ワニ狩り連絡帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

       

■ 2018-12-09(Sun) このエントリーを含むブックマーク

 昨日「冬将軍」のことを書いたので調べてみたら、これは日本でだけ言われていたり、日本で言われはじめたとかいうのではなく、そもそもが1812年、ナポレオンのフランスがロシアに攻め入った「ロシア戦役」で、フランス軍が撤退始めたことをイギリスの諷刺画家が「GENERAL FROST Shaveing Little BONEY」と表現したことから来ているらしい。フランス軍はじっさいには「寒さ」のために撤退を決めたのではないのだけれども、その撤退中に厳寒に襲われ、これは悲惨なことになったそうだ。フランス軍をはじめとした大陸軍は60万から5千までの兵士しか残らなかったという。しかしこの戦いでロシア軍も(おそらく)45万の兵士が死んだといい、しかもこの戦闘地域に住んでいた住民らの死者はもっと膨大な数で、全体としておそらく数百万の人が命を失ったというから驚きだ。以上Wikipedia情報によるが、「ロシア戦役」というのがそんなにまで悲惨な戦争だったとは、まったく知らなかった。とにかくはロシアはこの厳寒気候のため、攻め込まれても戦闘を冬まで持ち込めば、相手を撃退することが出来たのだ。そこから、日本では「シベリア寒気団」を「冬将軍」と呼ぶようになったらしいけど、つまりは万国共通の言葉、らしい。

 それで今日は昨日よりもなお寒い。寒いので、ニェネントはいつまでも布団から出て来ないのだった。

     f:id:crosstalk:20181210140556j:image

 そしてわたしも、「寒いな〜」と午前中から酒を飲んだりしていたのだけれども、それで昼になって「ちょっと横になって本でも読もう」としたら、大方の予想通りにそのまま寝てしまうことになり、なんと、昼食もとらないままに4時近くまで眠ってしまったのだった。これはまったくだらしないというか、けっきょくこの日も、やりたいことは何もやらずに過ぎてしまうのだった。

        

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/crosstalk/20181209
   3223609