ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

■ 2018-12-01(Sat)

 11月29日は、ニェネントのお母さんネコのミイの命日だった。だというのに、わたしはそのことをすっかり忘れてしまっていた。わたしの中では「ミイの命日は12月1日ではなかったか」という記憶があって、それが今日この日ではないかと思い出したのだが、この日記をみてみると、それは11月29日なのだった。ミイの八回忌。忘れていてごめんなさい。ミイのことを思い出して、また泣いた。

          f:id:crosstalk:20181202094828j:image

 12月になって、つまり2018年も残りはあと一ヶ月になった。それで年末年始の勤務スケジュールもわかったのだけれども、つまり12月29日から1月6日まで、9連休ということになるようだ。わたしは日給月給というか時給制なので、休みが多ければ収入も少なくなって厳しいのだが、「ま、何とかなるか」というギリギリのところだろうか。
 それで、今持っている通勤定期が12月25日で切れてしまうのだけれども、それならば26、27、28の3日間は定期なしで通勤し、その後の9連休が明けてから新しく定期を買った方が得ではないかと思った。ところが、来年は今の天皇が退位して「平成」が終わり、その時期には「10連休」というのが用意されている。それでカレンダーをチェックしてみると、そうやって年末に今の定期の期限を調整しても、モロにその10連休にぶっつかってしまうのだった。つまり、そうやって来年1月からの定期にしても、4月末にはその10連休と重なってしまうので、どっちにせよ「通勤しないのに定期を持っている」という状態になってしまう。それだったら、この年末に無理して3日間を「定期なし」で通勤するというのは馬鹿げている。このまま定期を連続して買っていけばどうせその10連休にぶつかるから、そのときに、連休明けまで定期を買わないで過ごせばいいのだ。などという細かい計算をするのだった。年末年始には定期を使って出かけることもあるだろうし(こういうのは低収入者には大事)。

 今日はまた、惚けたように寝てばかりいる一日になってしまった。「やりたい」と思っていたことをやり始め、いちおう「出きるではないか」と思ったことも、のんびりしてしまう原因になってしまったのか。午前中にいちど買い物に出て、パソコンにへばりつき、午後に1時から4時まで昼寝。そして夜は9時頃には寝てしまうのだ。‥‥この頃は、前に買ったラジカセで、寝る前にCDをかけて聴いているのだけれども、そのCDの2曲目ぐらいになったところで、もう寝てしまうのだ。

 読んでいた「タコの心身問題」を読み終えた。昨日、「くまざわ書店」で「ウンベルト・エーコの世界文明講義」を買ったので、来週からはこの本を読む?

        f:id:crosstalk:20181202094718j:image       

 

[]「タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源」ピーター・ゴドフリー=スミス:著 夏目大:訳 「タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源」ピーター・ゴドフリー=スミス:著 夏目大:訳を含むブックマーク

 著者は「科学哲学」という分野の研究者/教授であり、優れたダイバーでもあるという。そこで海中で観察したタコの生態から、「ヒト」につながる意識の起源について考察を進めて行くという書物。

 正直言って、タコについての記述、「知能が高い」とか「それに比して寿命があまりに短い」などということは、前に買って持っている「タコの教科書」という本で読んでいたので、目新しい情報ではなかった。ではそこで、意識、心を持つ「ヒト」との分岐点はどこにあり、つまり「意識、心」とは何だろう?というこの本の主要論点は、あまりに「推論」が多くて、そこまでに納得が出来なかったのも確か。むしろ、最近研究が進んでいるという鳥類の知能について、もっと読んでみたいと思うのだった(タコのコロニーについては面白かった)。


 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181201
   3233351