーズンオフなら、

 大人一人につき、子供2人無料でも割が合うんですよ。


 で・・・人が乗れば、サイドビジネスができるんですよ。


◆スロット・パチンコ列車はできないものか?

 海外のLCCでは、座席でギャンブルができるのがあるんです。

 国内でも不可能じゃないはず。

 カジノ特区とか言っていますが、JR北海道鉄道こそをカジノ特区にすれば、鉄道再生になるか?

2016-11-14

なぜ、名古屋は主要都市の中で、行きたくない街でNo1で魅力のない街No1なのか?

| 01:39

 あなたは、埼玉市千葉市に行きたいですか?

 あなたは、埼玉市千葉市に魅力を感じますか?


 たぶん、多くの人は、名古屋市よりも、魅力を感じないし、行きたいと思わないんですよ。


 なぜ、そうなるかというと・・・・もともと個性的なイメージがない。


 実のところ、そんなにマイナスのイメージがないけど、プラスのイメージや個性的なイメージも面白いイメージもないんですよ。


 東京大阪)の人から見れば・・・・東京で良いじゃない。なんで名古屋行かないといけないの?となる。


 大都会だの何だと言っても、劣化した東京大阪にしか感じない。


 基本的に行く必要を感じない。


 コテコテの大阪は、大阪のイメージにとって、マイナス面がありますが、大阪でしか経験できないから、やっぱり行くと面白いんですよ。


 だから、「最も魅力的に感じる都市」なんて、「最も」なんて付けたら、他の地域に勝てるわけがない。

 名古屋京都比較して、どっち行きたいかと言ったら、京都に決まっているでしょ。

 名古屋大阪比較して、どっち行きたいかと言ったら、大阪に決まっているでしょ。


 じゃあ、何で福岡神戸札幌に負けるのか?


 別に、福岡神戸札幌横浜は、都会度や規模を自慢していない。個性にしていない。

 福岡札幌は、端ということで、地理的に差別化しやすい。

 また周辺が海なので食材を武器にしたグルメ押しもできる。

愛知は海の側なのに素材を武器にしていないのが痛い)

 神戸横浜は、港のイメージや異国情緒やオシャレなイメージで、差別化している。


 名古屋にオシャレなイメージがあるかというと・・・・あまりない。


 昔は、神戸横浜の歌があったそうですが、名古屋にはあまりそういう歌がない。

 なんというか、イメージがない。

 漫画でもアニメでも、あまり舞台にならない。

 岐阜の方が舞台になることが多いくらい。


【調査内容の設問を見ても意味が曖昧】

 札幌の場合。

https://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/news2/documents/4th_4_report_of_survey_revised.pdf

 なぜ、観光客が自分たちの街に来るかを考えている。

 そして、自分たちとの認識差を理解しようとしている。


 なぜか、名古屋の場合は、郷土愛などを調べている。

http://www.city.nagoya.jp/templates/kaigikekka_2016_2/cmsfiles/contents/0000084/84533/chousakekka.pdf


 外部の人から見ての魅力なのに、郷土愛なんて調べても意味ないでしょ。