CRUSADER’S ROOM 食堂車 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-07

あけましておめでとうございます

今年もまぁ、徒然なるままにグルメレビューなどを。

新年今日までなぜか麺類が続いたので、ここで訪れたお店を一気にご紹介。

[]船橋 拉麺阿修羅

f:id:crusader1:20100108005648j:image

新年一発目のラーメン店訪問は、船橋駅から徒歩10分前後のこのお店。

食べログラーメンランキングでは、船橋近郊ではトップのお店です。

どうでもいいんですけど、最初食べログでは営業時間が「17時から」となっていてですね、去年末にそれを見て17時ごろに行ったら「18時から」となっていたという……。

f:id:crusader1:20100108005640j:image

最近つけ麺づいているので、では胡麻つけめんを、と思ってよく見てみると、紹介フリップ

「濃厚で辛さと酸味の極上スープ

と。

実は酸味のあるつけ汁のつけ麺が嫌いでして……。ということで胡麻つけめんパスして「あじ玉チャーシュー胡麻らーめん」1050円なりを注文。

f:id:crusader1:20100108005634j:image

どーん。味玉がいい色をしておりますなぁ。

練り胡麻7杯、すり胡麻1杯が入っております、とのことで、確かにスープは胡麻の濃厚な味と香りが楽しめます。

ただそのスープへの麺の絡み方が若干足りないというか。中太の少し縮れた好きなタイプの麺なだけにかなり残念。でもスープはおいしいのよねぇ。

という感じなので、星は3つ。

拉麺阿修羅 (ラーメン / 京成船橋、船橋、大神宮下)
★★★☆☆ 3.0

[]鎌ケ谷大仏 酔華

2件目は、昨年末戦利品を受け渡すついでに訪れた、新京成鎌ケ谷大仏駅構内のラーメン屋です。

「駅構内とは思えないレベルの高さ」ということで訪問。

f:id:crusader1:20100108012616j:image

確かに店構え自体は、普通の駅の中のラーメン屋、という感じ。さて実力はいかに。

f:id:crusader1:20100108012606j:image

メニューはこんな感じ。「油そば」の文字に惹かれる物があったのですが、まずは評判だったつけ麺、それも「"酔華特製"つけ麺」980円(+中盛で1030円)をオーダー。

f:id:crusader1:20100108012552j:image

どーん。照明の関係でホワイトバランスが狂って、ちとオレンジがかっております。

麺は私好みの太めの麺。水切りもしっかりしていてぬめりもなくgood(簡単なことですが、これが出来てない店が結構あるんですね)。つけ汁は魚介と鶏のミックス、かな? 割とオーソドックスな感じですが、悪くは無い感じです。チャーシューもしっかりしていてよろしゅうございます。

確かに駅構内としてはハイレベル。なのですが、特筆するほど美味いかというと、うーんw いや、美味しいのは確かなんですけどね。

酔華 (つけ麺 / 鎌ヶ谷大仏、二和向台)
★★★☆☆ 3.5

とりあえずは星3.5。惹かれつつも見送った油そばを食べてみて、もう1度考えてみたい所です。

[]飯田橋 麺処 くるり

3軒目は仕事始めの日に行った、飯田橋近くのラーメン屋です。

仕事始め早々に客先作業→昼飯を食う時間が取れず気づくと7時→ヽ(`Д´)ノもう帰る! という流れで行ったお店です。なので評価は空腹補正が入っている、かも。

飯田橋近く、といいましたが、駅としては多分市ケ谷のほうが近いはず。飯田橋から外堀通りを歩くこと5分強。はて、地図ではこの辺だったはずなんだけど……? と思いながら歩いていると。

f:id:crusader1:20100108015339j:image

ここ……なのかな? というお店が。といってもこの写真は帰るときに撮ったのですが、最初に来た時は看板もなかったせいで2度ほどお店の前をスルーしてしまいました。

店構え自体もラーメン屋というよりバーのそれなので、ここか、と気づいた後もちょっと迷ったり。

f:id:crusader1:20100108015320j:image

で、メニューでございます。ここのお店は味噌をメインにしているようで。正直味噌はあんまり……、ということで、辛味つけそばの大盛750円なりを注文。

「『スープ割り』はやっておりません」と書いてあるのですが、実際につけ汁が出てくるとそのわけがわかりました。

f:id:crusader1:20100108015310j:image

どーん。麺の方は中太の平打麺、あんまり見ないタイプですけど、これはもしかすると味噌ラーメンのものをそのまま使っているから、かも。

で、そのつけ汁も(おそらく)味噌ベースなんですが、粘性というか固形分というかがかなり高くて、なんというかトロッという感じ。つけ麺でこういうつけ汁が出てきたのは初めてです。

