Hatena::ブログ(Diary)

世界を感じる感性をひらく〜感覚開き・心開き・自分開き人“くり”の自分と世界を感じる日々〜自分と相手と世界と仲良く調和した世界を目指して RSSフィード Twitter

2012-08-23

8/25 東京にしがわ大学「緑の中で“いごこちのいい”場所を探す」にむけたメッセージ

にわ大でこんな授業をやります。

すでに定員いっぱいですが、9月のメタ認知合宿など関連企画はやっていくので、興味があり情報が欲しい方はコメントくださいね!

<授業にむけたメッセージ>

私は、自らが感じていることを感じる“メタ認知”の実践研究を通して、自分の声を聴き、自らを突き動かす要素に気づくことで、自分に合う/自分を高める/自分を活かす生活を創造していく生き方を探究しています。

自分の内側の声を聴く

自分が感じていることを感じる


それによって

自分を大切にしてあげること

自分が本当にやりたいと思っていること/自分に合うこと/自分

が心地よいことを自分にさせてあげること

自分の魂やエネルギーが突き動く中心に向かって生きること

自分を活かして生きること

につなげていく


ではどうしたら自分の感じていることを深く感じ、自分を活かして生きることにつなげていけるでしょうか?

その入り口として、今ここでのいごこちを感じて気づくことが大事だと思っています


人里離れた自然の中にある古民家でいごこちよくリラックスする

ここ古民家滝本は自分と向き合い、自分と対話する絶好の環境でもあります

自分の感情を深く知ることで、今までわかっていなかった魅力に気づくことにつながります

さらに他の人といごこちの感覚を共有し共感することによって、

相手がどんな感覚を大切にして生きているのか、言語や思考ではなく、感覚を通しコミュニケーションすることは、

お互いがそれぞれの感覚を尊重し合い、ありのままの自分として生きる、そんな世界をつくることにつながると信じています

また、相手のいごこち感覚を共有することは、

自分の感覚を広げることにもつながります

そんなふうにこの場所を感じられるのかと気づくことで、

その後の自分のいごこちを豊かにする要素が増えていくでしょう

みなさんにとって、

今日という日が、

自分の声を聴き、自らを心地よくする要素に気づくことで、心地よさと幸福感に包まれた生活の創造へとつながる日となれば幸いです

<授業内容>

「緑の中で“いごこちのいい場所”を探す」(日の出町

日時:2012年8月25日(土) 09:00-17:00

教室古民家・滝本 (日の出町

集合場所:JR五日市線 武蔵五日市駅あきる野市

定員:20名(申込先着順)

授業料:無料(ただし、滝本使用料、昼食代、保険料として1,000円)

先生:栗林 賢さん

授業コーディネーター:芳賀弥咲、山田弘美

●テーマ:「緑の中で“いごこちのいい”場所を探す」

●対象者:

緑の中でゆっくりしたい人。

自分の感情を深く知りたい人。

人と感覚を共有する事に興味がある人。

古民家に興味がある人。

●授業について

教室は、日の出町の山の中にある、「滝本」。

森に囲まれ、川のせせらぎの音が聞こえる築250年の古民家で、

「いごこちのいい場所」を探して、それをシェアする授業です。

“世界を感じる、感性を拓く”を提唱し、自分に合ったものごとに気付くための道具や環境のデザインを研究する栗林さんを先生に迎えます。

栗林さんは滝本に住んでいます。

午前中は、古民家の中や周りを自由に散策します。

涼しい木陰。

さらさらと音を立てて流れる川のそば。

山の見える縁側。

ごろりと寝転がれる和室。

滝本の周りは気持ちのいい場所がいっぱい。

とっておきの“いごこちのいい場所”を見つけましょう!

地元、武蔵五日市の畑で取った野菜を中心としたお昼を食べます。

午後は2人一組で、午前中に見つけた「いごこちのいい場所」を共有します。

「ここから見える山が好き!」

「聞こえてくる鳥の声がいい♪」

どこが気に入っているかをゆっくりと話しながら、午前中には気づかなかった良さを感じてみましょう。

緑の中でゆっくりしたい人。

自分の感情を深く知りたい人。

人と共感することに興味のある人。

森や山が好きな人。

古民家が好きな人。

みんなでわいわいご飯を食べたい人。

8月最後の土曜日、森に囲まれた古民家でのんびりとした1日を過ごしませんか?

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/culi/20120823/1345713964