ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

■ 2018-12-12(Wed)

 昨日は、フランク・ザッパが出て来たような夢をみたのだけれども、今日はそれにつづいて、ゴジラの出て来る夢をみた。‥‥夢ではわたしには家族がいて、けっこうしっかりしたマンションみたいなところに住んでいる。そこにゴジラが来るのだ。そのときわたしの視点は建物の外から建物全体をみているのだけれども、その後ろからゴジラが登場し、建物はガラガラと崩れ落ちはじめるのだった。みていて、「あ〜、こりゃ助からないな」とか思っているのだけれども、この夢には続きがある。実は先ほど来襲したゴジラは、近年の「シン・ゴジラ」に出て来た<超>デカいヤツで、コイツは身長50メートルとかあるというわけなのだが、みていた<夢>はそこで最初からまたやり直しスタートになるのだけれども、今度やって来たゴジラは<初代>ゴジラで、身長は15メートルと、さっきの巨大ゴジラの三分の一もないのである。そうすると、わたしの住まいはそんな<初代>ゴジラの攻撃などものともせず、つまりビクともせずに無事なのである。「住まいがゴジラに壊されなくってよかったね〜」というところで目覚める、変な夢だった。
 それで、関係ないのだけれども、ゴジラのことでいつも思ってしまうのは、例えゴジラが東京に来襲しても、ゴジラのあの体重からしたら東京の地盤なんて<ぬかるみ>みたいなもので、東京湾から上陸して来ても、ズブズブとその体が自身の体重で沈んでしまうはずだと思うのだ。というか、ゴジラが東京湾に足を踏み入れたとたん、ゴジラは東京湾のヘドロに足を取られ、ヘドロの奥深く沈んでしまうだろう。「ゴジラ対ヘドラ」はヘドラの勝利に終わるわけだ。‥‥ん? ゴジラって泳ぐんだっけ?
 とにかく、ゴジラくんが思う存分にふるまい、活躍するためには、強固な岩盤の地面が必要だろう。そう思う。

 今日は、午前中は雨だった。雪になってもおかしくないような寒さで、関東でもどこかでは雪になっていたはず。仕事を終えて帰宅する頃には雨もやんでいたのだけれども、部屋の中も冷えきってしまっていて、寒い。寒さに弱いはずのニェネントは意外と元気で、リヴィングの出窓の上に跳び上がって外を眺めたりしている。わたしは「さあ、やることをやるぞ!」と意気込んで、和室に設えた仕事スペースの明かりをつけたりして準備したのだが、やはり和室はあまりにも寒く、暖房の効いたリヴィングから動こうという気にもならない。なんとか和室に移動してはみたけれども、「ちょっと本でも読んで」と、ベッドに上がって布団にもぐり込んでしまう。‥‥これはもう、計画の挫折の典型的なパターンで、そのままやはり眠ってしまうのだった。それで目覚めるともう7時半で、「いかん! 夕食も取っていないではないか!」と起き出して、もう何もつくる気にもならないので、まだまだいっぱいあるインスタントのお赤飯で侘しい夕食にした。

 食事を終えるとあとは寝るだけになってしまうのがわたしの悪い習慣なのだが、今日は午睡もとったあとだったし、思いのほか読書がはかどった。今、寝るときに読んでいるのは「ウンベルト・エーコの世界文明講義」なのだが、この夜読んだ「絶対と相対」の章はとても刺激的で面白く、「高かったけれどもこの本を買って良かった」と思わされた。この章は2007年のエーコの講演からの書き起こしみたいだが、エーコの語り口にヨーロッパの情況への危機感のようなものがにじみ出ていて、その<危機感>は、わたしも今の日本の情況に当てはめて読めるように思った。この章はもういちど、しっかりと再読したいと思った。