で、これがまぁ、悪くないんですな。辛味はほどほどにあって、旨みやコクもある。ちょっと違うかもしれませんが、印象としては新宿中本に近い物を感じました。もちろん、あそこほどの強い辛さではないのですけれど。

このつけ汁は、確かにスープ割には合わないですね。かなり独特。

麺処 くるり (ラーメン / 市ヶ谷、牛込神楽坂、飯田橋)
★★★★ 4.0

とりあえずは星4つ。今度は味噌ラーメンも食べて追試をしておきたい所です。

2009-10-11

[]浅草 並木藪蕎麦

「藪」という名前蕎麦屋としては超がつくほどポピュラーなわけですが、その中でも御三家と呼ばれるのが

の3軒です。

かんたやぶそばは既に訪れたので(でもレビューがないというのは……ま、まぁ)、残り2つも訪れてみたいなぁ、ということで、まずは浅草の並木藪蕎麦を訪れました。

f:id:crusader1:20091011122527j:image

訪れたのは既に日の暮れた7時過ぎ、ということで、暗い中にぽっかりと光るやぶそば、の文字。

f:id:crusader1:20091011122526j:image

店構えはこんな感じ、年代を感じさせる作りで、中々に趣があってよろしいです。このタイプの作りだと、一歩間違うとそこいらの商店街蕎麦屋と同じ感じになってしまうのですが、ここはそんなこともなく。


注文したのはざる。といってもここのざるは海苔が乗らないタイプです。

ここの蕎麦の特徴の1つはその量の少なさ。「3口手繰るともう無い」などという人もいますが、さて実際はどのくらいだろう……と若干の期待を込めて待っていると。

f:id:crusader1:20091011124056j:image

ざる到着、ちなみに700円なり。なーんだ普通じゃん……と思うことなかれ。このざる、裏返されています。とはいえそこまでうすーく盛られているわけでもなく、まぁ量的には若干少な目かな? という程度でした。

そばのほうはきちんとエッジがたってなおかつコシのある、いわゆるきちんとした江戸蕎麦、という感じです。


で、ここの蕎麦のもう1つの特徴は、そのつゆの辛さ、と言われています。

蕎麦を食う時につゆをたっぷりつけるのは無粋」と言われるのは、もともと蕎麦のつゆは今よりずっと辛い物だったので、そもそもそんなにつけられなかった、というのが所以です。

その伝統を受け継ぐという並木藪のつゆですが……まぁ確かに普通蕎麦屋に比べれば辛め。たぶん味醂の割合が少ないんだと思います。ただむしろ、かつおの風味の強さのほうが目立つので(まぁ嫌いではないのでいいのですが)、あんまり気にはなりませんでした。

