ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

■ 2017-03-28(Tue) このエントリーを含むブックマーク

 東京ではもうとっくに桜の開花宣言が出ているのだけれども、このあたりはまだもうちょっとかかりそうだ。このところ寒い日がつづいたことだし、昨日の寒さもまた格別だった。でも今日は少し暖かくなり、花のつぼみもピンクに色づいて来た。去年の桜に比べるとずいぶんと遅くなっているけれども、満開は来週末、いや、もうちょっと遅れてわたしの引越しの頃になってしまうことも考えられる。

 今日はまずは、昨日完了できなかった「ひかりTV」の契約変更をやる。まずはネットで処理しようとしたのだけれども、会員IDはわかるものの、パスワードがわからなくなってしまっている。パスワード再設定の手続きをして、なんとか先に進めたのだけれども、そこで「あなたには管理権限がありません」とかいうメッセージが出ていて、それ以上先に進めない。しょうがないから電話で連絡しようとするが、まずはわたしのケータイでは通話できない電話番号なので、固定電話の方でかけ直す。それでこの固定電話が調子が悪いわけで、引越すまでに買い直さなければならないと思っているのだけれども、すぐに通話がとぎれてしまう。通話先の「ひかりTV」の問い合わせ先は電話が混み合っていて、「しばらくお待ち下さい」とのアナウンスが流れるばかりだし、そうやってつながるのを待っているうちに電話の調子がおかしくなり、接続が切れてしまう感じになる。これはやってられないと、近くにある公衆電話から電話することにした。って、公衆電話などを使うのは何年ぶりのことになるのだろうか。おそらく十年以上使ったことはないと思う。
 とにかくはやはり通じるまでに待たされるのだけれども、通話料金は無料だからかまわない。三、四分待たされてようやく通じ、あとはスムーズに契約変更が完了した。ついでに「ネットの方から契約変更が出来なかったんですけど」と聞いてみると、契約変更というのは電話でのみ受け付けているのだという返答。わたしがネットでみた「ひかりTVの契約変更の仕方」というところではネットから変更出来ると書いてあったけれども、それが間違っていたわけだ。

 次に、ついに古いパソコンを破壊することにした。これは「燃えないゴミ」で出せるようにするためで、市で出している燃えないゴミの袋に入る大きさであれば、つまりは普通に「燃えないゴミ」として収集してもらえるのである。そのために、パソコンを壊して袋に入る大きさにしようという企み。やり方は、パソコンを三階から落下させるという荒っぽいやり方。普通の住居ではなかなか出来ないことだろうけれども、もうこのアパートにはわたし以外誰も住んでいないから、そういう勝手なことも出来る。
 パソコンは二十年ぐらい前の古いiMacで、まだブラウン管方式のヤツ。いろいろとわたしのパートナーとして役立ってくれた機器だった。ちょっと壊すのはしのびないという感覚もあるけれども、どうせ「ゴミ」になってもらわなくてはならないのだし、その引導はわたしが渡そうと。

 まず一回目。もっと一回でバラバラになってしまうかと思っていたのだけれども、意外と頑丈というか、ブラウン管は割れず、外装がバラバラになってくれたぐらいのもの。ブラウン管以外の部分はゴミ袋に入るけれども、やはりブラウン管の部分が袋に入らない。もういちど落下させ、ブラウン管が割れてくれなくってはダメだろう。

    f:id:crosstalk:20170328164647j:image:w400

    f:id:crosstalk:20170328165438j:image:w400

 二回目。こんどはみごとにブラウン管が割れ、枠を残してそれこそ粉々になってくれた。破片をゴミ袋に入れ、これで無事に作業終了。ちょうどアップルマークの部分が取れてしまったので、このマークは「遺品」として、これからずっと大事に保管しておこうと思う。

    f:id:crosstalk:20170328165900j:image:w400

    f:id:crosstalk:20170328174828j:image:w400

 さて、今までニェネントの「お立ち台」として役立って来たパソコン、それではニェネントが困るだろうと、今までパソコンを置いてあった場所に、代わりに同じぐらいの高さの段ボール箱を置いた。ニェネント、さっそくその段ボール箱の上にあがって外を眺め、「別にこれでもかまわない」ということらしい。ホッとした。

    f:id:crosstalk:20170328171736j:image:w400

 夜になって、なんだかニェネントがいやにわたしにベタベタしてくる。すり寄って来て、わたしの顔を見上げてなく。どうやらこれは「発情期」なのだろう。そうやって、わたしにすり寄ってあまえて来てくれるのはうれしいのだけれども、「発情期」というのはなかなかに面倒なんですよね。ちょっと大変。
 そうやって八時頃、ニェネントといっしょに寝ようとしていると、アパートの前の駐車場に車が入って来て、そのライトで窓が明るく照らされた。ニェネントも窓際へ行き、外を見ている。もうこのアパートの駐車場を使う人はいないはずだし、こんな時間に車が入って来るのはおかしなことである。二階の住人の知り合いだった人間の車なのか、火事跡で「火事場泥棒」でもするのか「肝試し」でもするのか、とにかくは「不審車」である。ちょっと気味が悪くなり、外の様子をうかがってみたけれども、妙な動きもないようなので寝ることにした。でもやはり、こんなところに住みつづけるのはやはり気もちのいいものではない。