 そう、今日は通勤のときに太宰治を読みはじめていて、「どうだろう」と、ちょっと探りを入れるような気もちもあったのだけれども、やっぱりそういうだらしない<文士>の、わたしが好きになれないところの道楽話にうんざりするところもあるにはあった。しかし3〜4篇読んで、その中では「ヴィヨンの妻」がとっても面白く、いろいろと思うところもあった。順番にこの全集本のすべての作品を読むのではなく、次はあいだをすっ飛ばして「斜陽」を読んでみよう。

        

 

[]「ヴィヨンの妻」太宰治:著(太宰治全集10 小説9より) 「ヴィヨンの妻」太宰治:著(太宰治全集10 小説9より)を含むブックマーク

 いくら太宰を今まで読んだことがなかったといって、この「ヴィヨンの妻」というタイトルぐらいは知っている。それで読みはじめたら出てくる小説家、おそらくは太宰自身がモデルだと思われるぐ〜たら男が「泥棒」と呼ばれるところから、「そうか、<ヴィヨン>というのは<フランソワ・ヴィヨン>のことなのだったか!」と、今になって初めて知るのだった。

 太宰治といえば、麻薬中毒、自殺未遂の繰り返しなどと、いわゆる<文人>の負の部分を一身に引き受けたような人物という先入観もあり、そのことが今の今まで彼の作品を読もうとは思わなかった理由でもあるわけで、この全集本で他に読んだ作品でも、特にタイトルは上げないけれども「やっぱりイヤだな〜」と思う作品もあった。それでも、この「ヴィヨンの妻」は、とっても面白く読めたし、心に残る作品だった。

 もちろん、この作品に出てくるしょ〜もないダメダメの文士の大谷は太宰治自身のことだろうが、この作品の語り手をその愛人(実際上の妻)の「さっちゃん」に置いたところ、その「さっちゃん」の、終戦後の混沌とした社会での「労苦をものともしない」ようなエネルギッシュな生き方に、小説として読み手に共感を呼ぶところがあると思った。

 どうもここでは、太宰自身もほんとうの自分のダメダメなところは暴露していない風でもあるけれども、ま、彼女にいわれてしまうように「人非人」ではある。しかしこの作品で、太宰=大谷として、その太宰=大谷は、さっちゃんの愛情をこの小説の文章に書きあらわし、ま、懺悔の気もちがあるのかどうかはわからないけれども、そこで「いっしょに生きよう!」という気もちは読み取れるだろう。やはりラストの、「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きてゐさへすればいいのよ。」というのは名文句だろう。
 それで思ったりするのは、やはり今の「世間」のことで、ネットなどでみていると、「自分は<普通>の人だ」という人たちが、そういう<普通>という基準から外れた人たちを攻撃する。主にそれはマイノリティの人、そして日本国籍ではない人たちへの攻撃、「ヘイト・スピーチ」というかたちを取ることが多いようだ。おそらくそういう自称<普通>の人たちが、この「ヴィヨンの妻」を読むならば、ここに登場する「ダメ男」「人非人」の大谷という男のことを許容することはないだろうと思う。わたしは、「わたしは<普通>だ」という人というのはいちばん恐ろしい気がする。そんな「わたしは<普通>だ」という視点からすれば、この「ヴィヨンの妻」なども否定されてしまうことだろう。

 もちろん、わたしだって、目の前にこの作品の大谷があらわれたら、出来るだけ避けて通り抜けたいと思うかもしれない。「さっちゃん」、えらいね〜、とはいうかもしれない。でも、この作品が残るべきなのは、さっちゃんがえらいからではない。ここに「世界」のひとつの姿があると思うからなのだ。ここに「文学」のひとつの姿があると思うからなのだ。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181212

■ 2018-12-11(Tue) このエントリーを含むブックマーク

 夜中に夢をみていて、なんだかフランク・ザッパみたいな人物が出て来ていたのだけれども、それ以上のことはもう憶えていない。それで(関係ないけれども)今日は<燃えないゴミ>の収集日で、いらなくなった掛時計をゴミの収集場所に出した。この時計には茨城時代から長いことお世話になったものだ。今日もまたまた寒い。先週のあの暖かさは、つかの間のまどろみだったのか。やはり寒いのは嫌いだ。また今日も、仕事を終えて帰路に着く頃には鼻水が流れ出る。

