Hatena::ブログ(Diary)

世界を感じる感性をひらく〜感覚開き・心開き・自分開き人“くり”の自分と世界を感じる日々〜自分と相手と世界と仲良く調和した世界を目指して RSSフィード Twitter

2013-09-15

思い込みを解放することで、自分の可能性を引き出して前進したい方へ

思い込みが自分の可能性を制限してしまっていることがあります。自分ができるかできないかは、自分が思っているとおりになっていたりします。下に書いたような思い込みに心が当たる人はいますか?思い込みを解放することで、自分の可能性を引き出して前進してみませんか?


僕は「車の運転が苦手」という自己認識があり、過去に事故をしたイメージを思い返しながら、また失敗するんじゃないかと不安になることがありました。ここで「運転には慣れていないけど、慣れれば運転うまくなる。」という風に思うようにすることで、安心して運転できています。

この「○○が苦手」という意識ができるようになることを邪魔している場合はけっこう多いです。苦手=できないと止めてしまうのではなくて、今はできなくても、いつかはできるようになると思えるといいですね。

「俺は天才だからすぐにできるようになる。驚異的なスピードで成長できる。」と思っていれば、そうなっていったりします。


他にも

「お腹いっぱいになると身体が重くなったり眠くなる」と思ってしまうのではなくて、「ご飯を食べるとエネルギーがチャージされてさらに頑張れる」と思うことでさらに動けるようになったり。


一見いい考えのような「頑張れば夢は実現できる」も、無意識的に努力が必要だと感じて、努力が必要な状況を引き寄せてしまったりするところを、「その気になれば夢は簡単に実現できる」と考えることで、簡単に夢が叶ったり。


よく聞く「才能がない」とやる前に動かなかったり少しやって諦めるところを「潜在能力を引き出せばできる」とか「自分は天才」とか思うことでできるようになったり。


「働かないと食べていけない」と本当や嫌な仕事を辞められなかったり、自分のやりたいことを仕事にするのに一歩踏み出せないところを、「働かなくても生きていける」「自分が大切にしていることを大切にして分かち合うことでお金は頂ける」と思うことで、助け合いながら安心して自分らしく働きながら生きていくことができたり。


「わがままは良くないこと」とやりたいことをしたい自分を必要以上に押し殺しているところ、「我のままに生きることはいいこと」「われがままにあれるから、周囲のわがままも許すことができる」と思い、自分らしくありながら他の人も尊重して生きていけるようになったり。


ネガティブな感情を持つ事/伝えることは良くない」と怒ったり悲しんだりする気持ちを感じないようにしたり、誰にも話せなかったりするところを、「感情に良い悪いはない、その時感じていることをそのまま認めることで気持ちが楽になる」と思うことで、自分や誰かが気持ちを認めることができるようになったりします。


思い込みを解放することで、自分の可能性を引き出して前進してみませんか?

思い込みから解放して自分を楽に幸せにするイメージングワークショップ

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証