ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

 | 

■ 2018-11-25(Sun)

[]「ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪」リサ・インモルディーノ・ヴリーランド:監督 「ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪」リサ・インモルディーノ・ヴリーランド:監督を含むブックマーク

        f:id:crosstalk:20181126172008j:image

 ペギー・グッゲンハイムは20世紀美術に大きな影響力を持ったコレクターだけれども、いろいろのアーティストの珍しい映像も観れたし、「そんなこともあったのか」と、興味深い映画だった。

 ベケットと短い恋愛関係もあったらしいし、マックス・エルンストとも結婚、自伝にはその男性遍歴(?)が事細かに書かれているらしい。美術にはまるで素人だったペギーに、あれこれとアドヴァイスしたのはマルセル・デュシャンだったのだ。

 もちろん、ポロックを発見したのは彼女の功績で、彼女の存在なくして戦後のアメリカ美術は語れないのだけれども、彼女もさいしょはポロックのことは無視していたのが、モンドリアンの「ポロックがいい」という意見で見直したのだという。

 作家とコレクターとの、いい関係のあった時代を象徴する人物だったのか(けっこうめちゃくちゃな人だったみたいだが)。知らなかったマヤ・デレンの作品の断片を観ることが出来た。いろいろ思うところはあるけれども、時間がないのでこのあたりでゴメン!


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181125/p1
 | 
   3223362