 こんなに寒いというのに、今日は夕方から我孫子の図書館へと歩いた。実は再来週に劇団「地点」の舞台で「グッド・バイ」を観る予定なのだが、この舞台がつまり、その標題の「グッド・バイ」をはじめ、太宰治の作品のテキストを、いかにも三浦基さん(「地点」の演出家)らしくもコラージュしてみせてくれるらしいので、「ど〜れ、それでは間に合うように太宰治の作品を読んでおこうか」と思った次第なのである。だから、読んでいるシュティルナーはしばらくお休み。

 そろそろ暗くなる時間に、凍えながら外に出て、テクテクと歩いて図書館へ。まずは太宰治の本を探すのだけれども、意外と「グッド・バイ」の収録されているのって、なかなかないのである。ちなみに、わたしは生まれてから今まで、まったく、これっぽっちも<太宰治>を読んだということがないので(普通、教科書に「走れ、メロス」とかが収録されていることも多いらしいのだけれども、わたしが使った教科書には載ってなかったのだ)、太宰の本ならば何でもいい、というところはあるのだけれども、やはり条件として「グッド・バイ」が収録されていること。そういう基準で探すと、これが筑摩の「太宰治全集」の「小説」の最終巻ぐらいしかないというか、この巻には「ヴィヨンの妻」とか「斜陽」とか、そして「桜桃」、「人間失格」と収録されているものだから、「これでいいや」と、この全集本を借りることにした。
 あと、今ぼちぼちと読んでいる「ナボコフの文学講義」に合わせて、その講義の中で取り上げられている作品も借りてみようかと思う。今読んでいるのはジェーン・オースティンの「マンスフィールド荘園(たいていの邦訳では「マンスフィールド・パーク」となっている)」なので、それを読みたいとも思うのだけれども、ちょっと長い。それで、その次に取り上げられているディケンズの「荒涼館」にしようか、ということで探してみたのだけれども、わたしはその「荒涼館」って、せいぜい200ページぐらいの中編だろうと勝手に想像していたわけで、じっさいに岩波文庫から出ているのを見つけてみると、あなた、厚みが2センチもありそうな分厚い文庫本で全4巻もある。わたしゃ「プルースト」を読もうと思ったわけではありません!と、即却下。それで、「これだったらぜったい薄いだろう」という、スティーヴィンスンの「ジキル博士とハイド氏」を借りたのだった(これは文庫本で150ページぐらいね)。

 帰り道、ショッピングセンターに寄り、そろそろ残りの少なくなってきた、ニェネントくんのとっても高価な、ヘルシーな固形食を買う。「わたしも何か買おうかな」とスーパーを一周してみるけれども、ピンと来ないので店を出て、いつものローソン100でバナナとか値引きされたもやしとかを買って帰る。今夜は冷凍してあった鶏レバーを解凍して、ちゃっちゃっと「レバ炒め」で夕食。ちゃっちゃっとつくった割りには美味だった。
 寝るときにはいつものようにニェネントがやって来て、いっしょに遊ぶ。この夜は何だか、いつもよりもニェネントと心が通い合うような気がして、楽しいひとときだった。それできっとニェネントにも楽しかったのか、しばらくしてからまたやって来て、「また遊んでよ〜!」とのリクエストで、それでわたしの胸の上でからだをなでてあげると、ニェネントは盛大にゴロゴロとのどをならすのだった。ニェネントもうれし、わたしもうれしい時間だった。

        

