Creative Akita RSSフィード

2012-01-15 千秋公園の堀と平野政吉美術館

千秋公園の堀と平野政吉美術館


       f:id:creativeakita:20120116195451j:image:w450



       f:id:creativeakita:20120116192657j:image:w450



      f:id:creativeakita:20120116192835j:image:w450



 千秋公園は、初代秋田藩主佐竹義宣が自然の丘陵を利用して築城した久保田城の城址を、1896年明治29年)、造園家、長岡安平が日本庭園として、設計し、整備した公園である。1988年(平成元年)には、日本の都市公園100選にも選ばれている、秋田市民の憩いの場所である。
 平野政吉美術館は、秋田資産家、平野政吉の収集した美術品を収蔵し、公開するために、1967年(昭和42年)に開館した。特に1937年(昭和12年)に藤田嗣治秋田市内の平野政吉の土蔵で描いた、縦3.65メートル、横20.5メートルの大壁画秋田の行事」を展示、鑑賞することを主目的に建てられている。また、「秋田の行事」の展示を床から6尺(約1.8メートル)の位置に上げること、両端を少しずづ迫り出して据えることなどを藤田嗣治が直接アドバイスしている。
 40数年の歳月を重ね、千秋公園の堀と堀を前景にした美術館は季節の移ろいとともに風情ある光景を醸し出している。美術館が建てられたこの場所は、将来を見据え、恒久的な場所として、当時の秋田県知事、秋田市長によって決められたものだ。秋田の先人達が残してくれた素晴らしい風景、街並みを今度は私たちが次の世代に残していきたいものである。



<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」
藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」誕生 … 平野政吉と藤田嗣治の美術館建設構想






web拍手 by FC2

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/creativeakita/20120115/1326710636
Connection: close