ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

■ 2017-07-16(Sun)

[]「変身」(2012) フランツ・カフカ:原作 ブラザーズ・クエイ:監督 「変身」(2012)   フランツ・カフカ:原作 ブラザーズ・クエイ:監督を含むブックマーク

 楽しみにしていたクエイ兄弟によるカフカの「変身」。音楽はヤナーチェクで、意外と原作通りの展開。「パペット」ではなく、人間の役者が大きな風船のようなマスクをかぶっての「仮面劇」みたいなところも(妹だけは素顔で登場する)。わたしとしてはもっと、クエイ兄弟の抽出する「カフカ」なるもののエッセンス(つまり「カフケスク」みたいな?)の表出を期待していたのだけれども、すんなりとまっとうな「劇」になっていたことに、ちょっと肩すかしをくわされた感じ。ただ、蟲に変身したグレゴール・ザムザの、その「眼」に魅入られるものはあった。

 総じて、21世紀に入ってからのクエイ兄弟の作品は、手法として明らかに「ストリート・オブ・クロコダイル」などとは異なった次元になっていて、観る側としても、そのような「異なる次元」を探るような眼を持たなくてはならない。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20170716/p9
   2931467