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181211

■ 2018-12-10(Mon) このエントリーを含むブックマーク

 この週末、土曜日曜と少なくとも一日に十時間以上(十二時間になるか?)寝ていると思うのだが、それで先日「睡眠の取り過ぎは寿命を縮める」という記事をみて(といっても中身は読まず、コワいから見出しをみただけだが)、「ヤバいなあ」と思ったりする。そういうのでいつも思い出すのが南アフリカの偉人、ネルソン・マンデラ氏のことで、彼は27年間も牢獄にあり、過酷な労働にも従事していたというのに、95歳という長寿を全うされたわけである。これはやはり、そういう意味では規則正しい監獄での生活が、彼の寿命を延ばしたのではないのかと思うことになる。
 ‥‥しかし、このことを思うといつも同時に思い出すのは葛飾北斎のことで、食事はいつも店屋モノ、生涯に転居を90回以上繰り返し、けっこう多くの旅を重ね、およそ「規則正しい」生活をおくったとは思えない人物なのだけれども(しかも今より一般に寿命の短かった<江戸時代>の人だというのに)、彼は88歳の長寿を全うされている。これはどういうことなのか(これは逆に、江戸時代の店屋モノとかがいかにヘルシーなものだったか、ということかもしれないが)。このことはわたしだけでなく疑問に思う人も多かったようで、Wikipediaをみると、「ここまで乱れた生活を送りながらも彼が長命だった理由として、彼がクワイを毎日食べていたから、と言う説がある」などという記述がある。
 ‥‥ホントかいな。それだったら、皆が皆クワイを喰い漁ることになるだろうと思うのだが。ま、北斎が酒も煙草もたしなまなかったこともあるのかもしれないが、それだったら逆にヘヴィースモーカー、酒浸りで長寿だった人間もいるわけで、ま、つまりは「こうだったから長寿」という法則はないのではないか。おそらくは遺伝的なものがけっこう作用しているのではないのか。そうするとわたしの両親はどちらも80歳過ぎまで存命していたので、わたしもそういう期待は出来るのではないのか。

 ところが今日のニュースをみると、75歳以上の人の医療費を補助する「後期高齢者医療制度」というのを廃止するぞ、とかいっている。すごいぞ。この国はもう「福祉」という概念をすべて廃止する方向に向かっているようで、先日は国立大学の学費が値上げされるという報道もみたし、つまり「あなたが富裕層ではないのなら、もう幸福な<生>はあきらめなさい!」というのがこの日本という国なのだ。ま、日本はこれから、第二次世界大戦後〜1960年代のアジア・アフリカ諸国みたいなものになるのだね。
 先日ノーベル賞を受賞された(今日、その授賞式があった)本庶さんも、「今の研究費の国家援助額では何も出来ない」というようなことをおっしゃっていた。わたしはそういう理科系のことはよく知らないが、文科系の衰退もひどい。これは国家援助とかそういうことではないかもしれないが、例えば映画という分野でなら、いまだに日本人は「映画には<世界のクロサワ>がいた」とか、<小津安二郎>とか、<宮崎駿>とかの過去のビッグネームの名をあげるけれども、今の日本映画のほとんどは、プロデュース・システムのもと、売れたマンガの実写化に夢中になっているように見える。わたしなどが現在の邦画で<観たい>と思うような映画はほとんどない。文学の方でも、例えば海外文学の翻訳は減少し、今は韓国における翻訳に追い抜かれているという。ま、まだまだこういうことはいろいろとあって書ききれないのだけれども、とにかくは<日本=ディストピア>という空気が拡がっている。

 さて、「そんな世の中に吞まれてしまってはいけない」と、わたしはようやく多少、ハッスルしてみるのだった。今日は多少作業を進め、「そうか、先の見えないままに進めて行って、<そのうち何とかなるだろう>」という進め方は(わたしの場合)ぜったいダメなのだと悟った。その作業のさいしょの段階から、<すべて見通せる>仕事を進めなくてはいけない。

