Hatena::ブログ(Diary)

Ken忘録 このページをアンテナに追加

2010年03月17日

日本通信、SIMパッケージ製品を発売

日本通信株式会社(以下、「日本通信」という)は、SIM ロック解除(以下、「SIM フリー」という)の世界的な流れを日本において強力に推進するため、SIM だけが入っているパッケージ製品、「通信電池 b-mobileSIM(ビーモバイルシム)」シリーズを、4月5日より順次発売いたします。

b-mobileSIM パッケージには、NTT ドコモ3G ネットワーク用のSIM カードが入っており、これをSIM フリー端末等に挿すことで、一定期間、例えば1年間使い放題で3G ネットワークをご利用いただけます。1年間使える乾電池のようなものなので、日本通信はこれを「通信電池」というコンセプトとして位置づけています。

「通信電池 b-mobileSIM」シリーズの第1弾は、「b-mobileSIM U300」で、ベストエフォート300kbps超(上下)の3G ネットワークを使い放題でご利用いただけ、価格は1年間パッケージで29,800円(税込)となっています。サービスエリアが同一の他社料金は、たとえば2年間継続利用契約の場合、月額利用料が6,510円(プロバイダ料込み)、1年間利用の場合78,120 円となっており、価格で見ると6割引以上となります。メール、ウェブ閲覧、FacebookTwitter をご利用になる方等、多くの利用者の皆様にとって、極めてコストパフォーマンスの良い製品です。

日本通信、SIMパッケージ製品を発売

Twtterで教えて頂いた情報ですが、これは安い!私のように電話はガラケー、メール、web、Twitter等をWC3G( 月7,000円弱 )で賄っている者にとっては、1年契約で2,483円/月はメチャメチャ安いです。詳細は未だ良く見ていませんが、ちょっとこれは楽しみかも!

2010年02月17日

au から Android ? Windows phone ?

f:id:cuda:20100217164320p:image

ことスマートフォンについてはソフトバンクドコモに大きく遅れをとっている au 陣営ですが、プレスリリースを打って、個人向けの「Androidスマートフォン」および「Windows phone」を6月以降販売しますよ、と宣言しています。プレスリリースには具体的な商品イメージなどはまったくなく、Android 用アプリのマーケットを「Androidマーケット」とは別に KDDI でも開設します、といった概要発表のみ。Windows phone に至ってはほとんど何の情報もありません。スマートフォン好きな層の au 離れを食い止めたい一心でとにかく宣言だけした格好です。

KDDIも「Androidスマートフォン」出します宣言 / engadget 日本版

通話メインで au を使っているので、個人的には結構興味があります。後3カ月でフルサポートコース契約満了ですが、また最近、通話中の相手の声が相手にヤマビコみたいに聴こえている症状が時々出て来だしたので( 過去2回週履歴有 )、もう買い換えようかと「 URBANO BARONE 」を検討していたのですが、もうちょっと情報が出て来るまで我慢してみようと思います。ヌカヨロコビにならなければ良いのですが、嫌な悪寒がします。。。

2010年02月16日

Windows Phone 7 Series 搭載端末 東芝 K01

f:id:cuda:20100216162656j:image

Windows Phone 7 Seriesがついに姿を現した MWC 2010より。東芝が発表した 7ではない最新 Windows Mobile 端末 K01も出展されています。昨年4月に流出した東芝のモバイル端末ロードマップにも載っていた K01は、薄型大画面 Windows Phone TG01 ( ドコモT-01A / ソフトバンク X02T) の次の世代にあたるモデル。同時に発表された TG02が TG01の後継機種であるのに対して、新シリーズとなるK01はスライド式QWERTYキーボードを載せているのが特徴です。

東芝 K01 スライドキーボード Windows Phone 実機ギャラリー

Microsoft Windows Phone 7 Series 発表

マイクロソフトが新モバイルプラットフォーム Windows Phone 7 Seriesを発表しました。最大の特徴は、ルック&フィールから中身のコードまで、これまでのWindows Mobile とはまったく違う新しいスマートフォンOSへと変化したこと。従来のスタート画面はタイルベースのアプリアイコンやコンタクトショートカットウィジェットが縦に並ぶホームスクリーンになり、画面遷移やシンプルなメニューなどは Zune HDと非常に良く似たデザインが採用されています。ソーシャルネットワーク関連の強化や Xbox LIVEの統合もうわさされていたとおり。コンタクトを開けば、FacebookTwitterなど複数のサービスから最新のアップデートを統合して表示します。Xbox LIVEはXbox 360Games for Windows LIVE と同様にアバターや ゲーマータグをそのまま統合。メディア再生部分はZune HDプレーヤをサブセットとしてそのまま含むような感覚です。

マイクロソフト Windows Phone 7 Series 発表、完全新規OS / engadget日本版

f:id:cuda:20100216095847j:image

f:id:cuda:20100216095846j:image

f:id:cuda:20100216095845j:image

f:id:cuda:20100216095844j:image

f:id:cuda:20100216095839j:image

f:id:cuda:20100216095837j:image