Hatena::ブログ(Diary)

世界を感じる感性をひらく〜感覚開き・心開き・自分開き人“くり”の自分と世界を感じる日々〜自分と相手と世界と仲良く調和した世界を目指して RSSフィード Twitter

2013-09-15

思い込み解放イメージングワークショップの感想

思い込み解放イメージングワークショップの感想を紹介します。このワークショップに参加したら、どんなことが学べたり、感じたりできるか、実感してもらえたら幸いです。


今日の学びはなんですか?

・自分自身と向き合って、今まで抱えていた思い込みに気づくことができました。その思い込みを感謝を持って捨てることで次のステップに進みやすくなるということを学び、大きな収穫になりました。

・「母として○○べき」が今の私を苦しめていることに改めて気づけた(たーくさんあった!)その奥には、長女が宿った時からとても強く持っていた想い…「私みたいに苦しまずにいてほしい」があるんだなぁ。子供たちは私とはちがうこと。新しい思い込みで目の前の現実を変えられる…そんな無限の可能性を信じていこう!と思えたこと

・今までずっと自分に自信がないと感じていたのですが最後の最後で自信を持ってはいけないという思い込みに気づけました。

・否定形は使用しないなどイメージングのコツ・ポイント

・イメージをすることの大切さ、効果の大きさ。イメージをする時、感情や具体性が効果に結びつくことを知りました。

・自分の過去をしっかり受け止めること

・自分を分析・対話すること、思い込みを認めること。

・感覚に否定文無し。

・既に分かっていると思っていたことでも、改めて文章などに表現すると納得感が増すor疑問が生まれる。

・自分の中で抵抗と感じる部分は、家族との関係の中で育まれていた。

・イメージが以前より強化されている。少しずつステップアップしていることを感じた。

・自分の現状が整理できた。また改めて未来へワクワクしていこうと思いました。

・”思い込み”を手放すときは、そのことに感謝する。やはり、感謝なんだと思いました。

・新しい信念にした結果の未来も一緒に感じるということ。

・思い込み→自分を幸せにする信念に向き合い、じっくり考えることができた。新しい信念を自分で考えついたところも、ちゃんと自分(潜在意識)はわかっているんだと思った。



Q.良かった・役に立った・感動したポイントは?

・未来へのワクワクイメージができた。思い込みとの決別。今、視界がクリアになってます!!

・この思い込みを捨てたら、こんな未来につながるのか、とイメージするととてもワクワクしました。

・過去の自分をなぐさめ、許し、両親家族に感謝を伝えられたこと。やっぱり、家族に感謝すること、伝えられた。ありがとう。許してくれた親父「好きに生きろ」と言ってくれた。

・最初は具体的にイメージができませんでしたが、誘導の言葉1つ1つがイメージに結びつき、最後には自分でも驚くほどはっきり、くっきり頭の中で描けるようになりました。今まで目をそむけてきたことに自分でしっかり向き合い、プラスに変えることができました。

・”思い込み”と悪役にしてしまいがちだが、実は、それは、それまで大切に自分を守ってくれていたものであったのだよな、それを忘れちゃいけないな。

・イメージを本気でやるということ。叶った後の感情まで呼び起こすとは、すごい。

・イメージの影響力。ペンを落とす実験で「現在形、過去形」だとすんなりできたのにビックリ。イメージが鮮明であればあるほど、叶いやすい。自分は少し足りなかった。また○○したいというレベルだったので、これから現在形などで考えてみようと思います。

・やってもらえなくてもマイナスではなくてゼロと考える

・割り箸を名刺で切る話から実現できないことはない

・オープンな気持ちになれる空間

・美味しいご飯とプレゼント

・イメージングの時に、観えるものは「今の私に必要なものをみせて下さい」「おまかせします」にした。…ら、母の胎内にいた時〜小さい頃の記憶にさかのぼった。私の中にある、炎のような何か…すごく強い志をもって生まれてきたことはわかっているけどそれが何なのかマダ漠然として、プライマリークエスチョンに行き着けないでいた。

 私は母を守りたかった。大好きな父と出逢いよろこびと幸せで選んだ道を祝福したかった。その結果、苦労したり、周りにたくさん手をかりることになったけど、それでも幸せにフォーカスして一緒に笑いたかったんだなぁ。でも母は後悔や罪悪感、恨みetcで、いつも暗くてこわい顔してた。その母のそばで笑ってほしくて、キラキラ健気に笑ってきたけど、母はずっと変わらず、虚しさや生まれてきた意義自体、自信がなくなってしまった。

 私の中の「ここにいていいのか?」という根っこのなさや不安は、そんな所から来ているんだなと感じた。「甘えたかった」「受け入れてほしかった」という子供らしい欲求が満たされなかったことへのトラウマだけじゃなく(今まではそう思っていた)魂の願いの大きなひとつ…母を笑顔にが、果たされなかった虚しさ、無力感を持っているんだと気づいた。

 …ということは、私の子供たちも同じように私を光で包み笑顔にしたくて生まれてきたはず。なら、もう罪悪感や常識を外して、よろこびにフォーカスして生きていこう!!って思えた。

 「魂が望む(よろこぶ)方向に進むと誰かを傷つけたり、苦しめる」から自分を幸せにするルールへ。「よろこびに生きることで、光にあふれ根源とつながり、限りない愛と慈悲の泉になる」を、3人の子供たちに笑顔で言ってもらうのをイメージしたら泣けてしかたなかった。


自由感想

・今回も体験貴重なワークショップ、ありがとうございました。イメージングをして、とてもスッキリした気持ちになりました。今後、自分自身でもやってみようと思います。

・初めてワークショップというものに参加しましたが、自己を向き合える貴重な機会となりました。今まで行きてきた人生の中で感じたことのない感覚を味わいました。ありがとうございました。

ヒプノセラピーは興味はあるけれど、気軽に体験出来る場所がないので、今回のように気軽に参加できる場があったらうれしいです。


参加したい方は以下からどうぞ。

思い込みから解放して自分を楽に幸せにするイメージングワークショップ

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証