 それで今日はめっちゃ寒かった。ついに<冬>が来た。仕事をやっていて、わたしの仕事は外に出たり屋内に入ったり、屋内でも暖房の効いているところ、効いていないところを行ったり来たりするもので、温度差がきびしい。ついに仕事が終わる頃には悪寒がして、鼻水がダラダラと鼻から流れ出るのだ。明らかに「風邪」の前期症状。ヤバい。帰宅しても部屋は寒いので、電気ストーブを引っぱり出して電源を入れて温まる。わたしはやはり、暖房は<電気ストーブ>がいい。‥‥すると、そんな部屋の中の「温度差」に気づいたのか、ニェネントがベッドの布団の中からやって来て、電気ストーブの前の<ベスト・ポジション>にすわり込んでしまうのだった。

        f:id:crosstalk:20181211144514j:image

 そんな、ストーブの前に居座っているニェネントの背中にさわると、すっごく暖かい。というか、熱いぐらいだ。「あんた、<焼き猫>になっちゃうよ!」って思うのだけれども。

 今日は注文していた「現代日本文學体系」の「現代詩集」も無事に届いてうれしいのだけれども、夕方にネットをみていたら、ちょうど一年前に神奈川近代美術館の葉山別館で、マックス・クリンガーの版画展が開かれていたことを知った。まったく知らなかったしくやしいのだけれども、一年前の今ごろはちょうど転職した時期で、死ぬほど金のなかった時期だったから、おそらくはとっても葉山とかまで出かける余裕はなかったことだろう。それでも、その図録とかがあるなら欲しいなと思ってチェックしたのだけれども、もっと昔の、1989年だかに関西で開かれた「マックス・クリンガー展」の図録が、ヤフオクで安く出品されていたものですから、ついつい<入札>してしまった。ま、おそらくはわたしが落札することでしょう。今はとつぜん、マックス・クリンガーに夢中になってしまったわたくしでした。

        

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181210

■ 2018-12-09(Sun) このエントリーを含むブックマーク

 昨日「冬将軍」のことを書いたので調べてみたら、これは日本でだけ言われていたり、日本で言われはじめたとかいうのではなく、そもそもが1812年、ナポレオンのフランスがロシアに攻め入った「ロシア戦役」で、フランス軍が撤退始めたことをイギリスの諷刺画家が「GENERAL FROST Shaveing Little BONEY」と表現したことから来ているらしい。フランス軍はじっさいには「寒さ」のために撤退を決めたのではないのだけれども、その撤退中に厳寒に襲われ、これは悲惨なことになったそうだ。フランス軍をはじめとした大陸軍は60万から5千までの兵士しか残らなかったという。しかしこの戦いでロシア軍も(おそらく)45万の兵士が死んだといい、しかもこの戦闘地域に住んでいた住民らの死者はもっと膨大な数で、全体としておそらく数百万の人が命を失ったというから驚きだ。以上Wikipedia情報によるが、「ロシア戦役」というのがそんなにまで悲惨な戦争だったとは、まったく知らなかった。とにかくはロシアはこの厳寒気候のため、攻め込まれても戦闘を冬まで持ち込めば、相手を撃退することが出来たのだ。そこから、日本では「シベリア寒気団」を「冬将軍」と呼ぶようになったらしいけど、つまりは万国共通の言葉、らしい。

 それで今日は昨日よりもなお寒い。寒いので、ニェネントはいつまでも布団から出て来ないのだった。

     f:id:crosstalk:20181210140556j:image

 そしてわたしも、「寒いな〜」と午前中から酒を飲んだりしていたのだけれども、それで昼になって「ちょっと横になって本でも読もう」としたら、大方の予想通りにそのまま寝てしまうことになり、なんと、昼食もとらないままに4時近くまで眠ってしまったのだった。これはまったくだらしないというか、けっきょくこの日も、やりたいことは何もやらずに過ぎてしまうのだった。

        