    

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170328

■ 2017-03-27(Mon) このエントリーを含むブックマーク

 今日はめっちゃ寒い。冬が逆戻りして来た。冷たい雨が降っていて、外を歩いていると体の芯まで冷えきってしまう感じ。こんな日に仕事で家を出なければならないというのがつらい。仕事を終えて帰宅してからは、電気ストーブをつけてそのそばに座ったままになり、もう動きたくもない。でも今日は「粗大ゴミ」の件で市役所に問い合わせしようと思っていたので、雨もやんだ午後になって市役所に出かけた。問い合わせ先は「環境課」。洗濯機やパソコンについては先日問い合わせしていたけれども、それ以外の大きなゴミについては聞いていなかった。聞いてみると毎月第四水曜日にそういう粗大ゴミの収集日が設けられているそうで、それなら明後日のことでちょうどいいじゃないかと思ったのだけれども、先に申し込みをしておかなければならないということである。つまり四月の第四水曜日まで待たなければならないのだけれども、もうこのアパートには誰も住んでいないし、そういう粗大ゴミを外に出しっぱなしにしておいて転居してしまっても問題はないだろう。収集料が750円と書いてある。そのくらいなら仕方がない。
 考えて、さいしょから考えていた棚の他に、むかし作品をつくるのに使っていた工作用の作業台、そしてもう決して使うことのないパラボラアンテナなどもいっしょに捨てることにした。具体的にどんなものを捨てるのか申告しなければならないので、以上の三点を用紙に書いて申し込む。すると「2250円ですね」といわれて、ちょっと面食らってしまった。わたしは一回の収集で(量に関係なく)750円なのだと思っていたのだけれども、一点につき750円、ということだった。そういうことなら他の処分法もあったかもしれないな、などと思ってしまったけれどももう遅い。とにかくは2250円支払い、その粗大ゴミに貼り付けておく「処理券」というシールを3枚もらって来た。ちょっと予定外の出費だったけれども、仕方がない。

 帰りにJRを越える歩道橋に上がると、遠くの筑波山が雪で白くなっているのがみえた。寒いわけだ。でも、もうこういう筑波山の姿も見納めになるわけだなあ。

    f:id:crosstalk:20170327174514j:image:w400

 帰宅すると、「ひかりTV」と「WOWOW」との来月の番組表が届いていた。このところ「ひかりTV」も「WOWOW」も「観たい」と思うものをまったく放映しない。この三月もほとんど観なかったし、これではお金を捨てているようなものである。もしも来月も観たい作品の放映がないようなら契約を休止しようと考えながら、番組表をチェックして行く。
 ‥‥やはり来月も観たいような作品の放映はないようだ。WOWOWで月末にヴィスコンティの特集をやるようだけれども、観たいのは「家族の肖像」だけぐらいのものだろうか。そんな一本の作品のために今の契約をつづけるのはバカげていると思うし、やはり契約を休止することに決めた。ちなみに、「契約の休止」というのは、チューナーは借りっ放しにしておいて番組だけ観られなくなるということで、チューナーに接続したHDDに録画したものは観ることができるという契約に移行するということ。チューナーのレンタル料のみがかかることになる。
 ネットからそういう契約変更も出来るだろうとやってみたけれども、どうもうまくいかない。明日もういちどトライしてみることにした。

    

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170327

■ 2017-03-26(Sun) このエントリーを含むブックマーク

 けっこういっぱいゴミを出したと思う。45リットルのゴミ袋で、もう15袋以上出しているだろう。1リットル=1キロと考えると、そろそろ1トンになろうかというゴミの量。ウチは「ゴミ屋敷」だったのかと思うが、まだまだ出せるだけのものは処分して、身軽になりたい。

 ゴミを出していてふと思うと、ウチには幅120センチ、高さ150センチの大きな組み立て式の棚が二つあるのだけれども、もうこれはひとつあれば充分ではないかというくらいに荷物も減ったようだ。新しい住まいは2DKで、その棚はリヴィングに置こうかと考えているけれども(他には置けないだろう)、そこにその大きな棚を二つ並べるのは無理がある。もっと早く気がついていてしかるべきことだったけれども、とにかくは棚がひとつ不要になる。これをどう処分するかと考え、市のホームページでチェックなどしてみると、そういう「粗大ゴミ」を処理センターに自分で持ち込めないところには、市の方で収集してもらうことも出来るようだ。考えてみると、以前使っていた衛星放送受信用のパラボラアンテナももう不要だし、これも「燃えないゴミ」で収まり切らない大きさだと思う。これもいっしょに「粗大ゴミ」として出してしまうべきだろう。今日は日曜で役所も休みなので、明日になったら市役所に行ってみようと思う。

