ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

■ 2017-04-16(Sun) このエントリーを含むブックマーク

 引っ越しをしてから、毎日いい天気の日がつづいている。新居の窓の前は空き地になっていて、とても日当りがいい。これはとてもうれしいことだ。そのウチの前の空き地だけれども、ずっと長いこと空き地になっているのか、何台もの古い車が捨てられたように放置されている。もうボディは汚れて錆び付いているし、フロントが壊されている車もある。緑の草の生えた土の上にこういう風に廃車が放置されているのは見た憶えがある。これはたしか、ゴダールの「ウイークエンド」の中の光景ではないのか? そんな光景が現実にわたしの目の前に拡がっているというのは、なんだか妙な気分だ。

     f:id:crosstalk:20170418163905j:image

 前からのクセで、午後になると昼寝をしてしまうのだけれども、今は窓のすぐそばにベッドを置いてあり、わたしの頭というか顔が、外からの日の光をモロに浴びるかたちになってしまう。これが暑い。というか、寝ているあいだに日焼けしてしまいそうだ。なんか、昼寝のときには日光を避けるような方策を考えないと、これから夏にもなることだし、たいへんなことになってしまいそうだ(って、いつまでも午睡の習慣がつづけられるとも思わないが)。

 キッチン以外の室内はほとんど片付き、つぶした段ボールがいっぱいあふれている状態。このあたりはゴミ出しのルールが厳しいようで、引越して来たときから「ゴミの出し方」という印刷物が投函されていた。それによると段ボールは段ボールで束にして、「資源回収」の日に出さなければならない。「燃えないゴミ」も、ガラス瓶は瓶の色で分けて出さなければならないようだし、分別で出す古繊維類は雨の日は出しちゃいけないとか、とにかくこまかい。前の住まいなんか「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」、これだけの分類だったというのに。でもまあ、「文明」というのはこういうものなのだ(などというと、前の住まいのところが<非文明地域>みたいになってっしまうが)。

 この部屋にはリヴィングに「出窓」があり、さいしょに見たときに、「ここがニェネントの<お立ち台>になるだろうな」と思ったのだけれども、そのニェネントが今日ようやく、「お立ち台」に上がってくれた。どうやら気に入ってくれたようで、それからは何度も「お立ち台」に跳び上がって、外の景色を眺めたりしてくつろぐようになった。よかった。わたしもうれしい。

     f:id:crosstalk:20170418160907j:image

 今日の昼ご飯はスーパーでお弁当を買って来ようかと、昼前にスーパーまで行って来た。お弁当の売り場へ行くと、ここのスーパーには「サービス弁当」というのがあって、超得盛りでおかずもいっぱい、それで五百円ぐらいというお得なお弁当があるのだった。これと、普段のおつまみにと、店頭にあった「ドライフルーツ&ナッツ」という、これも450グラムも入って400円というヤツとを買って帰った。うん、お弁当はボリュームも満点で、うまかった。これは今までに食べたスーパーの弁当でもトップクラスだと思う。「ドライフルーツ&ナッツ」の方はバナナチップとかアーモンドも入ってるけれども、大半はピーナッツといかり豆で、「だから安いんだな」とは思ったけれども、とにかく量はたっぷりだし、わたしは満足である。この土地で見つけた「いいところ」であるだろうか。夕食は近所の中華料理屋へ行ってみようかと思っていたのだけれども、テレビを見はじめてしまったりして、向こうから持って来たインスタントのチャンポンメンですませてしまった。ニェネントにも、昨夜の「かつおのタタキ」の残りを出してあげた。
 となりのとなりの住まいの人には転居のあいさつはすませたのだけれども、すぐとなりの部屋の人にはまだあいさつがすんでいない。帰宅されるのがいつも遅いようで、お会いすることが出来ないので、今日になって、入り口のドアのノブに文をそえてあいさつの品をぶら下げておいた。これで近隣へのあいさつはおしまい。

 部屋はだいたいのところ片付いたし、明日は月曜日で役所もやっていることだし、市役所に出かけて「転入届」を出すつもりでいる。家賃振り込みの銀行手続きも終わらせ、その他の必要な手続きも済ませてしまいたい。そう、トイレのタンクから若干の水漏れがあるのを見つけ、管理会社に連絡した。明日あたり業者から連絡があるだろうか。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170416
   3223608