f:id:crusader1:20091011124055j:image

食べ終わり。確かに裏返されています

f:id:crusader1:20091011124054j:image

ちょっと面白かったのは、蕎麦湯がこんな感じの土瓶に入って出てくる事。そういえば上野藪蕎麦は銅の急須蕎麦湯が入ってましたね。

f:id:crusader1:20091011124053j:image

中に入っている蕎麦湯はちょっと濃い目。濃度が濃ければ濃いほど好きな私としては大満足。

蕎麦自体や雰囲気とかはいいのですが、値段はちょっと高めかなぁ、ということで星3.5つ。

並木藪蕎麦 (そば / 浅草、田原町、蔵前)
★★★☆☆ 3.5

という感じに、今度からはtabelogのリンクも張ることにしました。

2009-09-27

[]黄金の塩らぁ麺 Ayumi吉祥寺

JAXA調布航空宇宙センター一般公開に行くついでに訪れたのが、吉祥寺のこのお店。

f:id:crusader1:20090927035703j:image

ラーメンのほか、パスタっぽいラーメンをメニューに取り揃えているということで、外観もイタリア料理店ぽいかんじです。

f:id:crusader1:20090927035704j:image

吉祥寺の駅から歩いていくと、まず目に入ってくるのはこの看板

まぁ塩ラーメンを店名にすえるだけあってこちらがメインになるわけですが、

f:id:crusader1:20090927040810j:image

「赤と白の冷たい『夏麺』登場」というのにもすごーく惹かれるわけでして……。いやまぁ、実際にはメインメニューを、ということで「黄金の塩らぁ麺」を頼みましたけれど。


で、到着したのがこちら。

f:id:crusader1:20090927041142j:image

お前チャーシューが増えとるやないけ! はいすみません、ついつい手が滑って「黄金の塩チャーシュー麺」980円なりを頼んでしまいました。という一人コントはさておき。

f:id:crusader1:20090927041309j:image

このラーメンどんぶり、というよりボウル、かなりの深さがあります。シルエットもやっぱりイタリア料理店風。

で肝心のお味なんですが、うーん、確かに美味しいんだけど、鳥のだしが利いていて風味豊かなんだけれど。

帰りの道中、同行した友達とも話したんですが、「塩ってやっぱ難しいよね」というところに尽きると思います。

たとえば醤油豚骨味噌であれば

  • まずメインの味として醤油なり豚骨なりの味がある
  • でもってそれを脇からサポートするなり引き立てるなりする形で、ダシや香辛料の風味が追加される

という2段構えになるわけですが、いかんせん塩ラーメンだと、このメインになる味がどうしてもインパクトが弱くなってしまうわけで。

その分「なんぞこれー!」というくらいのインパクトを、ダシなり香辛料なりで出す必要があるんですが、そこまではこれは至ってないな、という感じでした。まぁ一言で言ってしまうと「美味いんだけど印象に乏しい」んですね。

f:id:crusader1:20090927041756j:image

こちらは同行した友達が頼んだ「九条ねぎと昔たまごカルボナーラ 和え麺」850円なり。左下に写っているのは一緒に運ばれてきたスープです。

私は食べなかったので友人の感想を聞いたのですが「ものすごくチーズクリームの味と香りが濃厚だった」とのこと。スープをかけて食べるとちょうどいい感じになった、とのことで、結構いい感じだったようです。

てことは、この店は実はメインメニュー以外を頼むのが当たりだったんじゃなかろうか…! 正直表の看板に出ていた「白いらぁ麺」というのとどちらを頼むかギリギリまで悩んでいたのですが、あっちを頼んでいたほうが満足できた、かも知れません。

[]讃岐うどん大使 水道橋麺通団水道橋

f:id:crusader1:20090927043328j:image

上の記事の数日後、「うどん食いてぇ!」と思い立って行ったのがこちらのお店です。都内などに何店かある麺通団シリーズ水道橋店です。

公式サイトを見ると、麺通団シリーズのお店をプロデュースしているのはあの「恐るべきさぬきうどん」(讃岐うどんブームのきっかけの1つになった本)の著者、田尾和俊氏だそうで。おやこれは期待が、ということで行ってきたわけです。

f:id:crusader1:20090927043524j:image

注文したのはひやかけ中、400円なり。ついでにかしわ天100円なりも一緒に頼んで合計500円。

さっそくずずずっ、とすすってみたわけですが、コシの強さはさすが讃岐うどん。小麦の風味も感じられてなかなかいい感じでした。

でもってこのつゆが凄いんだわまたこれがもう。イリコの風味がどーん!!!!! というくらい濃厚で。醤油もいいものを(それでいて醤油自体の風味の押しが強くない物を)使っているようで、これらが合わさってまぁお見事、という感じになっております。冷たいから余計に味とか香りがダイレクトに来るんですね、それだけにまずいとはっきりと分かるんですが、いや、これは美味かった。

しわ天はまぁ、揚げ置きなのでそれなりの味。でも悪くはなかったですね。

水道橋駅徒歩数分というロケーションなので、会社の帰りに寄るにはいい感じのお店です。営業時間も23時までということで、これからちょくちょくよることになりそうです、はい。