 画集や展覧会の図録をそれなりに高く買ってくれるような古本屋も東京にはあるようで、この際売ってしまおうかとも思ったのだけれども、着払いで送らせてもらうほどの分量でもないし、自分で持って行くというのもめんどうだ。こういうのは無理して処分するのではなくって、持って行くことにした方がいいのだろう。

 夕方からテレビで相撲を見ていて、一昨日ケガをした稀勢の里はもう優勝は無理かと思っていたのだけれども、本割で星ひとつリードされていた照ノ富士に勝ち、優勝決定戦に持ち込んだ。その決定戦でも痛めている左腕を使わずに右腕だけでの投げが決まり、先場所につづいての連続優勝ということになった。これはやはり、見ていてちょっと興奮してしまった。

    

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170326

■ 2017-03-25(Sat) このエントリーを含むブックマーク

 その「光コラボ」の会社の営業から、電話がかかって来た。もっとしつっこく粘られるのかと思っていたけれども、意外とあっさりと引き下がってくれたので助かった。教訓。<やはり固定電話にかかって来る電話に出てはいけない>。

 いろいろと片付けていて、「あれ? あの本(CD)を持っていたはずなのに、どこに行ってしまったんだろう?」と思うことがたびたびある。今日は伊藤重夫のマンガ「チョコレートスフィンクス考」があったので、彼の大傑作「踊るミシン」はどこに行ってしまったんだろう?ということになってしまった。マンガのたぐいを収納してある棚にはみつからないのであせった。まさか失せてしまったということはないだろうと思うが、貴重なわたしの宝なので、しばらくは探しまわってしまった。
 けっきょく、もうひとつの棚のいちばん上に置いてあったのを発見し、とにかくはホッとする。もう長いこと読み返していないけれども、とにかくはこの作品はビビってしまうほどの傑作だと思っている。見つかってよかった。

       f:id:crosstalk:20170325170052j:image:w300

 それで何だかモードが変わってしまって、ネットでこの「踊るミシン」のこととかを検索し、いろいろと読んでみた。たしか数年前には、古書店でもこの本は四千円ぐらいの値が付いていたと記憶するけれども、今ではなんと二万円という値が付いていたりする。驚きである(わたしの持っているのはもう帯もとれてしまったし、薄汚れているからそんな価値はない)。これはこう「伝説」の作品、という感じでもある。検索していると、わたしの好きな「blue」という映画を監督した安藤尋という監督が、この「踊るミシン」を映画化したい、というようなことをいっているのも見つけた。う〜ん、たしかに「踊るミシン」、このタッチで映像化できればすばらしいだろうと思う。原作マンガの絶妙な、すばらしいコマ割りを映像のカット割りに生かし、音にあふれているというのに静寂につつまれたようなあの雰囲気を映像化できないものだろうか。あの秀作「blue」のタッチでやれば、可能な気もするのだが。とにかく、ひとりの男の子が成長していく一時期での「喪失感」を、非日常な幻想を交えながらここまで描いた作品というのも、わたしは他に知らない。この本はわたしには生涯の「宝」である。
 ちょっとだけ読み返して、ラストの二ページにハマってしまった。

       f:id:crosstalk:20170325170230j:image:w300

       f:id:crosstalk:20170325170306j:image:w300

 そんなこんなで、今日はあまり荷造りも進まなかった。明日はがんばらなくっちゃ!
 夜はテレビで「ブラタモリ」を見た。今日は「奄美大島」が舞台で、いつもとちがって動植物がメインの展開で面白かった。でも、「これから」というところで「あとは来週」となってしまったのが残念。

    

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170325

■ 2017-03-24(Fri) このエントリーを含むブックマーク

 「光コラボ」の会社に「契約しない」との電話を入れてみる。今日は担当が不在ということで、「また明日こちらから連絡する」とのこと。とにかくは契約はしませんから、ということで電話を切る。ゴタゴタしなければいいのだけれども。

 今日からいよいよ、荷造りをはじめた。まずはDVDを段ボール箱に詰め、これは段ボール箱一箱でちょうど収まった。次はVHSのヴィデオカセット。「捨ててもいいんじゃないかな」と思えるものも出て来たけれども、めんどいのでそのままどんどん箱詰めして行き、これが段ボール箱二箱になってしまった。ここまでの段ボール箱は、中身が軽いからちょっと大きめの段ボール箱を使用。本とかになると重いから、そこまでに大きな段ボール箱は使わない。これが五箱ぐらいで収まり、CDが三箱ぐらいになれば、全体で三十箱という目標はクリアできると思う。どうだろうか。

 ニェネントが、「この家はどうなっちゃってるのよ?」みたいに、びっくりしているみたいだ。棚の裏側とかに入り込めるスペースが出来ると、さっそく入ってみたりしているけれども、あんまり面白くもないみたいですぐに出て来る。落ち着かないことと思うけれども、もうちょっと辛抱しておくれ(って、そのあとは住処が変わるからもっと大変なんだけれども)。

    

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170324
   2665779