Creative Akita RSSフィード

2012-01-11 レオナール・フジタ最後の作品「平和の聖母礼拝堂」と平野政吉美術館

レオナール・フジタ最後の作品「平和の聖母礼拝堂」と平野政吉美術館

 レオナール・フジタ藤田嗣治)は自らの画業の集大成として、フランスランスの「平和の聖母礼拝堂」を制作した。フジタはこの「平和の聖母礼拝堂」の設計、壁画ステンドグラス、彫刻などの制作を自ら手掛けた。

 この「平和の聖母礼拝堂」と秋田の「平野政吉美術館」はフジタの助言によって結び付けられている。

 「美術館の屋根は、ランス礼拝堂のような採光の形式にしてくれ」(1983年《昭和58年》1月12日、朝日新聞聞き書き わがレオナルド藤田」) 

 1966年(昭和41年)5月、平野政吉が念願の美術館建設の報告を兼ね、パリ郊外のフジタを訪ねた際、フジタは平野政吉にそう語っている。

 美術館の採光形式を、自らの人生最後に制作した「平和の聖母礼拝堂」と同じ、採光の形式にするよう平野政吉に託したのである。f:id:creativeakita:20120110005406j:image:w360:right

 平野政吉は「私は、それを忠実に守った。平野美術館の特徴ある丸窓は、このためだ」(1983年《昭和58年》1月12日、朝日新聞聞き書き わがレオナルド藤田」)と証言している。

 1968年(昭和43年)1月、フジタは、二人にとって念願であった美術館を観ることなく生涯を閉じ、今は生前の希望により、自ら制作した「平和の聖母礼拝堂」に永眠している。

 平野政吉美術館と美術館の採光形式には、レオナール・フジタの尊い思いが込められており、その思いはレオナール・フジタの最後の作品「平和の聖母礼拝堂」に通じている。

 フジタの思い、それを守った平野政吉の思いが込められている平野政吉美術館(現秋田県立美術館)は世界に誇れる秋田の貴重な文化遺産であり、末永く後世に伝えていくべきである。





<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館
平野政吉美術館の移転理由は何か 1
平野政吉美術館の移転理由は何か 2
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 … 1
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」







web拍手 by FC2

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/creativeakita/20120111/1333100492
Connection: close