Creative Akita RSSフィード

2012-01-16 先人、平野政吉が後世に残してくれた「秋田の文化」

先人、平野政吉が後世に残してくれた「秋田の文化」

平野政吉美術館に行くと入口付近に、1966年昭和41年)、平野政吉が美術館建設の報告のためパリ郊外の藤田嗣治レオナール・フジタ)を訪れた際に撮影された、二人が固い握手を交わしている写真が掲げられている。
 平野政吉の表情に、念願を達成した自信が窺え、藤田の表情は喜びに満ちているように見える。二人に固い友情、深い絆があったことを示す証拠の写真でもある。また、美術館の創設者で収蔵品の寄附者である平野政吉の挨拶のことばが掲げられている。


 昭和42年5月  平野政吉 

 私は幼時から絵が好きで、少年時代に画家にならんと志望したこともあります。かたわら、我が国の航空界の黎明期に飛行機の研究に没頭し自ら操縦桿を握り又墜落したこともありましたが、美術への愛着がたち難く戦争中も蒐集を怠らず今日にいたりました。
 過去57年間蒐集したものは刀剣、陶器仏画、石器、鉄器、銅器、蒔絵浮世絵、初期洋画、泰西洋画、日本画など美術全般にわたりますが、特に世界画壇の一人者藤田嗣治氏とは永年にわたる交友で、その名作を世界に最も多く所有しました。
 今回これらの蒐集品の中から320点(注)を厳選し財団に寄附しました。純粋芸術品を通じて青少年が豊かな人間に成長することを願ってやみません。


  (注) その後さらに寄附を加え、現在総計601点となっている。

命を懸け収集した美術品を、ふるさと秋田のために残してくれた、秋田の偉大なる先人、平野政吉からのメッセージと言えるでしょう。
 このメッセージに込められた平野政吉の理念は、平野政吉が命を懸け建てた平野政吉美術館とともに後世に末永く伝えるべきである。




<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館
平野政吉美術館の移転理由は何か 1
平野政吉美術館の移転理由は何か 2
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 … 1
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」






web拍手 by FC2

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/creativeakita/20120116/1333098662
Connection: close