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181209

■ 2018-12-08(Sat) このエントリーを含むブックマーク

 寒くなった。慣用句でいえば「冬将軍」がやってきた、というところだけれども、いったい何で「冬将軍」なんていうんだろうか。「冬将軍」などというと、どうしてもロシア、というか旧ソビエト連邦のこととか思い浮かべてしまって、それって、戦後しばらくはソ連の存在が日本にとって「脅威」だった、ということを言い表わしていたのではないのか、などとは思ってしまう。いや、戦前だって、「日露戦争」というのがあったわけだし、その頃からの慣用句なのだろうか。‥‥そう、だって、いくら猛暑になっても、「夏将軍」が来た、なんて言わないじゃないですか。日本の南には、日本の脅威になるような国はないもんね。いちど、ちゃんと調べてみたい語句だ。

 今日は土曜日で仕事は休み。こういう日にこそ、やりたいことをたっぷりとやりたい、いや、やらなければならないとは思っているのだけれども、昨日ちょっとそういう作業をしてお手軽に「充足感」を得てしまったというか、またダラダラとした一日をおくってしまう。例によって午後からは長い「午睡」。12時頃から3時頃まで寝てしまう。そうすると目覚めたあともぼんやりとして、何をやる気も起こらないのである。けっきょく、一日中ずっと、パジャマから着替えることもなく、部屋から一歩も外に出ないで生きてしまった。しかもほとんど何もやらない。最悪。

 いくら何でも「これではいけない」と、夜になってから、この「はてなダイアリー」を「はてなブログ」に移植するテストをやってみた。「はてな」のメッセージで、「今は混み合っているので、場合によっては移植に数日かかるかもしれない」などという「脅し文句」が書かれていたのだが、とにかくはそれはそれでやってみるかね、と「実行」。
 ‥‥ま、2時間もかからずに「移植」は完了したわけだけれども、この新しい「はてなブログ」のレイアウト・デザインはいやだ。そういうのでは、今のこのブログのデザインもわたしがあれこれといじってここまで持ってきたわけで、新しい「はてなブログ」もそういうカスタマイズが出来ないわけでもないようだけれども、アレですね、肝心のHTML語法をわたしは忘れてしまっているわけですから、「ココからあなたの好きなようにアレンジしてみて下さい」といわれても、「えええ〜っ!」となってしまうのです。
 そんなこんなで、「はてなブログ」へのお引っ越しはもうちょっと保留。ま、いまだに「はてなダイアリー」に固守してるユーザーなんて、わたしぐらいなものらしくって、「はてなダイアリー」のトップページに行くと、このわたしのブログへのリンクがで〜んと出ている。そのおかげで最近は来訪者さんが多くなっているようだけれども、ま、そんなに面白いブログではありませんからね。ごめんなさい。

 けっきょく、なんだかんだで何もしないで夜も遅くなり、「もう寝ましょうか」とベッドにもぐり込み、また昨日のようにKinksの「Village Green Preservation Society」をかける。‥‥すると、ニェネントがにゃんにゃんとなく。いってることはわかる。「うるせえんだよ!」ということだ。どうやら、どう考えても、ニェネントは音楽が嫌いなのだ。「どうしてるの?」とのぞき込むと、普段は入り込まない段ボールの陰に入って、「騒音」から逃れているみたいだ。‥‥そんなにイヤなら、わざわざこの和室にいないでも、リヴィングの方にでも避難すればいいと思うのだけれども、かわいいニェネントくんは、どうしてもわたしのそばにいたいのだ。それはうれしいことではあるし、何だかこうやって寝るときに音楽をかけるのはニェネントのストレスになってしまうのか、それだったら、こうやって寝るときに音楽をかけるのはやめるべきかな、などと考えてしまうのだった。
 ‥‥それでも、そのうちにあきらめたのか、まだ音楽がかかっているうちにニェネントはベッドの上に跳び乗ってきて、「ねえねえ、遊んでよ!」と来るのだった。‥‥むむ、あなたはやはり、史上最高にかわいいネコなのだ。

        

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181208
   3059565