2009-05-07 ゴールデンウィークも終わりと言うことで

4月後半〜GWにかけて行ったお店をざくざくざくざくーっ! と御紹介。

[]八王子 奥芝商店

f:id:crusader1:20090419133303j:image

ふらり、と八王子に住んでいる友人をたずねるついでに立ち寄ったのがこのお店。本当は別のお店に行く予定だったのですが、残念なことに臨時休業になっていたため、第2候補だったこのお店に行くことになりました。

まぁでも、結果からいうと大正解ではありました。

f:id:crusader1:20090419133202j:image

ランチコアタイムを外しても、結構並んでいると言う。

f:id:crusader1:20090419140625j:image

メニューはこちら。

と言う感じの流れになるようです。

私は「海老スープの「厚切りベーコンキャベツ」に、オニオンチップスと北あかり(ジャガイモ)をトッピングで辛さは皐月(5番目)」でオーダー。

f:id:crusader1:20090419142402j:image

そうするとこういう感じでやってきます。見事なまでに具だくさん!

でまたこれが中々に美味。スープはきちんと辛い上でスパイスの香りが利いている感じです。厚切りのベーコンもgood。

f:id:crusader1:20090419142417j:image

ちなみにこちらは、一緒に行った友人のオーダーした「チキンスープにやわらか海老、インゲン豆トッピングの辛さは卯月(4番目)」です。こちらも「辛いけど中々旨い」とのこと。


八王子、という中々中心部からは時間のかかる立地ではありますが、何かで行く機会があればまた訪れたい、という感じのお店でした。

[]神田東京カオマンガイ

そもそもこのお店を知ったのは、ちょいと前の狐の王国さんのエントリーの中で、バンコクカオマンガイのお店の説明の注釈で

日本では神田にある東京カオマンガイという店でこちらに近い味のものが食べられる。

と書かれてあるのを目にしたのがきっかけでした。

ほー、本場の人が「本場の有名店に近い」と言うほどの店かー、ならば行ってみるかなぁ、とその時思ったのがきっかけで、最初に訪れたのが確か3月半ば。結論から言うと「なるほどこれは旨い!」ということになり、以後半月に1度のペースで訪れるようになったのです。

f:id:crusader1:20090502213043j:image

この日はお腹がすいていたこともあり、カオマンガイ以外に2品注文。これはそのうちの一品「炎の空芯菜」です。さらにその上にあるのはナムプラー風味の唐揚げ……の食べた後の皿です。写真撮るのを忘れてました(汗

f:id:crusader1:20090502213600j:image

で、こちらが本命カオマンガイ大盛。

以前飯田橋のティーヌンで食べた時のものに比べて、ごはんのぱらっ加減や鶏肉のうまみの染み具合などはやはりこちらの方が上だなぁ、と。

実はティーヌンカオマンガイを食べたしばらく後、某所のカオマンガイ専門店でもカオマンガイを食した時に「あれ、旨いんだけど…これ鶏以外にも(悪い意味で)なんか追加してる?」というのを感じてしまったのですが、ここのはそんなことも無くビシィッと鶏一本、という感じでした。

ただ本場に比べるとこれでもまだ薄い(タケルンバ卿のエントリー参照)とのことで、うーむ、これは今度はタイまで赴かないといけないってことか……!

ちなみにこちらのお店のカオマンガイ普通盛りで590円とリーズナブル。まぁ大抵「大盛のパクチートッピングで」とか「大盛の目玉焼きのせで」とか頼んでしまうので結局800円近くなるんですが……。

[]錦糸町太陽トマト麺」

f:id:crusader1:20090504202245j:image

これはmixiの友人の日記で見て訪問。まぁ以前から錦糸町のあたりに行った際に「変わった店があるなー」という感じで存在は知っていたのですが、意外と旨い、ということを見てならば行ってみるか、と。

f:id:crusader1:20090504202437j:image

(斜めってますが(汗)メニューはこんな感じ。お店の名前にもなっている「トマト麺」というのがやはりメインな様子。それ以外にも「鶏パイタン麺」というのもあるそうですが、まずはお勧めのものを、という事で「太陽チーズラーメン」を注文。

f:id:crusader1:20090504203013j:image

どーん。正真正銘トマトですね。

ここでは隠れて見えませんが、麺は細いストレート麺、豚骨ラーメンなんかに使う感じの麺です。トマトベーススープラーメンというよりパスタに近い感覚なので、細麺で正解だと思います。

味はトマトうまみがいい具合に出ていてなかなかよい感じでした。でもチーズは無くてもよかった(もしくはもっとコクの強いチーズを使った方がいいかも)かも。

f:id:crusader1:20090504203553j:image

麺を食べ終わったらごはんを入れてリゾットもどうぞ、という事でごはんをオーダーしてみました。まぁ、トマトスープごはんなので、不味い訳が無いわけです。お腹がすいていた、ということもありますが、スープごはんに吸わせてぴっちり完食。

[]品川伝説すた丼品川店」

でもって最後は、威勢のよい(チェーン店としては。まぁ上を見るときりが無いわけですが)盛りのどんぶりを出す「伝説すた丼屋」を訪問です。

本拠地は国分寺とか国立とかあのへんなのですが、さすがにあそこまでは行けないので、手軽にいける品川店へ。

f:id:crusader1:20090503212608j:image

お店の概観はこんな感じ。京急の高架下の「品達どんぶり」というところの一角に入っています。

品川オリジナルの「特すた丼」というのもあるそうなのですが、まずはオーソドックスすた丼…の肉増しを注文。

f:id:crusader1:20090503213147j:image

どーん。実はちょっと食おうとして「やべ、写真とってねぇ」ということに気づいて慌てて撮ったので、ちょっと行儀の悪い感じになっています。

味はうん、かなり濃いです。「ガッツリ肉が食いたい!」という人にはお勧め。というか私もこのときこんな感じだったので、おいしくいただくことが出来ました。

ただ肉増しにしてごはんバランスがちょうどいいくらいだったので、肉の量が普通だと御飯が多く感じられる…かもしれません。

2009-04-01

[]葛西 からしや

唐突に友人に「ラーメン食いに行くぞ!」と招集を受けたのが午後10時。しかも集合先は本八幡に程近い都営新宿線某駅。

あわてて電車に飛び乗って何とかたどり着いたものの、ついた時点で既に帰れるかどうか怪しい時間帯になっていました。

まぁ、結局その日は帰れなくなって、その友人の家に泊まったんですが……w


そんな感じで向かったのが

f:id:crusader1:20090321234646j:image

葛西駅からほど近くにあるラーメン屋「からしや」です。

駅に集合して車に乗り込んだ瞬間に「どれ?」とラーメンデータベースのページのプリントアウトを4枚渡されて、ぱっと選んだのがこのお店でした。

f:id:crusader1:20090321235012j:image

メニューはこんな感じ。

f:id:crusader1:20090402023040j:image

「からし麺」というのがここのお勧めのようで、実はプリントアウト4枚の中からこの店を選んだのも、これが決め手でした。油そばとか、そういう系統のものが実は結構好き。

とりあえずここはからし麺でしょう、ということで「炙りちゃーしゅぅからし麺 揚げねぎトッピング」を注文。

f:id:crusader1:20090322000325j:image

そして出てきたのはこちら。

えー、正直に言うと、出てきた瞬間に「これは不味い訳がない…!」と思って思わず口に出てあぶねっ、と慌てる、ということをやらかしてます。

食べてみると、確かに期待通りのうまさ。辛めのたれと中太のややちぢれた麺、香ばしい風味の炙りチャーシュー、揚げたことでうまみの濃縮された揚げねぎ、と全てが渾然一体となった旨さをかもし出しております。

正直これは特盛にしてたっぷり食うべきだった、と後から後悔する事しきりでした。

f:id:crusader1:20090322000707j:image

こちらは友人が頼んだつけめん。これも旨そうではありますが、うーん、からし麺ほど惹かれるというわけでもなかったかなー。機会があれば頼んでみよう、とは思いますが。

とりあえず自分の引きのよさを素直にすごい、と思った一杯でした。これはまた訪れないとなー、と。

おまけ。

f:id:crusader1:20090321235448j:image

ティッシュをこうやって置いているのが珍しくて思わず激写。あぁ、こうすりゃ確かに消費枚数は減るなぁ……、とw